申し込み


トップ

> ファインウレタンU100とは?種類やデメリット、費用相場を解説!


ファインウレタンU100とは?種類やデメリット、費用相場を解説!

「ファインウレタンU100ってどんな塗料?」「ファインウレタンU100の種類や費用が知りたい」塗り替えを検討しているけれど、このように、ファインウレタンU100についてあまり知識がない方も多いのではないでしょうか。ファインウレタンU100の種類は豊富で、特徴や機能もそれぞれ違います。この記事では、ファインウレタンU100の特徴・費用相場や耐用年数、種類などについて紹介します。ファインウレタンU100への塗り替えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の目次

  • 1ファインウレタンU100とは?
  • 2どんな人におすすめの塗料?
  • 3ファインウレタンU100の費用と耐用年数
  • 4ファインウレタンU100の種類と特徴
  • 5ファインウレタンU100の主な下塗り材
  • 6ファインウレタンU100は幅広い用途で使いやすい塗料!

ファインウレタンU100とは?

ファインウレタンU100とは?
ファインウレタンU100は、日本ペイント株式会社が販売する「ターペン可溶2液系ポリウレタン樹脂塗料」を指します。


外壁塗料には、樹脂の種類によってフッ素やシリコンといった「塗料グレード」があります。
このうち、ファインウレタンU100はウレタン系塗料の一種です。


刺激臭が少ないため、油性塗料であっても使いやすい特徴があります。
また、ファインウレタンU100には以下のメリットとデメリットがあります。
メリットデメリット
・防藻や防カビ効果がある
・防錆性が高い
・ひび割れしにくい
・耐久性が低い
・変色しやすい
それぞれ詳しく解説します。

ファインウレタンU100のメリット

まず、ファインウレタンU100を使用するメリットをご紹介します。

防藻や防カビ効果がある

ファインウレタンU100は、防藻や防カビ効果が高い塗料です。
塗装面が汚れにくくなるので、藻やカビの発生を抑え、建物の美観と清潔な環境を守ってくれます。

防カビ効果は、美観維持だけでなく、健康状態の悪化や建物の劣化も防いでくれます。

防錆性が高い

ファインウレタンU100と専用の硬化剤を使用すると錆びを防ぐ効果があるので、鉄部の塗装に最適です。
肉持ちも良く、下地をしっかり隠してくれるので錆びにくくなります。

ひび割れしにくい

ファインウレタンU100は、専用の硬化剤や添加剤を混ぜると、ひび割れに強くなります。

ひび割れの発生を抑えることで、雨水の侵入による建物の劣化が防げます。
そのため、ひび割れの起きやすいモルタルやコンクリートの塗装に最適の塗料です。


環境や状況に合わせて、さまざまな使い方ができるのもファインウレタンU100の魅力となります。

ファインウレタンU100のデメリット

つづいて、ファインウレタンU100を使用するデメリットをご紹介します。

耐久性が低い

ファインウレタンU100の耐用年数は非公表ですが、7〜10年程度と言われています。
ウレタン塗料は耐久性が低い塗料で、外壁塗料の中でも短い年数となっています。

一般的な外壁塗料の耐用年数は以下の通りです。
塗料グレード耐用年数
アクリル系塗料約4〜6年
ウレタン系約6〜10年
シリコン系約10〜15年
フッ素系約15〜20年
高い耐久性を求める場合は、ファインウレタンU100よりもシリコン系やフッ素系がおすすめです。

変色しやすい

ウレタン塗料であるファインウレタンU100は、樹脂を主原料としているため、紫外線に弱く変色しやすい性質があります。

紫外線に当たると塗料の劣化が早くなるので、日光に当たりやすい屋根の塗装にはあまり向いていません。

外壁の塗料に詳しい
\地元の塗装業者を探したい!/

どんな人におすすめの塗料?

どんな人におすすめの塗料?
ファインウレタンU100は、基本的にどの部分にも使用できますが、特に窓枠や雨樋といった付帯部を塗装したい人におすすめです。
外壁の広い部分は、ファインウレタンU100よりも耐久性が高いシリコン系塗料やフッ素系塗料で塗装した方が耐用年数は長くなります。

またファインウレタンU100は、紫外線に弱いというデメリットがあるため、外壁や屋根の塗装にはおすすめできません。

ファインウレタンU100の費用と耐用年数

ファインウレタンU100の費用と耐用年数
ファインウレタンU100の費用は、1平方メートルあたり1,750〜1,920円(2工程)、下塗り塗料の費用が600〜1,000円程度と一般の塗料に比べて安価です。

しかし、耐用年数は短く、推定で約7〜10年と耐久性は低くなっています。

耐用年数が短いと、メンテナンスを頻繁に行う必要があります。
ファインウレタンU100は初期費用こそ安いですが、長期的に考えるとコストパフォーマンスは悪くなるでしょう。
塗装単価(2工程)期待耐用年数
1,750円〜1,920円非公表
(推定7〜10年)

外壁の塗料に詳しい
\地元の塗装業者を探したい!/

ファインウレタンU100の種類と特徴

ファインウレタンU100の種類と特徴
ファインウレタンU100にはいくつかの種類があり、用途に合わせて専用の硬化剤を混ぜると機能を変えられます。


 ・ファインウレタンU100
 ・1液ファインウレタンU100
 ・水性ファインウレタンU100
 ・ファインウレタンU100木部用クリヤー
 ・弾性ファインウレタンU100

以下では、ファインウレタンU100シリーズの種類と特徴をご紹介します。

ファインウレタンU100

ファインウレタンU100は、使いやすさを重視した弱溶剤系塗料です。
耐久性があり、防藻や防カビ効果、結露防止などがある高機能な塗料です。
硬化剤によってさらに特殊な機能を持った以下の塗料に変えられます。
塗料名特徴
低汚染形ファインウレタンU100親水性によって塗装と汚れの間に水が入り込みやすくなるため、雨水と一緒に汚れが落ちやすい
防錆形ファインウレタンU100錆びを防ぐ効果がある

1液ファインウレタンU100

1液ファインウレタンU100は硬化剤を使わずに塗装ができます。
使いやすさを重視した塗料で、セメントや金属といった幅広い下地に塗装可能です。

また、1液ファインウレタンU100は、専用の添加剤を混ぜると、以下のように特有の効果を持ちます。
添加剤特徴
1液ファインウレタンU100フラットベースツヤを調節できる
1液ファインウレタンU100弾性添加剤ひび割れに強い塗料にできる

水性ファインウレタンU100

水性ファインウレタンU100は、環境や人体に優しい水性の塗料です。
水性塗料は水で薄めるので独特の匂いが弱く、刺激臭が気になる方や環境に優しい塗料を使いたい方におすすめです。

ファインウレタンU100木部用クリヤー

ファインウレタンU100木部用クリヤーは、木材の塗装専用のウレタン塗料です。
透明な塗料なので、木材の質感を活かしたまま塗装可能です。

一般的な外壁素材である「モルタル」や「窯業サイディング」に比べて木材は弾性力に優れています。

ファインウレタンU100木部用クリヤーは、木材の動きに合わせて伸縮する性質があります。

弾性ファインウレタンU100

弾性ファインウレタンU100は、弾力性を高めた塗料でひび割れに強い特徴があります。

温度や湿度の変化による下地材の小さな膨張や収縮に対して柔軟についていけるので、ひび割れを防げます。

以下では、各ファインウレタンU100の特徴や費用をまとめました。
塗料名特徴塗装単価
ファインウレタンU100硬化剤によって特殊な機能が得られる1,750〜4,060円
(2〜4工程)
1液ファインウレタンU100硬化剤を使わずに塗装できる1,610〜2,810円
(2〜3工程)
水性ファインウレタンU100環境と人体に優しい1,610〜2,590円
(2〜3工程)
ファインウレタンU100木部用クリヤー木部の塗装用非公表
弾性ファインウレタンU100弾性が高くひび割れしにくい1,790〜5,410円
(2〜5工程)

外壁の塗料に詳しい
\地元の塗装業者を探したい!/

ファインウレタンU100の主な下塗り材

ファインウレタンU100の主な下塗り材
ファインウレタンU100を塗装するときは、基本的に下塗り材を使用します。

 ・パーフェクトフィラー
 ・パーフェクトプライマー
 ・パーフェクトサーフ
 ・アンダーフィラー弾性エクセル
 ・ハイポンファインプライマー2
 ・1液ファインウレタンU100木部用下塗
 ・DNAフィラーエポ

ファインウレタンU100によく使う下塗り材をご紹介します。

パーフェクトフィラー

パーフェクトフィラーは、水性系の塗料で、環境に優しい下塗り材です。
ひび割れに強いため、モルタルやコンクリートなどの下塗りに適しています。
非常に汎用性の高い下塗り塗料です。

パーフェクトプライマー

パーフェクトプライマーは、金属系のサイディングボードの塗装に適した下塗り塗料です。

ステンレスやアルミはもちろん、木材や硬質塩化ビニルなど幅広い素材に適しています。
錆止め効果も期待でき、塗装の密着を高める役割を持っています。

パーフェクトサーフ

パーフェクトサーフは、窯業系サイディングボードの塗装に適した下塗り材です。
下地のカバー効果が高いので、コンクリートやモルタル素材といった外壁の塗り直しにも適しています。

また、防藻や防カビ、ひび割れにも強い特徴もあります。

アンダーフィラー弾性エクセル

アンダーフィラー弾性エクセルは、密着性を高める役割のシーラーと、デコボコ面や段差をならす役割であるフィラーの機能の両方を兼ね備えています。

そのため、ひび割れ効果もあり、きめが細かく光沢のある仕上がりに適している下塗り材です。

また、使いやすく速乾性のある塗料のため、面積が小さい場所の塗り直しにもおすすめです。

ハイポンファインプライマー2

ハイポンファインプライマー2は、鉄部に使用する錆止め用の下塗り材です。
速乾タイプなので効率よく作業が進められるため、既存の塗装の塗り替えにも適しています。

1液ファインウレタンU100木部用下塗

1液ファインウレタンU100木部用下塗は、木部に適した下塗り塗料です。
木材は、塗料を吸い込みやすいので、下塗りが機能していなければ上塗りの塗料も吸い込まれてしまいます。

しかし、1液ファインウレタンU100木部用下塗りであれば、木材における塗料の吸い込みを防いでくれるので、上塗り塗料の仕上がりを美しくなります。

DNAフィラーエポ

DNAフィラーエポは、弾性機能を持っており、ひび割れしやすい下地に適した下塗り塗料です。

塗装表面がなめらかできめ細やかなので、上塗りの仕上がりを引き立ててくれます。
DNAフィラーエポは、弾性ファインウレタンU100の下塗り材として特に適しています。

以下では、ファインウレタンU100に使用する主な下塗り材の特徴や費用をまとめました。
塗料名特徴塗装単価
パーフェクトフィラー水性で人体に優しい900〜1,370円
パーフェクトプライマー金属系サイディングボードに適している720円
パーフェクトサーフ窯業系サイディングボードに適している970円
アンダーフィラー弾性エクセルシーラーとフィラーの両方の機能がある940〜1,470円
ハイポンファインプライマー2鉄部に使用する錆止め760円
1液ファインウレタンU100木部用下塗木部の専用塗料1,020円
DNAフィラーエポ弾性機能があるためひび割れしにくい3,940〜5,340円

外壁の塗料に詳しい
\地元の塗装業者を探したい!/

ファインウレタンU100は幅広い用途で使いやすい塗料!

ファインウレタンU100は幅広い用途で使いやすい塗料!
今回は、ファインウレタンU100のメリットや種類、費用などをご紹介しました。
ファインウレタンU100は種類も豊富で、幅広い用途で使える塗料です。

しかし、ウレタン塗料であるファインウレタンU100は、塗料の中でも耐久性が低いため、外壁や屋根などの広い面への塗装は向いていません。
ファインウレタンU100を塗装するのであれば、雨樋や窓枠といった付帯部の塗装が適しています。

ファインウレタンU100は、さまざまな特徴に特化した塗料が豊富にあるので、目的にあった種類を選び、満足度の高い塗装を行いましょう。
更新日:

無料

厳選された
地元の業者を手間なく徹底比較!

関連記事

エスケー「プレミアム シリコン」ラジカル制御型塗料の特徴や費用相場などを紹介!

外壁塗装で「ラジカル制御型」と呼ばれる塗料を使う方が徐々に増えています。とは言え、まだ新しい塗料でシェアや実績が少なく「塗装業者に薦められたけど、よくわからない...

シリコン塗料の特徴・デメリット&おすすめメーカーの商品もご紹介!外壁塗装業者が推薦するのはなぜ?

外壁塗装のリフォームでは、塗装業者からシリコン塗料を勧められるケースが多く、実際に多くの方(工事のご依頼者)がシリコン塗料を採用しています。ただ、シリコン塗料は...

外壁塗装に使われる「フッ素塗料」とは?特徴や価格、有名メーカーの商品について解説

フッ素樹脂を配合した「フッ素塗料」をご存知ですか?「フッ素塗料」は、外壁塗装にも使われる塗料で、高性能なことが特徴です。本記事では、フッ素塗料の特徴や価格、他の...

外壁のアクリル塗料と他の塗料の違いは?特徴やメリット・デメリットを解説

「アクリル塗料にはどんな特徴があるのだろう?」「アクリル塗料と他の塗料の違いを把握しておきたい」単に塗料といっても種類は豊富です。選択肢が多すぎることから、どれ...

硬化剤は2液型の塗料に必須!特徴や必要性、利用の注意点を知ろう!

「硬化剤ってどんな役割があるの?」「硬化剤を使うメリットとデメリットを知りたい」こういった疑問を持ってはいませんか? この記事では、住宅塗装における硬化剤の役割...