申し込み


トップ

> ピンホールとはどんな症状?起こりうるトラブルや対処法などを徹底解説!


ピンホールとはどんな症状?起こりうるトラブルや対処法などを徹底解説!

「壁に小さな穴があいているのが気になる」「小さな穴を放置していたら、どんなトラブルが起きるのか知りたい」外壁をふと見ると、小さな穴があいていることがあります。針であけたような小さな穴は、ピンホールという現象で、放置していると外壁を劣化させてしまいます。ピンホールはとても小さいですが、多数発生してしまっては見た目にも悪く、外壁にも良くありません。ピンホールを発生させないためにも、ぜひこちらの記事をチェックしてみてください。

この記事の目次

  • 1ピンホールって何?
  • 2ピンホールができる原因とそれぞれの対処方法
  • 3ピンホールができることで起こりうる問題
  • 4ピンホールができないようにするためには
  • 5ピンホールは施工不良が原因!塗装は優良業者に依頼しよう

ピンホールって何?

ピンホールとはどんな症状?起こりうるトラブルや対処法などを徹底解説!
外壁の塗膜の表面に針であけたような小さな穴ができることを、ピンホールと言います。
数ミリほどの小さな穴ですが、見た目も悪く、雨水の侵入により外壁を傷める原因にもなりかねません。

外壁の耐用年数を維持するためにも、ピンホールの発生はできるだけ抑えるようにしたいところです。

以下で、ピンホールができる原因と、それぞれの対処法を紹介していきます。

ピンホールができる原因とそれぞれの対処方法

ピンホールができる原因とそれぞれの対処方法
ピンホールができる原因には、主に以下の5つがあります。

・塗料の希釈率を間違えた
・乾燥時間が足りなかった
・塗装環境が悪かった
・下地処理が甘かった
・塗装技術が低かった

ピンホールは、塗装の際の施工不良が原因で発生します。
ピンホールができる5つの原因と、それぞれの対処方法について詳しく解説していきましょう。

塗料の希釈率を間違えた

塗料の希釈率を間違えることで、塗膜が薄すぎたり厚すぎたりしてピンホールができてしまいます。
希釈は多すぎると塗料の粘度を下げてしまい、足りない場合は粘りが強くなります。
どちらの場合もピンホールができる原因となるため、注意が必要です。

対処方法は、主に以下の2つです。

・規定の希釈率で塗装する
・塗装ごとに希釈率をきちんと確認する

ピンホールができないようにするだけでなく、塗料の性能を十分発揮させるためにも、正しい希釈率で薄めなければなりません。

乾燥時間が足りなかった

乾燥時間が足りなかった
塗装の際、下塗りと中塗りの乾燥時間が不十分だと、塗料の密着度が低下してピンホールができる原因となります。

対処方法は、下塗りと中塗りをする際に乾燥時間を十分に確保することです。
余裕を持ったスケジュールを組み、塗装時間をしっかりと確保するようにしなければなりません。

外壁の劣化について
\地元の業者に相談したい!/

塗装環境が悪かった

気温が低すぎる、または高すぎるなど、塗装工事の際の外気温が適切でない場合、ピンホールができてしまうことがあります。

対処方法は、主に以下の2つです。

・温度管理を行う
・適した気温のもと塗装する

外気温を調整することは難しいので、暑すぎる、寒すぎる場合は塗装時間を変更するようにします。
暑い日は朝に、寒い日は気温が高い夕方までに塗装を終えるようにします。

下地処理が甘かった

塗装工事の過程で、下地処理が甘かった場合にもピンホールができてしまうでしょう。
塗装面にゴミや汚れが残っている、巣穴(外壁にすでにある小さな穴)があるにもかかわらずそのまま塗装してしまった、といった場合にピンホールができてしまいます。

対処方法は、下地処理を丁寧に行うことです。
塗装面をきれいに掃除する、平らにする、また巣穴がある場合は、パテという充填剤で穴を埋めるといった対策をしてから塗装してもらうとよいでしょう。

塗装技術が低かった

塗装技術が不足していた場合、施工不良によってピンホールができてしまいます。
塗装道具の選定や、塗装方法のミスなどが原因です。

対処方法は、正しい方法で塗装することです。
塗料や外壁に適した道具を使い、正しい方法で塗装するようにします。

ピンホールができることで起こりうる問題

ピンホールができることで起こりうる問題
ピンホールができることで起こりうる問題は、主に以下の3つです。

・外観が悪くなる
・塗膜の劣化スピードが速まる
・塗膜が剥がれる

それぞれの問題について、どのようなことが起きるのか、詳しく解説していきましょう。

外観が悪くなる

ピンホールが多数できると、外壁の外観が悪くなります。
せっかくお気に入りの外壁に仕上げても、多数の小さな穴が表面に発生すると見た目が悪くなります。

塗膜の劣化スピードが速まる

ピンホールができると、穴から雨水が内部に入り込み、塗膜の劣化スピードを速めてしまいます。
塗膜の劣化スピードが速まると、耐用年数よりも早く塗り直しが必要になります。
将来的にかかる工事費用が増えてしまうでしょう。

塗膜が剥がれる

ピンホールの穴から内部に侵入した雨水が、内側から塗膜を押し出してしまい剥がれてしまう可能性があります。
塗膜が剥がれてしまうと、外壁の防水機能が低下してしまいます。
カビやコケの発生、雨漏りの原因にもなるでしょう。


外壁の劣化について
\地元の業者に相談したい!/

ピンホールができないようにするためには

ピンホールができないようにするためには
外壁にピンホールができないようにするためには、優良業者に塗装を依頼するようにしましょう。

ピンホールは施工不良が原因で起きることが多いです。
施工不良を避けるためには、優良業者に工事を依頼することをおすすめします。

そこで、ピンホールができないように施工してくれる、優良業者の選び方を紹介します。
以下の2つのポイントをチェックしてください。

・工事の見積もりをする
・資格を保有している業者に依頼する

それぞれのポイントについて、具体的な内容を説明していきましょう。

工事の相見積もりをする

工事の相見積もりをする
工事の相見積もりをすることで、詐欺をはたらく悪徳業者を避けることにつながります。
相見積もりとは、業者に工事を依頼する際、複数の会社に同時に同じ内容で見積もりを出してもらうことをいいます。

相見積もりをすれば工事費用を複数社と比較できるため、価格が高すぎる悪徳業者への依頼を避けられるでしょう。

また、価格が低すぎる業者も注意しておいてください。
工事費用が他社に比べて低すぎる場合、手抜き工事をしたり、施工不良を起こしたりする業者の可能性があります。

相見積もりをして、工事費用の相場に近い価格を提示している優良業者を選ぶようにしましょう。

資格を保有している業者に依頼する

資格を保有している業者に依頼する
塗装業者は資格なしでも営業可能なので、以下のような資格を保有している会社の場合、優良で安心と言えるでしょう。

・塗装技能士
・足場の組立て等作業主任者
・雨漏り診断士
・外壁塗装マイスター

塗装技能士とは、塗装に関する知識や技術力が認められた資格です。
国家資格で、階級は上から1~2級まであります。
受験するためには実務経験が必要なので、経験豊富な職人が保有する資格と言えます。

足場の組立て等作業主任者は、工事の際に安全に足場の設置や解体ができるよう指導するための知識を持っていることを認められた資格です。

雨漏り診断士とは、雨漏りの原因を診断して、最適な対策案を提示できる知識を持っていることを認められた資格です。


また、外壁塗装マイスターとは、外壁の塗装に関する知識や高い技術を保有していると認定された人のことで、外壁メンテナンスのプロと言えます。


塗装業者が保有していると安心な資格について、わかりやすいように一覧表にしてまとめました。
資格内容
塗装技能士・塗装の知識と技術力を保有
・国家資格
・受験には実務経験が必要
足場の組立て等作業主任者・足場の設置と解体を安全に行うために配置される主任者
・受験には実務経験が必要
雨漏り診断士・雨漏りの原因を診断できる知識を保有
・雨漏りの対策案を提示できる知識を保有
外壁塗装マイスター・外壁塗装の知識や技術力を保有
・外壁メンテナンスのプロ

ピンホールは施工不良が原因!塗装は優良業者に依頼しよう

ピンホールは施工不良が原因!塗装は優良業者に依頼しよう
ピンホールの発生は、施工不良が原因で起きてしまいます。
大切な住宅の外壁をきれいに仕上げるためにも、ピンホールの発生は避けたいところです。

また、ピンホールは外観が悪くなるだけでなく、外壁の耐久性を低くしてしまいます。
ピンホールを防ぐためには、外壁塗装は優良業者に依頼するようにしましょう。

最後に、今回の内容を簡単にまとめましたので、チェックしてみてください。

ピンホールが確認できる場合、どのようなことが起こる可能性がありますか?
「塗膜が剝がれてしまう」といったことが発生するかもしれません。
主に起こりうる問題は、こちら
ピンホールができないようにするための方法を教えてください。
施工不良を起こす業者を避けられるようにするため、「工事の相見積もりを取って悪徳業者を避けるようにする」などの方法があります。
主な方法は、こちら
資格を持った業者のほうが、ピンホールができるリスクは低いですか?
塗装業者は資格がなくても営業ができてしまうため、資格を持っている業者に依頼するほうが安心でしょう。
優良業者が持っている主な資格は、こちら
更新日:

無料

厳選された
地元の業者を手間なく徹底比較!

関連記事

外壁サイディングの劣化を補修するには?費用や工事内容について解説!

外壁に用いられているサイディングに穴が空いたり割れたりする劣化があった場合、補修をしないと雨漏りやシロアリの発生などが起きる可能性があるでしょう。今回はサイディ...

3年も経たずに外壁の塗装が浮いて剥がれた!?塗装剥離の原因と対策

「外壁を塗り直してまだ数年しか経ってないのに、塗料が剥がれてきた……」そんな経験をされた方は「もしかして施工に問題があった?」と感じるのではないでしょうか?塗料...

【初心者向け】外壁塗装の業者選びで失敗しないコツを1記事でチェック!

外壁塗装をお考えの方の中には、「外壁塗装ってどこの業者に頼めばいいの?」「外壁塗装業者へ依頼する時、注意するべきポイントを知りたい!」と思っている方も多いのでは...

【2021年最新版】外壁塗装で助成金や補助金は使える?条件・申請の流れや注意点!安く抑えるコツは?

家の外壁塗装リフォームは、費用が何十万円以上もかかる上、10~15年ごとに必要となるため、できるなら安く済ませたいもの。外壁/屋根塗装をお得に実施するため「助成...

【2021年最新版】外壁塗装の坪数ごとの費用相場は?単価や適正価格を知ろう!

一般的な30坪の戸建て住宅の場合、外壁塗装の費用相場は60〜100万円ほどです。家の大きさや塗料の種類などが変わると、価格は大きく変動します。値段が高すぎる場合...

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。