申し込み


トップ

> 色あせしない&しやすい外壁の色とは?塗装に使う塗料の選び方も解説


色あせしない&しやすい外壁の色とは?塗装に使う塗料の選び方も解説

更新日:

家の外観のメンテナンスを楽にするため、色あせしない色で外壁塗装したいと思っている方が多いのではないでしょうか。外壁は色によって色あせの目立ちやすさが変わるため、色あせしにくい色を選べば長持ちするでしょう。この記事では、色あせしにくい外壁の色や、反対に色あせしやすい外壁の色を紹介します。また、色あせしにくい塗料も解説しているので、耐久性の高い外壁にしたい方はぜひ参考にしてください。

この記事の目次

  • 1色あせしにくい外壁の色5つ
  • 2色あせしやすい外壁の色4つ
  • 3外壁の色あせの原因
  • 4外壁の色あせを解消する方法
  • 5外壁の色を長持ちさせる方法
  • 6外壁の色についてよくある質問
  • 7外壁の色あせを予防できるようにまずは業者に相談してみよう

色あせしにくい外壁の色5つ

白い外壁の住宅
色あせしにくい外壁の色には以下の5つが挙げられます。

● 白
● 黒
● 青
● グレー
● ベージュ

それぞれの特徴を詳しく解説します。

白い外壁は太陽光を吸収しにくいため、色あせの原因である紫外線の影響を受けにくいという特徴があります。

また、白自体が色あせしてもわかりにくい色のため、ほかの色に比べて色あせが気になることも少ないでしょう。

ただし、白は汚れが目立ちやすい点がデメリット。
排気ガスやカビなどの黒っぽい汚れや、苔の緑色の汚れなど、さまざまな汚れに対して定期的なメンテナンスが必要です。

汚れがひどくなる前に洗浄や塗装を依頼しましょう。

黒も色あせしにくい外壁の色です。
黒の顔料であるカーボンブラックは、色の原子の結びつきが光に分解されにくく、着色力が高いという性質があります

ただし、色あせしにくい一方、白同様に汚れが目立ちやすい点がデメリットです。
砂埃や鳥のフンなど、白っぽい汚れが目立ちます。

また、経年劣化によりツヤがなくなると色あせたように見えることもあるため、場合によってはこまめな塗装が必要でしょう。

青は光を反射しやすいため色あせしにくい色で、道路標識にもよく使われる色です。
標識の赤い部分は色あせが目立つ傾向がありますが、青い部分はさほど目立ちません。

外壁の色あせを予防したい場合にオススメの色ですが、ほかの色との組み合わせが難しい点に注意しましょう。

屋根や玄関ドア、窓サッシの色などとのバランスを考慮する必要があります。
カラーシミュレーションを使って、色同士の相性をよく確認してみてください。

グレー

グレーは白と黒の中間色で、色あせだけでなく、汚れも目立ちにくい色です。

人気の色のひとつのため、近隣の家でグレーの外壁の場合も多いかもしれません。
その場合はグレーの濃淡を変えたりツートンカラーにしたりして、同じグレーでも個性を出してみましょう。

ベージュ

ベージュも色あせと汚れが目立ちにくい人気の色です。
周囲の景観にも馴染みやすく、自然が多い場所でもビルが多い場所でもマッチするでしょう。

グレーよりもあたたかい印象にしたい、周りと自然に馴染む色にしたいという場合はベージュを検討してみてください。

色あせしやすい外壁の色4つ

黄色の外壁
反対に、色あせしやすい外壁には以下の4つがあります。

● 赤
● 黄色
● 紫
● 緑

赤は紫外線に対する耐性が低く、色あせしやすい色です。
鮮やかな赤を保つためにはこまめな塗り替えが欠かせないので、ほかの色よりも頻繁にメンテナンスが必要です。

黄色

黄色は赤同様に紫外線に弱く、色あせしやすい色です。

とくに鮮やかなレモンイエロー系は色あせが目立ちます。
一方、黄土色は黄色の中でも比較的色あせが目立ちにくい傾向があります。

赤みの強い紫も色あせしやすい色です。
なかなか見かけない外壁の色ですが、赤みのある紫は大人っぽく上品な印象に仕上がります。

白と相性がよいので、紫を使いたいけれど色あせが気になる場合は、白とのツートンカラーやアクセントカラーとしての使用を検討してみてください。

緑も色あせが目立ちやすく、こまめな塗装が必要です。

とくに濃い緑は鮮やかさが失われやすく色あせした印象を与えやすいため、定期的にメンテナンスをしましょう。

外壁の色あせ対策について
\地元の業者に相談したい!/

外壁の色あせの原因

グレーの外壁の住宅
ここでは、外壁の色あせの主な原因について解説します。

紫外線

外壁の色あせの主な原因は紫外線です。
紫外線が外壁の色を構成する顔料を壊してしまうために、色あせが起こります

常に太陽のもとにさらされている外壁を、完全に紫外線から守ることは困難です。
塗装から10年もすれば、紫外線の影響により色あせが生じてしまいます。
とくに日当たりのよい南側の外壁は、紫外線による劣化が早い傾向があります。

化学変化

化学変化によって色あせが起きることもあります。
水や酸素、日光など、自然に存在するさまざまなものの影響を受けて、塗料や外壁材の化学物質が変化し、色あせてしまいます

外壁の色あせを解消する方法

ツートンカラーの外壁の住宅
色あせの原因について解説した次は、外壁の色あせを解消する方法について解説します。

色あせしにくい塗料を選ぶ

色あせしにくい塗料には、塗膜の劣化を抑制するものや、紫外線の影響を少なくするものがあります

外壁の塗料は、色だけでなく機能にも豊富なバリエーションがあります。
色あせしにくい塗料もさまざまな種類があるので、予算と希望の色に合わせて塗装業者に色あせしにくい塗料を提案してもらいましょう。

色あせしにくい色を選ぶ

冒頭で紹介したように、以下の色は色あせしにくい色です。

● 白
● 黒
● 青
● グレー
● ベージュ

色あせが目立ちにくい色を選べば、塗りなおす頻度が少なくなるでしょう。

ただし、色あせるスピードが遅かったり、色あせが目立たなかったりするだけで、どの色も「決して色あせない」ということはありません。
塗装してから時間が経てば、どの色も塗りたてのときとは色が変わってしまいます。

また、色あせしていなくても、外壁材は劣化している可能性があります。
色あせが気にならない場合でも、防水性の向上や外壁材の劣化の補修のため、10年前後を目安に外壁塗装を依頼しましょう

外壁の色あせ対策について
\地元の業者に相談したい!/

外壁の色を長持ちさせる方法

外壁工事のイメージ
外壁の色を長持ちさせる方法には、以下の3つがあります。

● 耐久性の高い塗料を選ぶ
● 艶あり塗料を選ぶ
● 定期的に外壁塗装する

順番に詳しく解説します。

耐久性の高い塗料を選ぶ

外壁の色を長持ちさせるには、耐久性が高く色あせしにくい塗料を選びましょう。
耐久性の高い塗料には、以下などがあります。
塗料特徴
超低汚染+リファインシリーズ
(アステックペイント)
・塗料の劣化原因となる「ラジカル」の発生を抑える塗料を使用
・遮熱性が長く続く
シリコンREVO1000
(アステックペイント)
・塗料の劣化原因となる「ラジカル」の発生を抑える塗料を使用
フッ素REVO1000
(アステックペイント)
・紫外線に強い
パーフェクトトップ
(日本ペイント株式会社)
・紫外線に強い
・光沢がよい

また、耐用年数が長いほど色あせのスピードも遅い傾向があります。
塗料の種類ごとの耐用年数も、参考にしてみてください。
塗料の種類耐用年数
アクリル3~8年
ウレタン5~10年
シリコン8~15年
フッ素12~20年
ラジカル8~16年
セラミック17~20年
光触媒15~20年
無機20~25年
ナノテク11~17年
塗料の耐久性は環境や外壁材などによっても異なるので、詳細は外壁塗装業者に相談してみましょう。

艶あり塗料を選ぶ

塗料には艶のある塗料(艶あり)と艶のない塗料(艶消し)があります。
艶消し塗料はマットな質感が好きな方に人気ですが、艶消し材を入れて加工するため、耐久性が艶あり塗料よりも劣っている場合があります。

とくに質感にこだわらない場合や、見た目よりも耐久性にこだわる場合は、艶あり塗料を選ぶようにしましょう。

定期的に外壁塗装する

塗料の種類にもよりますが、塗料の寿命は大体10年前後です。
10年を目安に塗りなおしをしなければ、塗料の劣化が進み色あせも目立ってきてしまうでしょう。

外壁の色を長持ちさせるため、定期的に外壁塗装による適切なメンテナンスを行いましょう。

外壁の色あせ対策について
\地元の業者に相談したい!/

外壁の色についてよくある質問

外壁工事に関する質問のイメージ
ここからは、外壁の色についてよくある以下の質問に回答します。

● 人気の外壁の色は?
● 外壁のカビが目立たない色は?
● 外壁の苔が目立たない色は?
● 外壁の雨だれが目立たない色は?

人気の外壁の色は?

外壁の色はベージュやオレンジ、ブラウンなどが人気です。
ただし、個性やデザイン、汚れの目立ちにくさなど、重視する特徴によってオススメの色が異なります。

代表的な外壁の色と特徴は、以下の表を参考にしてみてください。
オススメの外壁の色特徴
ベージュ、グレー・汚れが目立ちにくい
・周りに馴染みやすい
・色あせしにくい
・清潔感がある
ネイビー・モダンな雰囲気になる
・洗練された雰囲気になる
・排気ガスの汚れが目立ちにくい
・おしゃれで個性的な外観にしやすい
塗料のメーカーによって色味も異なるので、さまざまな色と塗料を比較しながら外壁の色を選びましょう。
>>人気の色12色ご紹介・選び方についても解説

外壁のカビが目立たない色は?

外壁のカビを目立たせたくない場合は、アイボリーやベージュ、グレーなどの中間色がオススメです。

カビは日当たりの悪い部分に発生しやすいので、とくに北側の外壁はカビの目立たない色を使うとよいでしょう。

外壁の苔が目立たない色は?

外壁の苔を目立たなくしたいなら、グレーやグリーンがオススメです。
カビ同様苔も日当たりが悪く湿気の多い部分に発生する傾向があるため、日陰になりやすい部分にグレーやグリーンを使うと汚れが目立ちにくくなります。

外壁の雨だれが目立たない色は?

雨だれを目立たなくしたいなら、ベージュ系やクリーム系の色で外壁を塗りましょう。
淡い色を選ぶことで、白の清潔感と雨だれの目立ちにくさが両立します。

「白い外壁にしたいけれど、雨だれが気になる」という方は、ぜひ、ベージュ系やクリーム系の色から好みの色を探してみてください。

外壁の色あせを予防できるようにまずは業者に相談してみよう

外壁塗装の様子
使う色や塗料を選べば、色あせしにくい外壁に仕上げられます。
塗装業者に相談すれば予算や希望の機能に合わせてオススメの塗料を提案してくれます。
まずは、どのような塗料があるか尋ねてみましょう。

リショップナビ外壁塗装は、各エリアの優良外壁塗装業者を4社まで紹介しています。
見積もりは無料で依頼できるので、ぜひそれぞれの業者のオススメの塗料を聞いてみましょう。
色あせしにくい傾向がある外壁の色を教えてください。
青や白は、太陽光を吸収しにくく、色あせに強い傾向があります。
そのほかの色あせしにくい色については、こちら
外壁の色持ちをよくする方法を教えてください。
「耐久性が高い塗料を使う」「艶ありの塗料を使用する」といったことが色持ちをよくする方法です。
詳しくは、こちら

無料

厳選された
地元の業者を手間なく徹底比較!

LINE公式アカウント

LINEお友達登録で

  • 最新の塗装情報をお届け!
  • LINE限定キャンペーンも開催!

関連記事

ガルバリウム鋼板の外壁は何色を選ぶべき?きれいに保つ方法も紹介!

外壁や屋根の素材にガルバリウム鋼板を選んだ際、どんな色にしようかと悩む方も多いことでしょう。ガルバリウム鋼板は、アルミと亜鉛合金メッキでつくられた金属板で、シッ...

モルタル外壁を塗装する費用・手順を詳しく解説!塗り替えにおすすめの色も紹介

「モルタル外壁の塗装をできるだけ安く抑えたい」「費用相場が知りたい」「劣化を防ぐ塗装方法が知りたい」モルタル外壁の塗り替えをお考えの方は、このように悩むことも多...

外壁塗装で起こるトラブルとは?予防策や業者選びの方法を紹介!

「外壁塗装をしたいけれどできるだけトラブルは避けたい」「外壁塗装でトラブルに遭わないためにはどのような業者を選べばいいだろう」外壁の耐用年数が近づき、外壁塗装を...

外壁塗装でのローン利用はむしろ得?メリット・デメリットを解説

「外壁塗装をするのにわざわざローンを組む必要なんてあるの?」「月々の返済額について詳しく知りたい」 こうお考えになる方も多いでしょう。外壁塗装は多額の費用がかか...

【2024年】外壁塗装の助成金・補助金を徹底解説!条件・申請方法や注意点も

外壁塗装のリフォームで、助成金や補助金を受け取れるケースがあることをご存じでしょうか?この記事では、戸建て住宅の外装リフォームで対象となりやすい助成金・補助金の...

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。