申し込み


トップ

> シリコン塗料の特徴・デメリット&おすすめメーカーの商品もご紹介!外壁塗装業者が推薦するのはなぜ?


シリコン塗料の特徴・デメリット&おすすめメーカーの商品もご紹介!外壁塗装業者が推薦するのはなぜ?

外壁塗装のリフォームでは、塗装業者からシリコン塗料を勧められるケースが多く、実際に多くの方(工事のご依頼者)がシリコン塗料を採用しています。ただ、シリコン塗料は本当に良いものなのか、欠点はないのか、不安に思う方もいらっしゃると思います。そこで、シリコン塗料の特徴やメリット・デメリットついて確認してみましょう。他の塗料(フッ素・ウレタンなど)との価格・耐用年数の違いや、おすすめのシリコン塗料のメーカー製品、シリコン塗料で外壁・屋根を塗装したリフォーム事例も、あわせてご紹介します。

この記事の目次

  • 1シリコン塗料の特徴・性能やデメリット
  • 2シリコン塗料とウレタン・フッ素などの違い!平米単価や耐用年数の差は?
  • 3シリコン塗料を選ぶ際の注意点
  • 4シリコン塗料の種類と選び方!おすすめメーカーの主な商品
  • 5シリコン塗料による外壁塗装リフォームの事例・費用
  • 6今後に期待!ラジカル制御型シリコン塗料とは?
  • 7シリコン塗料が適しているか、業者とも相談を

シリコン塗料の特徴・性能やデメリット

シリコン塗料の特徴・デメリット&おすすめメーカーの商品もご紹介!外壁塗装業者が推薦するのはなぜ?
シリコン塗料とは、どんな塗料なのでしょうか?
まずはシリコン塗料の概要、長所や短所からご説明します。

シリコン(アクリルシリコン)塗料とは?

塗料には樹脂や顔料(着色剤)が含まれていて、希釈剤(水やシンナー)を混ぜて使います。

この「樹脂」の主成分がアクリル・シリコンなので、シリコン塗料と呼ばれているのです。
厳密には「アクリルシリコン塗料」ですが、アクリルの部分は省略されて呼ばれています。

耐用年数や価格など総合的に見てバランスが良く、外壁塗装では最も多く採用されています。

シリコン塗料は下記のような塗装を希望される方に、とりわけ向いていると言えるでしょう。

・光沢感のある仕上がりにしたい
・それなりに長待ちする塗料を使いたい
・コストパフォーマンスに優れた塗料を使いたい
・今後、外壁のメンテナンスに掛かるコストを抑えたい

シリコン塗料は、外壁・屋根の塗装で採用されてきた歴史が比較的長く、多くの製品の質は塗装業者からも信頼されています。
そのため外壁・屋根塗装の際に、業者から勧められることが多くなるのです。

シリコン塗料の性能

シリコン塗料の性能
シリコン塗料には優れた特徴がたくさんあります。
主なメリットを5点、挙げてみましょう。
性能 程度
耐候性 光沢保持率(※1)が高い。
耐熱性 非常に優れている。
耐水性 塗膜が硬く、撥水性がある。
透湿性 透湿性(※2)があるため、
湿気による内部結露やカビを防ぐ。
防汚性 汚れが付きにくい性質で、
雨やホコリなどを弾く。

※1「光沢保持率」……塗料の耐候性の評価指標の一つで、チョーキング(白亜化)と関係が深いことが知られています。
※2「透湿性」……外部からの水分(雨水など)は通さず、塗料の内側に溜まる湿気は外へ放出する働きのこと。これにより、外壁材の早期劣化を防ぎやすくなります。

シリコン塗料は、耐候性・耐熱性・耐水性などに優れていることから、日々太陽熱や風雨にさらされている外壁・屋根に向く塗材であることが分かりますね。

シリコン塗料のデメリット・ウィークポイント

シリコン塗料は優れた塗材ではありますが、以下のようなデメリット・ウィークポイントもあります。

・アクリル塗料やウレタン塗料に比べて費用が高い
・フッ素塗料に比べると、耐用年数が劣る
・やや弾性が低く、ひび割れしやすい
・知識や経験がないと扱いにくい

シリコン塗料は塗装する際、こまめにかき混ぜながら使わないといけません。
また、やや密着性が弱い傾向があることから、特に重ね塗りが難しく、適した下塗り材を用いる必要があります。
そのため素人の方にとっては扱いにくい塗料で、DIYには不向きと言えるでしょう。

大切な建物を守っていくためにも、塗装経験の豊富なプロに施工を任せることが肝心です。


シリコン塗料の施工が得意な
\地元の塗装業者を探したい!/

シリコン塗料とウレタン・フッ素などの違い!平米単価や耐用年数の差は?

シリコン塗料とウレタン・フッ素などの違い!平米単価や耐用年数の差は?

ここで、シリコン塗料と他のグレードの塗料を比較してみましょう。

塗装の価格と耐用年数を比較

塗料 耐用年数 施工価格
アクリル塗料 3~8年 1,000~1,800円/㎡
ウレタン塗料 5〜10年 1,500~2,500円/㎡
シリコン塗料 7〜15年 1,800~3,500円/㎡
フッ素塗料 12〜20年 3,000~5,000円/㎡

シリコン塗料が選ばれる理由

シリコン塗料が選ばれる理由

上記の通りシリコン塗料は、アクリル塗料やウレタン塗料より高価です。
ただし、長い目でみると割安だと言えます。

試しに各塗料のコストパフォーマンスを「施工単価(1㎡あたり)÷目安となる耐用年数」で計算してみましょう。

・アクリル塗料 ⇒ 1㎡あたり約125〜600円/年
・ウレタン塗料 ⇒ 1㎡あたり約150〜500円/年
・シリコン塗料 ⇒ 1㎡あたり約120〜500円/年
・フッ素塗料 ⇒ 1㎡あたり約150〜416円/年

このように計算してみると「価格と耐用年数のバランス」は比較的シリコン塗料が良いことが分かります。

安価な塗料を選ぶよりも、耐用年数が長い塗料を用いて今後の塗装メンテナンス回数を減らすほうが、経済的な可能性があります。
建物の高さによっては塗装工事の度に足場代(15万円前後)も掛かるため、長寿命の塗料で施工することで、結果的にコストを節約できるでしょう。

外壁材自体の寿命や、現在お住まいの家にあと何年暮らすか、といった点も考慮しながら、適した塗料を選択するのが理想です。

どの塗料を選ぶべきか悩む場合には、塗装業者からもアドバイスしてもらうと良いでしょう。


自宅に合う塗料はどれ?
\地元の塗装業者に相談したい!/

シリコン塗料を選ぶ際の注意点

シリコン塗料を選ぶ際の注意点

「シリコン塗料」には、色々な種類やメーカー品があります。
そこで、シリコン塗料の主な種類や選び方・注意点についても把握しておきましょう。

シリコン樹脂の含有率について

シリコン塗料は、アクリルとシリコンを混合して製造されますが「シリコンの含有率」に関する規定がありません。
既存製品のシリコン含有率は、低いもので20%以下、高いもので45~65%程度です。

シリコン含有率は、塗料の性能に影響します。
含有率が高いものほど防汚性や耐久性などが高くなり、高価になる傾向があります。

そのため、できれば含有率を把握した上で塗料を選びたいところですが、実はカタログやメーカーの公式サイトに記載されていないことがほとんどです。
これを逆手にとって「シリコン含有率が低い」塗料で高額な見積もりを作る業者が存在するのも、残念ながら事実です。

信頼できる塗装業者を選んだ上で、実績のある大手メーカーの塗料で施工してもらうのが、最も無難な方法と言えるでしょう。

シリコン塗料の種類と選び方!おすすめメーカーの主な商品

3大メーカーの代表的なシリコン塗料

参考用に、大手メーカー「外壁用シリコン塗料」の商品例を掲載しておきます。

メーカー タイプ 製品名
日本
ペイント
水性 1液 ・水性シリコンセラUV
・オーデフレッシュSi100 III
・ハナコレクション100水性
・水性サーモアイウォールSi
関西
ペイント
水性 1液 ・アレスアクアシリコンACⅡ
・コスモシリコン
水性 2液 ・アレスアクアセラシリコン
・リベルセラトップSi
溶剤 1液 ・アレスダイナミックTOPマイルド
エスケー
化研
水性 1液 ・プレミアムシリコン
・水性セラミシリコン
・水性クールテクトSi
溶剤 2液 ・リリカタイトエナメル
・セラタイトSi

水性タイプと溶剤タイプ、1液型と2液型の違い

塗料には、原液に「水」を混ぜて使う「水性タイプ」「有機溶剤(シンナーなど)」を混ぜて使う「溶剤(油性)タイプ」があります。

原液はそのまま使える「1液型」と、使用する直前に硬化剤を混ぜて使う「2液型」があります。

まとめると、希釈材の違いや、硬化剤の混合が必要かどうかで、以下のタイプに分けられます。

・水性1液型
・水性2液型
・溶剤1液型
・溶剤2液型

水性タイプと溶剤タイプ、1液型と2液型の違い

水性と溶剤(油性)の違い

水性タイプの特徴 溶剤タイプの特徴
塗料を水で薄めて使う 塗料をシンナーなどの溶剤で薄めて使う
密着性がやや劣る場合あり 密着性が良い
環境にやさしい 寿命が安定する傾向あり
シンナーの臭いがない 費用がやや高い傾向あり

>> (※外部サイト 関連記事) 水性塗料と油性塗料の価格差・メリット・デメリット

1液型と2液型の違い

1液型の特徴 2液型の特徴
そのまま使えるため取り扱いが容易 (使う直前に)主剤と硬化剤を混ぜて使う
翌日も使える 混ぜた後はすぐに使い切る必要がある
費用が安い傾向あり 耐久性と耐候性が高い
塗れる素材が限られる 寿命が長い傾向あり

>> (※外部サイト 関連記事) 塗料の"1液型"と"2液型"の違い・メリットとデメリット

もともと塗料には「1液型」のものしかありませんでしたが、性能向上のために「2液型」が生まれました。

なお塗料の扱いは「1液型」よりも「2液型」のほうが難しいです。
(業者によっては「硬化剤をきちんと混ぜない/比率を守らず目分量で適当に混ぜる」といった粗雑な施工をしてしまい、本来の塗料の性能が発揮されないケースも見られます。)
そのため、特に「2液型」の塗料を使いたい方は、やはり信頼できる塗装業者に依頼するのが理想的です。

また「水性」より「溶剤タイプ」のほうが、密着性や耐久力が優れている傾向があります。
よって「水性1液型」と比べると「溶剤2液型」のほうが、性能に優れ長持ちしやすいと考えられるでしょう。

1液型と2液型の違い

ただ「シンナーの臭いが苦手だから、できれば水性塗料にしたい」「性能だけではなく、カラーも重視したい」という方もいらっしゃることと思います。
そこで、まずは相性の良い業者と打ち合わせすることも肝心です。

相談しやすい業者に「2液型の施工はできる?」「水性1液型でも耐久性の不安はない?」「こんな色にしたい」など、気になる点を聞いてみた上で、納得のいく塗料を選択すると良いでしょう。


自宅に合う塗料はどれ?
\地元の塗装業者に相談したい!/

シリコン塗料による外壁塗装リフォームの事例・費用

ではここで、有名なシリコン塗料を使って外壁・屋根を塗装した実例を見てみましょう。
リフォームの際に掛かった費用や日数も掲載しているので、参考にしてくださいね。

【事例1】『水性シリコンセラUV』などで外壁・屋根を塗り替え

【事例1】『水性シリコンセラUV』などで外壁・屋根を塗り替え

施工費用:外壁 42万円・屋根 12万円
物件種別:一戸建て(築11年)
工事期間:14日

耐久性・耐候性も高い日本ペイント社の『水性シリコンセラUV』を用いて、サイディング外壁を塗装しました。
同時に、目地とサッシ周囲のコーキングの増し打ち補修も行なっています。

また同時に、同じく日本ペイント社のシリコン塗料『水性サーモアイSi』で屋根も塗装。
遮熱性能も高い塗料のため、3階の部屋の暑さ対策も期待できます。

【事例2】遮熱性のある『水性サーモアイSi』で外壁・屋根を塗装

【事例2】遮熱性のある『水性サーモアイSi』で外壁・屋根を塗装

施工費用:外壁 56万円・屋根 20万円
物件種別:一戸建て(築15年)
工事期間:-

こちらも、日本ペイントの『水性サーモアイSi』を使用して、外壁・屋根を塗装した事例です。
外壁にも屋根にも遮熱機能のある塗装を施したため、夏の暑さを軽減できそうですね。

【事例3】『セラミシリコン』で美しい外壁に

【事例3】『セラミシリコン』で美しい外壁に

施工費用:外壁 80万円
物件種別:一戸建て(築30年)
工事期間:17日

築30年のお住まいで、外壁の汚れが明らかに目立つ状態でした。
付着した汚れを高圧洗浄でしっかり落とした後、エスケー化研の『セラミシリコン』で丁寧に塗装。
見違えるほど、美しくきれいになりました!

【事例4】アパートの外壁を水性シリコン塗料でリフレッシュ

【事例4】アパートの外壁を水性シリコン塗料でリフレッシュ

施工費用:外壁 185万円
物件種別:アパート(築21年)
工事期間:30日

築年数が20年近く経過したアパートの外壁を塗り替え、リフレッシュ!
近隣にも配慮し、臭いが少ない水性のシリコン系塗料を採用しました。
清潔感のある外装で、入居者の方々からの好感度がよりアップしそうですね。


シリコン塗料の施工が得意な
\地元の塗装業者を探したい!/

今後に期待!ラジカル制御型シリコン塗料とは?

今後に期待!ラジカル制御型シリコン塗料とは?

ここで、今注目の「ラジカル制御型塗料」についても触れておきましょう。

その前に、塗料の成分について解説します。

・樹脂(ウレタンやシリコンなど)
・顔料(色を付ける材料)
・溶剤(希釈材)

顔料には「酸化チタン」という成分が含まれており、紫外線や酸素・水などの影響を受けると「ラジカル」という物質を発生させます。
このラジカルは、塗料中の樹脂にダメージを与えてしまうため「チョーキング(白亜化)」など塗膜劣化の原因になるのです。

しかし「ラジカル制御型塗料」には、顔料に「高耐候酸化チタン」などの高性能な成分が配合されています。
その結果ラジカルの発生を抑えられるため、従来商品より優れた耐久性能を期待できます。

ラジカル制御型シリコン塗料の主なメーカー&商品

参考までに、ラジカル制御型シリコン塗料の商品の例を3つ、挙げておきましょう。

メーカー 商品名
日本ペイント パーフェクトトップ
関西ペイント アレスダイナミックTOP
エスケー化研 プレミアムシリコン

>> (※外部サイト 関連記事) ラジカル塗料で塗装する価格・メリット・デメリット

ラジカル制御型塗料は2012年に発売され、まだ実績が少ない塗材ですが、今後は主流になることが期待されています。
「ラジカル制御型のシリコン塗料が気になる」という方も、塗装のプロにぜひ質問してみると良いですね。


シリコン・ラジカル塗料について
\地元の塗装業者に相談したい!/

シリコン塗料が適しているか、業者とも相談を

シリコン塗料が適しているか、業者とも相談を

シリコン塗料は性能・価格のバランスが良く、コストパフォーマンス性が高く、現在最もポピュラーな外壁塗料です。
ただ上述したように、性能を左右するシリコンの含有量はカタログなどで確認できないケースが多く、素人の方が粗悪品を見分けるのは困難と言えます。
また「そもそもシリコン塗料が一番良いの?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

そのため信用できる塗装業者と相談し、良質で最適なメーカー品を選んでもらうことを推奨します。

シリコン塗料が適しているか、業者とも相談を

なお「シリコン以外の塗料も比較・検討したい」という場合も、一度プロの塗装業者に会って話を聞き、好みに合いそうな塗料を複数提案してもらってみてはいかがでしょうか。
ささいな疑問やご要望がある場合も、知識や経験に基づいた助言をしてくれることでしょう。

外壁や屋根の塗装は、建物の見た目・耐久性、どちらを良くするためにも非常に大切です。
最適な塗料を選んで、満足できる外観を実現したいですね!

最後に、今回の内容を簡単にまとめてみましたので、ご確認ください。

シリコン塗料のメリット・デメリットを教えてください。
メリットは、耐候性・耐熱性・耐水性などに優れていること、デメリットは、アクリル塗料やウレタン塗料に比べて費用が高いこと、フッ素塗料に比べると、耐用年数が劣ることなどです。
シリコン塗料のおすすめメーカーの主な商品は何ですか?
日本ペイントの水性シリコンセラUVなど、関西ペイントのコスモシリコンなど、エスケー化研のリリカタイトエナメルなどです。
シリコン塗料による外壁塗装リフォームの事例・費用を教えてください。
54万円で日本ペイント社の『水性シリコンセラUV』を用いてサイディング外壁の塗装などを行った事例(一戸建て)や、185万円で外壁の塗り替えを行った事例(アパート)などがあります。
更新日:

無料

厳選された
地元の業者を手間なく徹底比較!

関連記事

3年も経たずに外壁の塗装が浮いて剥がれた!?塗装剥離の原因と対策

「外壁を塗り直してまだ数年しか経ってないのに、塗料が剥がれてきた……」そんな経験をされた方は「もしかして施工に問題があった?」と感じるのではないでしょうか?塗料...

【2021年最新版】外壁塗装で助成金や補助金は使える?条件・申請の流れや注意点!安く抑えるコツは?

家の外壁塗装リフォームは、費用が何十万円以上もかかる上、10~15年ごとに必要となるため、できるなら安く済ませたいもの。外壁/屋根塗装をお得に実施するため「助成...

サイディング外壁に塗装は不要?費用や塗装時期・業者の選び方などについて解説

新築時に「サイディングは塗装不要」と耳にした方もいらっしゃるかもしれませんが、サイディング外壁には定期的な塗装メンテナンスが必要です。築年数が経った後や様々な劣...

外壁塗装でのローン利用はむしろ得?メリット・デメリットを解説

「外壁塗装をするのにわざわざローンを組む必要なんてあるの?」「金利が余分にかかるし、一括で払える余裕がある時に頼めばいいのでは?」 そう考えてしまっても無理はあ...

外壁塗装の見積書で注意すべき5項目!見積もり例や費用単価も解説!

「見積書でチェックするポイントを知りたい」「外壁塗装の見積書にある項目の意味を知りたい」こういった悩みを抱えている方は多いでしょう。この記事では、外壁塗装の見積...

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。