トップ

> 外壁塗装の耐用年数は30年?実際の耐用年数を塗料・外壁別に解説!寿命を延ばす対策も紹介


外壁塗装の耐用年数は30年?実際の耐用年数を塗料・外壁別に解説!寿命を延ばす対策も紹介

「外壁塗装の耐用年数はどのくらいなのか?」「耐用年数が過ぎたら何をすればよいのか?」こういった疑問を持ってはいませんか?外壁塗装における「耐用年数」とは、大規模なメンテナンスが必要になるまでの期間のことです。耐用年数が過ぎた外壁は、塗り替えや補修、外壁材の交換が必要です。この記事では、外壁塗装の耐用年数を塗料や外壁材ごとに紹介します。また、注意するべき外壁の劣化症状やそのメンテナンス方法についても解説。その他、ご自宅の外壁の耐用年数を長くするコツや良い業者の選び方についても詳しくお伝えします。

この記事の目次

  • 1外壁塗装が30年もつというのは嘘?
  • 2外壁塗装の耐用年数を外壁の部位ごとにチェック
  • 3外壁塗装をメンテナンスするべきかの判断基準は?
  • 4外壁塗装の耐用年数が過ぎたときに起こる問題
  • 5外壁塗装の耐用年数が過ぎたときに必要な工事
  • 6ご自宅の外壁塗装の耐用年数を長くするには?
  • 7まとめ:外壁塗装の耐用年数は業者の選びかたが肝心!

外壁塗装が30年もつというのは嘘?

外壁塗装の耐用年数は10〜20年です。

まれに、「外壁塗装は30年以上もつ」と営業をしてくる訪問販売の業者がいます。
しかし、現在製造されているほとんどの塗料が30年以上の耐用年数をもっていません。

このような営業トークをしてくる業者は悪質である可能性が高いので、注意しましょう。

耐用年数の定義は?

外壁塗装の耐用年数に関して、以下のように勘違いされている方が多いようです。

「メーカーや業者が指定する耐用年数が経過するまでは全く劣化しない。」
「耐用年数が経つまでは、塗装などのメンテナンスは何も行わなくて良い。」

しかし、これらの認識は間違いです。

耐用年数とは、「一般的な使い方をした場合に、メーカーや施工業者が保証できる使用限度のこと」です。
つまり、耐用年数は使用限度のことを指しているので、耐用年数内に劣化症状が発生することはありえます。

また、台風が多いなどの特殊な環境であった場合には、耐用年数が経たずに使用できなくなることも。

まずは、耐用年数について正しく理解しましょう。

外壁塗装の耐用年数を外壁の部位ごとにチェック

外壁塗装の耐用年数を外壁の部位ごとにチェック
耐用年数がある外壁の部位は以下の3つです。

 1.塗装
 2.外壁材
 3.シーリング(コーキング)

「シーリング(コーキング)」とは、外壁の目地や隙間を埋めるためのゴム状の素材です。

上記のうち、最も寿命が短い材料によって外壁のメンテナンス時期が決まります。
塗装の耐用年数が10年、外壁材の耐用年数が20年、シーリングの耐用年数が7年だった場合、外壁のメンテナンスが必要な時期は7年となります。

このため、塗装の耐用年数だけではなく外壁材やシーリングの寿命も考えなくてはいけません。

以下では、塗装と外壁材、シーリングそれぞれの耐用年数を解説します。

塗装の耐用年数

塗料の耐用年数は6〜20年程度です。
塗装の耐用年数は、使う塗料で決まります。

外壁用の塗料は主に4種類あります。

 1.ウレタン系塗料
 2.シリコン系塗料
 3.ラジカル系塗料
 4.フッ素系塗料

塗料ごとの耐用年数を以下にまとめました。
塗料耐用年数特徴
ウレタン系塗料6〜10年ややコストパフォーマンスが悪い。
シリコン系塗料8〜15年日本で最も普及している塗料。
ラジカル系塗料12〜15年発売して間もないため信頼性に疑問有。
フッ素系塗料15〜20年高価格だが耐用年数が長い。

外壁材の耐用年数

外壁材の耐用年数は20〜50年程度です。
塗料の耐用年数が残っていても、外壁材が寿命を超えていたら意味がありません。

住宅で使う主な外壁材は以下の3種類です。

 1.サイディング
 2.モルタル
 3.タイル

材料ごとの耐用年数は以下のようになります。
外壁材耐用年数
サイディング20〜30年
モルタル30年以上
タイル30〜50年
タイル外壁は塗装をすると定期的な塗り替えが必要となるため、最初から外壁塗装をしないケースもあります。

シーリング(コーキング)の耐用年数

シーリングの耐用年数は7〜10年程度です。

シーリングの劣化を放置すると、そこから外壁材全体の劣化につながってしまうことも。
なので、シーリングのメンテナンスは塗装や外壁材のメンテナンスと同様に重要だと言えます。

サイディングやモルタルの目地に利用するシーリングは、外壁に使う材料のなかで最も耐用年数が短いです。
そのため、塗り替えをしないでシーリングの補修だけをするケースも。

シーリングの耐用年数は商品によって異なるため、見積もり段階で業者に確認しておきましょう。

また、業者やメーカーによっては、シーリング工事のことを「コーキング工事」「シール工事」ということがあります。
基本的には一緒の意味で使われていますので、特に気にする必要はありません。

外壁塗装の耐用年数について
\地元の業者に相談したい!/

外壁塗装をメンテナンスするべきかの判断基準は?

外壁塗装をメンテナンスするべきかの判断基準は?
自宅の外壁をメンテナンスするかどうかを判断する方法が2つあります。

 1.年数で判断する
 2.劣化症状で判断する

具体的にどのように見分けるのでしょうか?

年数で判断する

前回の外壁塗装から10年を目安に塗り替えをする場合が多いです。
理由は、前回の塗り替え時期である10年前によく使用されていた塗料が「ウレタン塗料」や「シリコン塗料」だからです。
どちらも10年程度で塗り替えが必要な塗料となります。

シリコン塗料を使っていたと確信が持てるのなら前回の塗り替えから12年、フッ素塗料であれば15年を目安に塗装するとよいでしょう。

50年ほどが経過していたら、外壁材自体の寿命が来ているかもしれません。
その場合は外壁材の交換も検討しましょう。

劣化症状で判断する

年数で判断するよりも確実性が高い方法です。
年数はあくまで目安にしかなりません。

外壁の劣化状態を直接確認して塗装するべきかを見極めます。

以下の劣化症状が見つかった場合は、塗り替えを検討するとよいでしょう。

チョーキング

外壁をさわった時に白っぽい粉がつく現象をチョーキングと言います。
色をつける材料「顔料」が、塗料の劣化によって露出していることが原因です。

チョーキングを放置していると、外壁の下地材が劣化しやすくなります。
下地材が劣化すると、家全体の耐震性に悪影響を及ぼすことも。

数日、数週間で大きな被害に繋がることはありませんが、早めの対処を心がけましょう。

チョーキング

カビ

年数が経つと外壁塗装の表層面が水分を含むようになってしまいます。
その水分が原因となって、カビや藻が発生します。

日当たりの悪い北面の外壁などは、特にカビや藻の汚れがひどくなりやすいです。

変色・退色

主に紫外線が原因となって、塗料の中の「樹脂」「顔料」が劣化することで変色や退色が発生します。
「樹脂」は塗料の耐用年数に関わる成分、「顔料」は塗料の色に関わる成分です。

見た目が悪くなっているだけで、耐震性などに影響はありません。
しかし、メンテナンスのサインだと思って、早めに塗り替えなどを検討しましょう。

ここまでは塗膜層の劣化症状を紹介しました。
次に塗膜層から下地(塗装面)の劣化について解説します。

ひび割れ

外壁材や塗装が割れている現象です。
塗装や外壁材の劣化によって発生します。

髪の毛くらい細いひび割れなら心配はほとんどありません。
しかし、シャープペンの芯が入るほどの隙間があるなら塗り替えや補修が必要です。

ひび割れ

ふくれ

塗装がふくれている現象です。
外壁材と塗装部分の密着性が失われると起こります。
塗り替えをしないで放置をすると「剥がれ」に移行します。
ふくれ

剥がれ

塗装が剥がれている現象です。
外壁材と塗装部分の密着性が失われると起こります。
塗装の下地や外壁材が露出しているため、塗り替えが必要です。

下地(塗装面)の劣化症状は塗膜層の劣化よりも深刻です。
これらの症状が見られたら、放置せず早めの対処を検討しましょう。

剥がれ

外壁塗装の耐用年数について
\地元の業者に相談したい!/

外壁塗装の耐用年数が過ぎたときに起こる問題

外壁塗装の耐用年数が過ぎたときに起こる問題
外壁塗装の耐用年数がすぎると以下のような問題が起こります。

 ・雨漏り
 ・見た目の悪化
 ・外壁材の劣化
 ・害虫の侵入
 ・耐震性の悪化

なぜ上記のような問題が起こるのかを解説していきます。

雨漏り

外壁塗装の耐用年数がすぎると外壁の劣化が進み、シーリングの破損や外壁材のひび割れが発生します。

シーリングの破損や外壁材のひび割れが起こると、雨水が隙間から室内に侵入してしまうのです。

見た目の悪化

変色や退色、カビや藻などが発生すると、本来の塗装の色合いやデザインが失われてしまいます。
これらの劣化症状は放置すると、ますます見た目は悪くなってしまうでしょう。

外壁材の劣化

塗装が剥がれることで外壁材が露出してしまいます。
塗装を必要とするような外壁材だと、紫外線や雨に対する保護機能を備えていません。

急速に劣化が進んで、最悪の場合は建物全体の劣化を招くでしょう。
建物全体が劣化した場合、建て直しには2,000万円以上の費用が必要です。

外壁塗装の平均相場は約80万円です。
劣化症状が出て早めの対処を行えば、余計な費用がかかることはありません。

害虫の侵入

外壁塗装をしないで放置した場合、ひび割れによって隙間が生まれます。
隙間ができると、ゴキブリといった害虫が侵入しやすくなるでしょう。

耐震性の悪化

外壁塗装の劣化を放置していると、家の内側まで悪影響が及ぶことがあります。

塗装面が劣化すると、外壁の内側に虫や水が侵入しやすくなります。
その影響で外壁内側の建具が腐敗し劣化すると、家全体の耐震性が悪化してしまうことがあるのです。

耐震性が悪化するという問題は、家族全員の命の問題につながります。
外壁や家全体がこのような状態になる前に、早めのリフォームを検討しましょう。

外壁塗装の耐用年数について
\地元の業者に相談したい!/

外壁塗装の耐用年数が過ぎたときに必要な工事

外壁塗装の耐用年数が過ぎたときに必要な工事
外壁塗装の耐用年数が過ぎた場合に行うべき工事は、主に3つあります。

 1.塗り替え
 2.シーリング補修
 3.外壁材の交換(張り替えやカバー工法)

それぞれどのような状況で選ぶ工事なのかを以下で解説していきましょう。

塗り替え

外壁塗装の耐用年数が過ぎた場合に行う一般的な工事が塗り替えです。
塗装が耐用年数を超えていて、外壁材の寿命が残っている場合に行います。

塗り替えが必要な劣化症状には以下があります。

 ・チョーキング
 ・ひび割れ
 ・ふくれ
 ・剥がれ

「ひび割れ」の場合は、シーリングやモルタルなどで隙間を埋めてから塗装します。

シーリング補修

目地などに注入してあるゴム状の「シーリング材」を補修する工事です。
外壁材と塗装の両方の耐用年数に余裕がある場合に行います。

シーリング補修が必要な劣化症状は「シーリング部の劣化」です。
シーリング部が割れたり剥がれたりしている場合は補修が必要です。

既存のシーリングを剥がして再充填する「打ち替え」と、既存シーリングの上から充填する「打ち増し」の2種類があります。

基本は「打ち替え」を行いますが、劣化が軽い場合は「打ち増し」で対応する業者もあります。
シーリング補修は塗り替えと同時に行うケースも多いです。

外壁材の交換(張り替えやカバー工法)

外壁材の張り替えは、既存の外壁を取り外し新しい外壁を取り付ける工事です。
カバー工法(重ね張り)は、既存の外壁を残したまま、その上に新しい外壁を貼り付ける工事です。

どちらも、外壁材が耐用年数を超えていたり破損していたりする場合に行います。

外壁材の交換が必要な劣化症状は「外壁材の破損」です。
欠けたり反ったりしている場合は交換しないと雨漏りや隙間風の原因となります。

外壁材が寿命となっている場合は、塗り替えやシーリング補修では劣化を防げません。
このため、外壁材を交換しなくてはいけません。


外壁塗装の耐用年数について
\地元の業者に相談したい!/

ご自宅の外壁塗装の耐用年数を長くするには?

ご自宅の外壁塗装の耐用年数を長くするには?
外壁塗装の耐用年数を長くする要素は3つあります。

 1.塗料の耐用年数
 2.シーリングの耐用年数
 3.業者の技術力

以下では、外壁塗装の耐用年数を長くするための対策を詳しく紹介します。

1.塗料の耐用年数

耐用年数が長い塗料を使えば外壁塗装の寿命は延びます。
特に耐用年数が長いのは「フッ素塗料」です。
15〜20年の耐用年数があります。

信頼性が高く人気がある塗料のため、耐用年数を延ばしたい場合は「フッ素塗料」を利用するとよいでしょう。

また、以下の塗料も耐用年数が長いです。

 ・アトモス塗料
 ・無機塗料
 ・光触媒塗料
 ・ラジカル塗料

しかし、これらの塗料はシェア率が低く馴染みがないかもしれません。
価格も比較的高いです。

耐用年数のみに重きを置くなら、これらの塗料を検討するのも良いかもしれません。
塗料名費用耐用年数
アトモス塗料9,000〜14,000円/㎡10〜25年
無機塗料4,500〜5,500円/㎡20〜25年
光触媒塗料3,500〜5,000円/㎡15〜20年
ラジカル制御型塗料2,500〜4,000/㎡12〜16年

アトモス塗料

株式会社アペティーから販売されている塗料で、アトモスは商品名です。
セラミック系塗料でホタテの貝殻が配合されています。

デザイン性があり、他にはない高級感があります。

無機塗料

無機塗料は、紫外線で劣化する有機成分(合成樹脂など)が含まれていない塗料です。
シリコン塗料やフッ素塗料などの通常塗料のことを有機塗料と言います。

セラミック系塗料やケイ素系塗料などの種類があります。
上述のアトモス塗料も無機塗料の一種です。

光触媒塗料

光触媒塗料は、太陽の光で反応して汚れを分解する機能を持っています。
分解されて汚れは雨水によって洗い流されるので、自分で洗う手間が必要ありません。

ラジカル制御型塗料

2012年に発売された今後主流になるかもしれない塗料です。

ラジカルとは塗料が劣化する原因となる物質のことです。
ラジカル制御型塗料は、このラジカルの発生を抑えることで耐用年数を伸ばしています。

2.シーリングの耐用年数

耐用年数が長いシーリング材を使うことで外壁塗装の寿命が延ばせるでしょう。
シーリングの耐用年数は7〜10年が多いです。

しかし、オート化学工業株式会社が販売する「オートンイクシード」などは15年以上の耐用年数があります。
フッ素塗料を使うのであれば、15年を超える耐用年数のシーリング材を選ぶようにしましょう。

また、シーリングがほとんど不要な外壁材があります。
「樹脂系サイディング」や「モルタル」です。

外壁材を選べる場合は、シーリングをほとんど使わない「樹脂系サイディング」や「モルタル」にすることで、外壁塗装をするタイミングを先延ばしにできるでしょう。

3.業者の技術力

耐用年数が最も長い材料を選んだとしても、業者の技術力が低いと素材が性能を発揮できません。
業者選びに失敗すると、15年の耐用年数があるフッ素塗料を使っても1年で剥がれてしまいます。

優良業者を探す方法は3つあります。

 ■相見積もりで探す
 ■工事の実績を確認する
 ■外壁塗装の資格を確認する

相見積もりとは、複数の業者に同じ工事内容で見積もりを出してもらう手法です。
工事内容や価格を比較できるため、優良業者を探す際に有効です。

業者の実績も確認しましょう。
外壁塗装の実績がある会社であれば、信頼性は高いと考えられます。

また、外壁塗装の資格を職人が所持しているかも優良業者の目安となります。
「塗装技能士1級」などの資格を所持している業者であれば、安心して依頼できそうですね。

まとめ:外壁塗装の耐用年数は業者の選びかたが肝心!

まとめ:外壁塗装の耐用年数は業者の選びかたが肝心!
想定する耐用年数よりも前に塗装がはがれてしまった場合は、業者に問い合わせが必要です
優良業者を選ばないと「品質に問題ない」「塗料の寿命だ」などと取り合ってくれない場合もあるでしょう。

耐用年数が長い材料を使うことも重要ですが、それ以上に業者選びに力を入れるようにしましょう。
更新日:

無料

厳選された
地元の業者を手間なく徹底比較!

関連記事

外壁塗装の見積書で注意すべき5項目!見積もり例や費用単価も解説!

「見積書でチェックするポイントを知りたい」「外壁塗装の見積書にある項目の意味を知りたい」こういった悩みを抱えている方は多いでしょう。この記事では、外壁塗装の見積...

外壁塗装の足場工事の費用相場は?DIYや隣人とのトラブルについても解説!

この記事では外壁塗装に関わる足場の費用相場や単価、注意点を解説します。また、足場工事にかかる期間やポイントもお教えします。よくある足場工事での隣人トラブルやその...

外壁塗装の期間は2週間?各工程や工事あたりの日数も解説

外壁塗装をしたくても、どのくらいの期間がかかるのか分からなくて、なかなか工事に踏み込めていない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか? この記事では、外壁塗装...

なぜ外壁塗装業者はシリコン塗料を勧めるのか?特徴や欠点を解説!有名メーカーの代表商品も紹介

外壁塗装のリフォームでは塗装業者からシリコン塗料を勧められるケースが多く、実際に多くの方(工事依頼主)がシリコン塗料を採用しています。でも、シリコン塗料は本当に...

外壁塗装の飛び込み訪問営業は危険?しつこい営業は断るべき?優良業者を見つけるポイントを解説

「塗装工事の訪問営業が来たけど、契約しちゃって大丈夫?」とお困りではありませんか?この記事では、塗装工事の訪問営業はどんなものなのか、本当に契約しても大丈夫なの...