申し込み


トップ

> 人気のグレーの外壁でおしゃれな家に!失敗しないコツとメリット・デメリットを解説


人気のグレーの外壁でおしゃれな家に!失敗しないコツとメリット・デメリットを解説

更新日:

グレーは人気がある外壁の色のひとつです。好き嫌いが別れにくい色であり、汚れが目立ちにくいことからグレーを選ぶ方が多くいます。しかし、「人気だから」という理由だけで色を決めると、期待していた仕上がりにならずがっかりする可能性があります。外壁は一度塗装したら10年程度色を変えることが難しいため、しっかり色を決めたいものです。この記事では、人気のグレーを外壁の色に選ぶメリットやデメリット、色選びで失敗しないコツなどを紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

この記事の目次

  • 1外壁をグレーにするメリット3つ
  • 2外壁をグレーにするデメリット2つ
  • 3グレーの外壁塗装で知っておきたい基本知識
  • 4グレーの外壁で満足な仕上がりにするコツ7つ
  • 5塗料選びで活用すべきツール2つ
  • 6グレーの外壁塗装をするなら複数の業者を比較しよう

外壁をグレーにするメリット3つ

外壁塗装を行う業者
ここでは、外壁をグレーにするメリットを3つ紹介します。

● 汚れや経年劣化が目立ちにくい
● モダンで落ち着いた雰囲気を演出できる
● 都会・郊外どちらでも街に調和しやすい

汚れや経年劣化が目立ちにくい

グレーの外壁はほかの色と比べて汚れが目立ちにくい特徴があります。

外壁が汚れる原因は主に以下です。

● 砂
● ホコリ
● 排気ガス
● 雨だれ
● コケ
● カビ
● 鳥の糞

外壁の汚れは砂やホコリなど、薄茶色や黒っぽいものがメインです。
白と黒の中間色であるグレーは、こうした汚れを目立ちにくくしてくれます。

外壁の汚れの種類や特徴は以下の記事を参考にしてみてください。

モダンで落ち着いた雰囲気を演出できる

グレーの外壁は、シンプルなデザインやモダンな雰囲気が好きな方にオススメです。
ブラックほど重い印象にならずに、洗練された外観を演出できます。

グレーの濃さを変えれば明るい印象にも大人っぽい落ち着いた印象にもでき、好みの雰囲気に合わせられます。

都会・郊外どちらでも街に調和しやすい

グレーはどのような色にもよく馴染みます
ほかの色と隣り合っても違和感が少なく、都会・郊外どちらの街並みにも調和しやすいので、近隣の外観との相性を気にする必要がほとんどありません。

明度の違いによって個性も出せるため、ほかにグレーの家があっても丸被りにはならない点もメリットです。

外壁をグレーにするデメリット2つ

外壁塗装を行う業者
次に、外壁をグレーにするデメリットを2つ紹介します。

● 地味に見える場合がある
● グレー単色ではオリジナリティを出しにくい

地味に見える場合がある

グレーは決して華やかな色ではないため、地味な印象を受ける場合があります。
とくに明度を間違えると暗い印象や重苦しい印象になってしまうため、どのようなグレーがよいか事前にしっかり検討する必要があります。

地味な雰囲気を避けたい方は、ブルーグレーやモスグレーなど色味がついたグレーを選んでみてください。

グレー単色ではオリジナリティを出しにくい

グレー単色ではオリジナリティを出しにくく、つまらないと感じる方もいます
とくにコンクリートやアスファルトの色に近いグレーだとありふれた印象になりがちです。

オリジナリティを出したい場合は、青みが強いグレーやベージュがかったグレーを選んだり、単色ではなくツートーンカラーにしてみたりしましょう。
玄関や屋根との色の組み合わせ次第でもおしゃれな雰囲気にできますよ。

外壁の塗装について
\地元の業者に相談したい!/

グレーの外壁塗装で知っておきたい基本知識

グレーの外壁の一戸建て
外壁をグレーにする前に知っておきたい基本的なポイントを3つ紹介します。

● グレーの種類
● 明度と面積効果の関係
● グレーと相性のよい色

グレーの種類

グレーにはさまざまな色味が存在し、黒っぽいグレーや白っぽいグレー、青みのあるグレーなどのバリエーションがあります。
外壁によく使われるグレーの種類には以下があります。

● バーチグレー
● クールグレイ
● ブルーグレー
● ガルグレー
● スレートグレー

同じ色の名前でもメーカーによって塗料の色が若干違う場合があるので、理想の色があれば写真でどのようなグレーかを業者に伝えましょう。

明度と面積効果の関係

グレーの印象は明度によって大きく異なり、明度次第で明るい雰囲気にも暗い雰囲気にもなります。

また、明度には塗装する面積の大きさも関係するため、色見本帳上の小さなサンプルを見ただけで外壁の色を決めるのはオススメしません。

一般的に、高明度なグレー(白っぽいグレー)は塗装面積が大きいほど色が明るく見えます
一方、低明度なグレー(黒っぽいグレー)は塗装面積が大きいほど色が暗く見える傾向にあります。

色見本帳ではキレイな色に見えても、実際に外壁全体に塗ってみると圧迫感があったり、明るすぎたりするかもしれません。

できればA4サイズ程度のサンプルボードを作ってもらい、外壁全体に塗るとどのような雰囲気になるかよく確かめましょう。

グレーと相性のよい色

グレーは基本的にどのような色にも合いますが、とくに相性のよい色には以下があります。

● 黒
● 白
● ネイビー
● ベージュ

外壁をツートーンにする場合や、屋根・玄関の色との組み合わせを考える際の参考にしてみてください。

グレーの外壁で満足な仕上がりにするコツ7つ

一戸建ての玄関口
ここからは、満足度の高いグレーの外壁にするために押さえるべきコツについて解説します。

● 気になる家の外壁をチェックする
● 細かい色味を確認する
● 外壁材を使い分けてオリジナリティを出す
● カラーシミュレーションをする
● サンプルボードを太陽光に当てて色味を確認する
● 近所の家になじむか現地で確認する
● 塗装業者のアドバイスを参考にする

気になる家の外壁をチェックする

住宅街を歩きながら各家の外壁をチェックしてみましょう。
サンプルボードやカタログにはない自分の好みの色に出会える可能性があります。

気になる色があれば写真を撮っておき、同じ色の塗料がないか業者に尋ねてみてください。

細かい色味を確認する

同じグレーでも細かい色の差で雰囲気が異なります
以下の表を参考に、自分の好みに合いそうなグレーを探してみてください。
グレーの種類特徴
薄いグレー明るい雰囲気に仕上がる
濃いグレースタイリッシュな雰囲気に仕上がる
グレーベージュ温かみのある雰囲気に仕上がる
青みが強いグレークールな雰囲気に仕上がる
どのような雰囲気の家にしたいか考えてみて、細かい色の違いを比較しながら外壁の色を選びましょう。

外壁材を使い分けてオリジナリティを出す

まったく同じ塗料でも、どの外壁材に塗装するかによって色の印象が異なります
窯業系サイディングや金属サイディング、モルタルなど、外壁材には多くの種類があり、外壁材次第で塗料の発色やツヤが変わります。

塗装後のイメージがしやすいように、自分の家の外壁材に合わせてサンプルボードを用意してもらったり、同じ外壁材の施工事例を見せてもらったりしましょう。

カラーシミュレーションをする

カラーシミュレーションでは自宅の写真や似たような家の写真に選んだ色を充て、完成に近いイメージを確認できます

無料でカラーシミュレーションを提供している業者もあるので、色選びの参考にぜひ利用してみましょう。

ただし、シミュレーションで確認したイメージと実際の色味に違いがあることもあります。
あくまでも参考であることを念頭に置いて、サンプルボードや施工事例写真なども併用しながら色を検討してみてください。

サンプルボードを太陽光に当てて色味を確認する

サンプルボードで色を確認するときは、太陽光に当てて実際の色味を確認しましょう。
外壁を照らすのは照明ではなく太陽光だからです。

日が直接当たるときと日陰のときとで色の見え方が変わるため、自宅の外壁のさまざまな場所にサンプルボードを置いて色をチェックしてみてください。

また、天気によって色の印象が変わることもあるため、晴れの日だけでなく雨や曇りの日にも確認してみましょう。

近所の家になじむか現地で確認する

色の最終決定前に、近所の家の外壁になじむか確認しておきましょう。

近隣の家と調和できない色だと悪目立ちする可能性があります。
グレーはなじみやすい色ですが、念のため確認しておきましょう。

また、ほかの家と色が似すぎている場合は、明度を変えたりツートーンカラーにしたりするなどほかの選択肢も検討してみてください。

塗装業者のアドバイスを参考にする

なかなか色が決められないときは、塗装業者のアドバイスを参考にしましょう。
塗装業者はさまざまな家の外装塗装を経験しているので、どのような外壁材には何色がよいのか、どのような環境でよく発色するのかなどを熟知しています。

経験豊富な業者からアドバイスを聞き、いくつか色の候補を挙げてもらったり、考慮するとよいポイントを教えてもらったりしましょう。

外壁の塗装について
\地元の業者に相談したい!/

塗料選びで活用すべきツール2つ

外壁塗装を行う業者
ここでは、外壁の塗料選びに役立つツール2つを詳しく紹介します。

● サンプルボード
● カラーシミュレーション

サンプルボード

色見本帳には多くの色が載っており、色の候補を決める際に便利です。
しかし、色は面積の大きさによって印象が変化するので、最終決定にはサンプルボードを使うのがオススメです。

できればA4サイズ以上のなるべく大きなサンプルボードを用意してもらいましょう。

室内と屋外、また天気によって色の見え方が異なるため、屋外で晴れの日や曇りの日、雨の日などそれぞれの印象を確認してみてください。

カラーシミュレーション

カラーシミュレーションを使えば、選んだ色を外壁に使用したときの雰囲気や、ほかの色との相性が具体的にイメージできます
ツートーンカラーの配色や屋根の色との相性などを検討する際に便利です。

カタログや色見本帳よりも完成後の雰囲気を想像しやすいため、業者にお願いして気になる色のシミュレーションをしてもらいましょう。

以下の記事では外壁のカラーシミュレーションができるアプリを紹介しています。
すべて無料でダウンロードできるので、ぜひ参考にしてください。

グレーの外壁塗装をするなら複数の業者を比較しよう

一戸建ての住宅
外壁塗装の目安は10年とされており、気軽に色を変えることができません。
塗装業者は慎重に選ぶようにしましょう

リショップナビ外壁塗装なら厳選した業者4社に見積もり依頼ができます
塗料に関して親身にアドバイスができる経験豊富な業者がそろっているので、まずはぜひ自分の地域にどのような業者がいるのか確認してみてください。
外壁をグレーで塗装するメリットは、どんなことですか?
「経年劣化や汚れがわかりにくい」「どんな街にも調和しやすい」といったことです。
詳しくは、こちら
満足度の高いグレーの外壁に仕上げるためのコツは、何ですか?
「実際の色味をチェックするためにサンプルボードを太陽光に当てる」「近所の家に外壁がなじむかどうか現地で確認する」といったことです。
詳しくは、こちら

無料

厳選された
地元の業者を手間なく徹底比較!

LINE公式アカウント

LINEお友達登録で

  • 最新の塗装情報をお届け!
  • LINE限定キャンペーンも開催!

関連記事

外壁塗装の期間は2週間?各工程や工事にかかる日数も詳しく解説

外壁塗装の工事期間がどれくらいかかるのか分からず、工事に踏み込めていない方も少なくないのではないでしょうか。この記事では、外壁塗装の工事に関わるスケジュールや各...

外壁塗装でのローン利用はむしろ得?メリット・デメリットを解説

「外壁塗装をするのにわざわざローンを組む必要なんてあるの?」「月々の返済額について詳しく知りたい」 こうお考えになる方も多いでしょう。外壁塗装は多額の費用がかか...

外壁塗装で使われる無機塗料とは?他の塗料との違いやおすすめのメーカーまで!

無機塗料は、耐候性と耐用年数が高い優れた塗料です。外壁塗装を検討している方の中でも、無機塗料について詳しく把握できている方は多くないのではないでしょうか。この記...

外壁塗装で受けられる保証のタイプは2つ!対象外となるのはどんなとき?

「外壁塗装する際、保証はあるのか知りたい」「外壁塗装の保証が受けられないのはどんなときか知りたい」外壁塗装を業者に依頼する際、トラブルが起きたときにどのような保...

外壁塗装で起こるトラブルとは?予防策や業者選びの方法を紹介!

「外壁塗装をしたいけれどできるだけトラブルは避けたい」「外壁塗装でトラブルに遭わないためにはどのような業者を選べばいいだろう」外壁の耐用年数が近づき、外壁塗装を...

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。