申し込み


トップ

> 外壁塗装でのローン利用はむしろ得?メリット・デメリットを解説


外壁塗装でのローン利用はむしろ得?メリット・デメリットを解説

更新日:

「外壁塗装をするのにわざわざローンを組む必要なんてあるの?」「月々の返済額について詳しく知りたい」 こうお考えになる方も多いでしょう。外壁塗装は多額の費用がかかるケースもある大掛かりな工事です。そのため、費用に関して不安になるのも仕方ありません。そこで、この記事では外壁塗装でのリーン利用について、メリットやデメリットなどを中心に詳しく紹介します。外壁塗装でのローン利用にお悩みの方は、ぜひ確認してみてください。

この記事の目次

  • 1外壁塗装でローンを組むメリット
  • 2外壁塗装でローンを組むデメリット
  • 3外壁塗装のローンをシミュレーション
  • 4外壁塗装でローンを組む方法
  • 5外壁塗装のローン申請の流れ
  • 6外壁塗装でローンを利用する際の注意点
  • 7外壁塗装で使えるお得な制度
  • 8まとめ:ローンを組んで外壁塗装をする価値は十分ある

外壁塗装でローンを組むメリット

外壁塗装のローンのイメージ
外壁塗装でローンを組むメリットは以下の3つです。

● 手元に資金がなくても工事が依頼できる
● 工事にかかる費用を抑えられる
● 資金を残しておける

現金一括で塗装費用を払うべきだと思っていた方も、ローンのメリットを知れば考えが変わるかもしれません。
以下にて、それぞれのメリットを詳しく解説していきます。

手元に資金がなくても外壁塗装を依頼できる

資金のイメージ
ローンを利用すれば、手元にまとまった資金がなくても外壁塗装の工事を依頼できます。

外壁塗装の費用をすぐに捻出するのはなかなか難しいことです。
今から工事に必要なお金を貯めるようにしても、それなりの時間がかかってしまうでしょう。

そのため、場合によっては外壁塗装を後回しにしてしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、資金がなくてもローンを組めればすぐに外壁塗装を依頼できます。

工事にかかる費用を抑えられる

ペンキの写真
外壁塗装が必要な状態を長く放置すると、より費用が膨らんでしまうため、ローンを利用して工事を行うと節約になります。

例えば、外壁のヒビ割れを放置していると、ヒビの大きさは少しずつ広がる可能性が高いです。


塗装面の場合は、塗料が剥がれた部分から雨水が浸入して、建材を傷めるケースもあるでしょう。

すぐに対処すれば安く済ませられる工事が、放置してしまうことで数倍の費用がかかることにつながるかもしれません。

ローンを利用して早めに対処しておけば家が長持ちし、結果的に費用を抑えることにつながります。

資金を残しておける

ペンキと電卓
ローンを利用すると、資金を残しておけるので安心です。
金融機関の口座残高が一気に減ると、不安に思われる方も多いでしょう。

特に、子どもの進学を控えている、住宅のほかの箇所のメンテナンスも必要などといった場合には、一気に貯金を崩したくないはずです。

さらに、予期せぬ出費に備えるために、できるだけ資金は手元に残しておきたいとお考えになるでしょう。

そこで、ローンを使えば手元に資金を残せるので、万が一の備えを削らずに済みます。

そのため、現金一括払いで塗装工事を依頼する余裕があったとしても、ローンを検討する価値は十分あるといえるでしょう。

外壁塗装のローンについて
\地元の業者に相談したい!/

外壁塗装でローンを組むデメリット

電卓とお金
外壁塗装でローンを組むデメリットは以下の3つです。

● 金利がかかる
● 審査がある
● 返済計画を慎重に考える必要がある

デメリットを受け入れられるかも考慮したうえで、ローンの検討を進めましょう。
以下にて、それぞれの具体的な内容を解説します。

金利がかかる

お金のイメージ
ローンを組むと、金利が発生します。
ローンを利用するというのは、お金を借りることです。
そのため、支援を受ける代わりに、基本的に金利を払わなければなりません。

ただし、外壁塗装は早めに対処しておくことで、将来的にかかる工事費用を抑えられます

外壁の劣化を放置することで工事費用が膨らむことを考えれば、金利の負担は影響が少ないケースもあるでしょう。

審査がある

審査のイメージ
ローンを組む際には、問題なく返済していけるかどうか、借入先から審査を受けます。

職種や収入額など、人によってはローンを利用できないこともあるでしょう。
完済時の年齢に条件がある場合もあり、借り入れの条件も確認しておく必要があります

返済計画を慎重に考える必要がある

返済のイメージ
ローンの負担を分散することで、毎月の出費が増えてしまいます。
今の家計では問題なかったとしても、その状況が数年後も同じとは限りません。
ローンを組んでも問題なく返済していけるかどうか、慎重に計画を立てましょう

外壁塗装の費用を支払う方法

外壁塗装の費用のイメージ
外壁塗装の費用の支払い方には、主に完工払い分割払い(一部を前払い)があります。

一般的に、外壁塗装では工事後に費用を支払う完工払いが多いです。

しかし、費用の一部を前払いする場合には、工事前にいくらかまとまったお金を用意しておく必要があるので注意しておきましょう。

また、費用の全額を前払いさせる業者は詐欺の可能性もあるため注意が必要です。
費用の持ち逃げをされたり、工事を手抜きされたりする危険性があります。

外壁塗装のローンについて
\地元の業者に相談したい!/

外壁塗装のローンをシミュレーション

電卓の写真
ここでは、金利3%でローンを借り入れるとして、以下3つのパターンをシミュレーションします。

● 3年で完済するケース
● 5年で完済するケース
● 10年で完済するケース

以下で紹介するデータを元に、具体的な返済計画を考えてみましょう。
ただし、以下で紹介するシミュレーションと実際の借入先の返済額は多少異なる場合があります。

3年で完済するケース

マイホームのイメージ
借入金額返済総額金利総額月々返済額
80万円837,523円37,523円23,264円
90万円942,215円42,215円26,173円
100万円1,046,904円46,904円29,081円
110万円1,151,595円51,595円31,989円
120万円1,256,289円56,289円34,897円
130万円1,360,984円60,984円37,805円
140万円1,465,678円65,678円40,713円
150万円1,570,367円70,367円43,621円
完済までの期間が短いため、100万円を超える借入額となると月々の返済額も高額になりやすいです。

短期間で返済したい方は、借入金額と毎月の返済額のバランスをよく検討しておきましょう。

5年で完済するケース

ローンのイメージ
借入金額返済総額金利総額月々返済額
80万円862,470円62,470円14,374円
90万円970,284円70,284円16,171円
100万円1,078,090円78,090円17,968円
110万円1,185,906円85,906円19,765円
120万円1,293,716円93,716円21,562円
130万円1,401,529円101,529円23,359円
140万円1,509,340円109,340円25,156円
150万円1,617,146円117,146円26,953円
5年で完済するとなると、3年のときよりも余裕のある返済額となります。

ただし、そのぶん利息が高くなりやすいことを覚えておきましょう。

10年で完済するケース

ローンのイメージ
借入金額返済総額金利総額月々返済額
80万円926,927円126,927円7,724円
90万円1,042,801円142,801円8,690円
100万円1,158,655円158,655円9,656円
110万円1,274,541円174,541円10,621円
120万円1,390,411円190,411円11,587円
130万円1,506,298円206,298円12,552円
140万円1,622,159円222,159円13,518円
150万円1,738,030円238,030円14,484円
10年で完済するようにした場合は、月々の返済がかなりラクになるでしょう。

しかし、利息が3年で完済するよりも3倍以上にも膨れ上がってしまいます。

月々の負担を軽くするか、返済額の総額を安く抑えたいかで、返済期間を検討するようにしましょう。

外壁塗装でローンを組む方法

外壁塗装でローンを組む方法
単に、外壁塗装で使えるローンといっても種類はさまざまです。
選択肢としては以下の4つが考えられます。

● 住宅ローンの借入先に相談
● 銀行に相談
● 外壁塗装の業者に相談
● ほかの信販会社に相談

それぞれのローンの借り入れ方法について解説します。

住宅ローンの借入先に相談

電卓と通帳
もし、住宅ローンを利用中であるなら、この借入先が第一候補となります。

住宅ローンの借入先であれば、すでに審査が通った後なので追加費用を借りられる可能性は高いでしょう。

金融機関としても、借入金額を増やしてくれるのはありがたいことです。
場合によっては、優遇金利を受けられることもあるでしょう。

ただし、住宅ローンの中には外壁塗装に対応したローンがないこともあるので注意が必要です。
この機会にローンの借入先や返済計画を見直すのもよいでしょう。

銀行に相談

銀行員の写真
銀行からの借り入れ方法には、有担保ローン無担保ローンの2パターンがあります。

担保とは、返済できなくなったときに代償として備えておく建物や土地などのことです。
住宅ローンの場合は一般的に家が担保に設定されます。

有担保ローンと無担保ローンの特徴について、以下で確認しておきましょう。

有担保ローン

有担保ローンは手続きに時間がかかるうえ、審査は厳しいことが多いです。

しかし、金利は低めで、利率が1%以下になることもあります。
そのため、有担保ローンに通ったら、利息を抑えられるでしょう。

無担保ローン

無担保ローンは、金利がおよそ3〜18%と有担保ローンより高い傾向があります。

しかし、手続きの手間が少なく、審査もスムーズに通りやすいのがメリットです。

また、同じ金融機関にて有担保ローンを借り入れている方は、金利が低く設定される場合もあります。
詳しくは、借り入れを行っている金融機関に確認してみましょう。

外壁塗装の業者に相談

外壁塗装業者のイメージ
外壁塗装の業者によっては、ローン会社と提携していることもあります。
提携している場合、手続きはスムーズに進みやすいです。

ただし、金利や契約内容の確認を怠らないようにしましょう。

契約内容をよく確認して納得のいく金利であれば、ローンを組むことを検討してもよいかもしれません。

ほかの信販会社に相談

信販会社のイメージ
自分で信販会社を探してローンを組むという方法もあります。

信販会社のローンは手続きがスムーズで、審査結果も早くわかる点が嬉しいポイントです。
会社によっては、借入金額によってポイントを貯められるといったメリットもあるでしょう。

さらに、債務者が万が一亡くなった際に残された遺族のローン返済義務がなくなる「団体信用生命保険」に入れることもあります。

ただし、金利がほかのローンに比べて高くなることもあるので、加入の際にはよく確認しておきましょう。

外壁塗装のローンについて
\地元の業者に相談したい!/

外壁塗装のローン申請の流れ

ローンの申請のイメージ
外壁塗装のローン申請の流れは、一般的に以下の順で行われます。

● ローン申請
● 事前審査
● 本審査
● 融資

外壁塗装のローンを申請する際は、最初に事前審査を受けるケースが多いです。
事前審査に通った場合に、本審査に移ることができ、本審査も通過したら融資が受けられます。

ただし、ローンの申請先によって流れは異なるため、必ず必要書類や手続き方法などをしっかりと確認しておくようにしましょう。

外壁塗装の際にローン利用が向いている人の特徴

ローン利用に向いている人のイメージ
外壁塗装の際にローンの利用に向いている人の特徴は、主に以下の3つです。

● 貯金を崩したくない人
● 費用が高額になりそうな人
● グレードの高い塗料を選びたい人

それぞれの特徴の具体的な内容を解説していきます。
ご自身がローン利用に向いているのかどうか、ぜひチェックしてみてください。

貯金を崩したくない人

貯金のイメージ
貯金をできるだけ崩したくないという人は、ローンを利用するのがおすすめです。
貯金が大きく減少すると、不安に思われるでしょう。

特に、子どもの進学や今後大きな支出の予定がある場合、余裕を持って蓄えておきたいとも思う方も多いです。

このような場合には、ローンを利用して安心感を得るのもよいでしょう。

塗装費用が想定していたよりも高額になりそうな人

通帳とカレンダー
塗装費用が想定していたよりも高額となり、予算不足となった場合はローンを利用するとよいです。

外壁塗装では、塗装工事だけでなく、外壁の補修が必要になる場合があり、外壁の破損や劣化状況によっては施工費用が高額になるケースもあります。

そのような場合にも、ローンを利用することで塗装工事を諦めることなく行うことが可能です。

ローン返済にお金はかかりますが、外壁の劣化や破損を放置していると最終的に莫大な補修費用がかかるかもしれません。

早めに外壁補修して将来的にかかる工事費用を抑えるためにも、ローンを利用することを検討してみましょう。

グレードの高い塗料を選びたい人

塗料のイメージ
グレードの高い塗料を選びたいけれど、予算に不安があるという方もローン利用がおすすめです。

外壁塗装の費用を大きく左右する原因の1つに、使用する塗料タイプが挙げられます。
高い性能を持つ塗料を選べば、施工費用は高額になることが多いです。

しかし、外壁の美観性や性能を上げたい場合には、グレードの高い塗料で塗装するのがよいでしょう。

グレードの高い塗料で塗装すれば、初期費用はかかっても将来的な塗装費用を抑えられる可能性があります。

以下にて、外壁塗装の塗料タイプ別の単価を一覧表にして記載しますので、ぜひ比較してみてください。
塗料タイプ耐用年数施工単価(1㎡あたり)
アクリル塗料3~8年1,000~1,800円
ウレタン塗料5~10年1,500~2,500円
シリコン塗料8~15年1,800~3,500円
フッ素塗料12~20年3,000~5,000円
断熱塗料15~20年2,400~3,800円
遮熱塗料10~20年2,300~2,800円
塗料の価格は、耐用年数が長いぶん、施工単価も高くなる傾向にあるということを覚えておきましょう。

外壁塗装のローンについて
\地元の業者に相談したい!/

外壁塗装でローンを利用する際の注意点

ローンの相談のイメージ
外壁塗装の際にローンを利用する注意点は、以下の3つです。

● 現金払いよりも総支払額が増える
● 年齢によっては返済期間が短くなる
● 塗装工事の前に申請をする

それぞれのポイントの内容を以下で解説するので、工事の失敗を避けるためにもぜひ確認してみてください。

現金払いよりも総支払額が増える

通帳を見る人
ローンを組むと基本的に金利が発生するため、現金払いよりも総支払額が増えてしまうでしょう。

ただし、借入先やローンのプランによっては金利が低く、利息が少なくて済む場合もあります。

どうしても現金払いがしたいと塗装工事を遅らせてしまうと、劣化症状が進み余分な補修費用がかかることになるかもしれません。

ローンを借り入れて塗装工事を行うことで、外壁補修の費用よりも利息の方が安く済んだというケースもあります。

現金払いの方が節約になることが多いですが、状況によってはローンを借り入れると無駄な出費が抑えられる場合もあることを覚えておきましょう。

ローンを組む年齢によっては返済期間が短くなる場合がある

ローンを組もうとする高齢男性のイメージ
ローンを組むときの年齢が高齢であればあるほど、返済期間が短く設定される場合があります。

そのため、月々の返済額が高額になってしまうでしょう。

もし、退職後もローンの返済が必要になると、生活費が圧迫される事態になりかねません。
ローンを組む際は返済期間と完済時の年齢に配慮して検討するようにしましょう。

外壁塗装を行う前にローンの申請をする

ローンの相談のイメージ
ローンは外壁塗装の工事を行う前に申請しなければなりません。

工事の途中や後では融資を受けられないため、外壁塗装を検討中であれば早めにローンの申請について調べておく必要があります。

また、必ず施工業者にも施工費用は借り入れる予定であるという旨を伝えて、ローンの申請に必要な書類の作成をお願いしましょう。

外壁塗装で使えるお得な制度

ローンの確認事項のイメージ
ローン以外にも、外壁塗装の費用を抑えられる制度が存在します。
主な手段として、自治体の制度住宅ローン減税の2つを覚えておきましょう。

以下にて、それぞれの詳しい内容を解説します。

自治体の制度を利用する

制度の説明のイメージ
自治体によっては外壁塗装に補助金助成金が出ることもあります。
ただ、残念ながらすべての地域で補助金制度が設けられているわけではありません。

詳しくは、お住まいの自治体や、塗装工事の依頼先の業者に相談してみましょう。

住宅ローン減税を利用する

住宅ローンのイメージ
外壁塗装に住宅ローンを利用している場合は、減税措置が受けられる可能性があります。
住宅ローン減税とは、ローン残高の1%を所得税から控除できるという制度です。

ただし、借入金の返済期間や対象のリフォーム工事などに対していくつか条件があります。
条件を確認して、対象となるようであればぜひ活用しましょう。

まとめ:ローンを組んで外壁塗装をする価値は十分ある

塗装費用のイメージ
最後に、これまでの内容をおさらいしておきましょう。
外壁塗装でローンを組む方法は?
住宅ローンの借入先外壁塗装業者に相談するといった方法があります。
詳しくはこちら
ローンのほかに外壁塗装の費用を抑えるための制度はある?
自治体の助成金や補助金制度などが使える場合もあります。
詳しくはこちら
多額の費用がかかるからと外壁塗装をためらうのは仕方ないことでしょう。
しかし、外壁塗装は早めに対処しておくことで将来的にかかる費用を抑えられるかもしれません。

ローンを利用すればすぐに依頼できるのはもちろん、手元に資金が残るなどのメリットもあります。

現金一括で払う余裕がある方も、ローンを借り入れての工事にはご自身にとってどんなメリットがあるかを一度考えてみましょう。

無料

厳選された
地元の業者を手間なく徹底比較!

プロヌリ LINE公式アカウント

LINEお友達登録で

  • 最新の塗装情報をお届け!
  • LINE限定キャンペーンも開催!
無機ハイブリッドチタンガード特集

関連記事

【初心者向け】外壁塗装の業者選びで失敗しないコツを1記事でチェック!

「外壁塗装ってどこの業者に頼めばいいの?」「外壁塗装を業者へ依頼するときの注意するべきポイントを知りたい」外壁塗装を検討中の場合に、このように思われている方も多...

外壁塗装の見積書で注意すべき5項目!見積もり例や費用単価も解説!

「外壁塗装の際の見積書でチェックするポイントを知りたい」「見積書にある項目の意味を知りたい」こういった悩みを抱えている方は多いでしょう。この記事では、外壁塗装の...

外壁塗装の耐用年数は30年?実際の耐用年数を塗料・外壁別に解説!寿命を延ばす対策も紹介

「外壁塗装の耐用年数はどのくらいなのか?」「耐用年数が過ぎたら何をすればよいのか?」こういった疑問を持ってはいませんか?外壁塗装における「耐用年数」とは、大規模...

外壁塗装の期間は2週間?各工程や工事あたりの日数も解説

外壁塗装をしたくても、どのくらいの期間がかかるのか分からなくて、なかなか工事に踏み込めていない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか? この記事では、外壁塗装...

外壁塗装なんて必要ないと考えるのはむしろ損!本当に不要か見分けるには?

「うちの家もそろそろ外壁塗装を頼むべきだろうか?」「そもそも外壁塗装ってやらないといけないもの?」こう考えている人もいるのではないでしょうか?外壁塗装には間取り...

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。