申し込み


トップ

> シーリング(コーキング)材「オートンイクシード」とは?機能について解説!


シーリング(コーキング)材「オートンイクシード」とは?機能について解説!

更新日:

外壁のシーリングをする際に必要なシーリング材について、何を選べばよいかわからない方も多いでしょう。今回は高い耐候性・耐久性を持つオート化学工業のシーリング材「オートンイクシード」について、耐用年数や機能・硬化時間などを詳しく紹介していきます。高品質なシーリング材の情報を詳しく知りたい方は、ぜひ記事を読んでみてください。

この記事の目次

  • 1AUTON EXCEED(オートンイクシード)とは
  • 2AUTON EXCEED(オートンイクシード)の耐用年数は?
  • 3AUTON EXCEED(オートンイクシード)の機能
  • 4AUTON EXCEED(オートンイクシード)の硬化時間と外壁用塗料との相性
  • 5AUTON EXCEED(オートンイクシード)を販売しているのは、オート化学工業
  • 6耐久性・耐候性にこだわるなら、AUTON EXCEED(オートンイクシード)のシーリングがおすすめ!

AUTON EXCEED(オートンイクシード)とは

オートンイクシードの写真
オートンイクシードは耐候性・耐久性の高いシーリング材です。
シーリング材は、外壁材の隙間に充填して防水を行うもので、建物の気密性や水密性を保つために重要な役割を果たしています。

オートンイクシードは、新しく開発された「LSポリマー」を配合することで柔軟性を高くすることを可能にしました。

また、シーリングが硬質化して痩せることも防ぐことができ、経年劣化が起きにくくなります。

AUTON EXCEED(オートンイクシード)の耐用年数は?

外壁のコーキングの様子
オートンイクシードの耐用年数は、30年以上といわれています。

オートンイクシードは、促進耐候性試験機(SWOM)による厳しい外部環境を利用して試験を実施しています。
促進耐候性試験機は、人工的に湿度・温度・降雨・太陽光などの気候条件を再現して劣化を促す機械です。

オートンイクシードは試験の結果、6,000時間を突破し、高い耐候性を証明しました。
一般的なシーリング材は2,000時間でヒビ割れが起き、6,000時間で試験体が崩壊し、測定が不能となっています。

この試験では200時間で1年という実年数換算をしているため、上記の結果から30年以上の耐用年数があると想定されています。
オートンイクシードの促進耐候性試験機による試験結果

オートンイクシードを使ったシーリングについて
\地元の業者に相談したい!/

AUTON EXCEED(オートンイクシード)の機能

外壁のコーキングの様子
ここで、オートンイクシードの機能について詳しく紹介していきます。
オートンイクシードの機能は以下の4つです。

● 耐候性
● 耐久性
● 接着性
● 意匠性

耐候性

シーリング材は毎日、紫外線・熱・水などのダメージを受け続けることで、劣化が進行します。

前述した通りオートンイクシードは、促進耐候性試験機による試験を行い、一般的なシーリングがヒビ割れを起こした時間の3倍以上の時間が経ってもヒビ割れが起きませんでした

オートンイクシードを使ってシーリングを行うことで、より耐候性の高いシーリングとなり、美観を維持することにつながります。

耐久性

シーリングの目地は日中に縮み、夜間に伸びることで、1日1回収縮を起こすため、耐久性はとても大切です。

オートンイクシードは繰り返し疲労試験機による耐久性の試験を受けた結果、圧縮30%・拡大30%の伸縮繰り返しを3サイクル行っても、異常なしでクリアしています。

一般的なシーリング材は1サイクルで破断の異常が見つかっていることから、耐久性が高いことがわかるでしょう。
オートンイクシードの繰り返し疲労試験機による耐久性の試験結果

接着性

シーリング材は外壁やサッシなどとの接着力が重要です。

オートンイクシードは被着体の間にシーリング材を挟んで引っ張る試験で、一般的なシーリング材が伸びなくなり接着機能がなくなった長さでも余裕で耐えており、接着性が高いことがわかりました。
オートンイクシードの接着性試験の結果

意匠性

シーリング材は外壁の見た目にも大きく影響します。
一般的なシーリング材は可塑剤が含まれていることが多いです。

可塑剤はシーリングを打つ際の作業性が上がったり、シーリング材硬化後の柔軟性を高めたりするメリットがありますが、時が経つにつれて流出しやすく、流出した場合に目地のまわりに汚れが付着してしまうのがデメリットです。

オートンイクシードでは可塑剤を使用せず、前述した「LSポリマー」を配合することで、柔軟性とともに意匠性も保つことが可能となっています。
LSポリマーを使用する効果の説明
また、CRオリゴマーという成分を配合してシーリングの硬化初期によくある、べたつきを少なくすることで、シーリング材に付く汚れを抑えて美観を維持しやすいのも特徴です。

オートンイクシードを使ったシーリングについて
\地元の業者に相談したい!/

AUTON EXCEED(オートンイクシード)の硬化時間と外壁用塗料との相性

外壁のコーキングの様子

硬化時間

オートンイクシードの表面硬化時間は、夏場が2時間ほど、春秋が5時間ほど、冬場が24時間ほどが目安となっています。

外壁用塗料との相性

オートンイクシードは、外壁リフォームでシーリングが先打ち・後打ちのどちらになる場合でも使用が可能です。

先打ちはシーリング材を充填後に外壁塗装を行う工法で、後打ちは外壁塗装が終了した後にシーリングを充填する工法のことをいいます。

外壁リフォームに使用するさまざまな塗料とも相性がよく、安心して使うことができるでしょう。

AUTON EXCEED(オートンイクシード)を販売しているのは、オート化学工業

外壁リフォーム業者のイメージ
上記でご紹介した高性能なシーリング材「オートンイクシード」を販売しているのはオート化学工業です。

主力な製品は、シーリング材や防水材で、性能や品質面で高い評価を得ています。

オートンイクシード以外にも色味の豊富なシーリング材や、環境に配慮した接着剤なども販売している会社です。

耐久性・耐候性にこだわるなら、AUTON EXCEED(オートンイクシード)のシーリングがおすすめ!

オートンイクシードの写真
オートンイクシードは、さまざまな試験をクリアし、一般的なシーリング材と比較しても耐久性耐候性が保証されています。
また、意匠性が備わっていることも特徴です。

高品質なシーリング材を検討中の方は、オートンイクシードの使用を考えてみてはいかがでしょうか。

無料

厳選された
地元の業者を手間なく徹底比較!

プロヌリ LINE公式アカウント

LINEお友達登録で

  • 最新の塗装情報をお届け!
  • LINE限定キャンペーンも開催!
無機ハイブリッドチタンガード特集

関連記事

外壁のコーキングってなぜ必要?補修方法やかかる費用などを詳しく解説!

「外壁にコーキングが必要な理由が知りたい」「外壁のコーキング方法やかかる費用相場が知りたい」外壁のコーキングが劣化しているのを見つけ、このようにお悩みの方もいら...

外壁の汚れの原因と落とし方!目立たないようにする方法を紹介!

新築から何年も経つと、外壁の汚れが気になってきます。汚れは外壁の塗膜を劣化させるので、放置はよくありません。では、どうやって落とせばいいのでしょうか。軽い汚れで...

外壁塗装の耐用年数は30年?実際の耐用年数を塗料・外壁別に解説!寿命を延ばす対策も紹介

「外壁塗装の耐用年数はどのくらいなのか?」「耐用年数が過ぎたら何をすればよいのか?」こういった疑問を持ってはいませんか?外壁塗装における「耐用年数」とは、大規模...

コーキングの乾燥時間を詳しく解説!乾燥不足だとどんな問題が起こる?

「コーキングはどれくらい乾燥させたらいいかわからない」「コーキングが乾燥不足だった場合、どんなトラブルが起こるのか知りたい」コーキングとは、外壁の継ぎ目やひび割...

外壁塗装の期間は2週間?各工程や工事あたりの日数も解説

外壁塗装をしたくても、どのくらいの期間がかかるのか分からなくて、なかなか工事に踏み込めていない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか? この記事では、外壁塗装...

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。