トップ

> 火災保険を使って屋根修理の費用負担を減らそう!利用に必要な条件や申請の流れなども徹底解説!


火災保険を使って屋根修理の費用負担を減らそう!利用に必要な条件や申請の流れなども徹底解説!

「屋根修理をしたいけれど費用が心配」「屋根修理にかかる費用を抑えたい」このようなお悩みをお持ちの方は、いませんか?実は、火災保険を利用して費用の負担を減らせる可能性があるのです。しかし、火災保険を使って屋根修理を行うには、さまざまな条件や覚えておいたほうがよい知識などがありますので、今回の記事で詳しく紹介していきます。屋根の修理を検討中の方は、工事費用を抑えられるかもしれませんので、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

この記事の目次

  • 1屋根修理で火災保険を使うために、クリアしなければならない条件とは?
  • 2屋根修理で火災保険を使いたい!申請を進めるには?
  • 3火災保険で屋根修理を行う際に覚えておくべき知識
  • 4火災保険を利用した屋根修理工事は、どのような業者に依頼すべき?
  • 5基本的には条件に合えば、火災保険を使って屋根修理できる!

屋根修理で火災保険を使うために、クリアしなければならない条件とは?

火災保険を使って屋根修理の費用負担を減らそう!利用に必要な条件や申請の流れなども徹底解説!
火災保険で屋根修理ができる条件には、主に以下の4つがあります。

・規定の災害によって受けた被害
・修理費用が20万円以上
・被害を受けてから3年以内
・契約違反をしていない

それぞれの条件について、わかりやすく解説していきましょう。

規定の災害によって受けた被害

規定の災害によって受けた被害
火災保険では、火災だけでなく既定の災害によって受けた被害も補償対象となります。
火災保険の補償対象の例には以下があります。

・火災・破裂・爆発
・落雷
・風災・雪災・雹災
・水災
・水濡れ
・建物外部からの物体の落下・飛来・衝突
・騒擾(そうじょう)や集団行為などにともなう暴力行為
・盗難

上記の火災保険の補償対象のうち、屋根修理に適用されるのは、風災や雪災といった災害です。
強風や積雪などによって屋根が破損した場合も、火災保険の補償対象となります。

修理費用が20万円以上

修理費用が20万円以上
多くの火災保険では、破損箇所の修理費用が20万円以上の場合に補償対象となります。
ただし、会社によっては「免責方式」を採用している火災保険もあります。

免責方式とは、一般的にあらかじめ決めておいた自己負担額を超えた分の修理費用を保険金で支払う方法のことをいいます。

例えば、自己負担額が10万円で、屋根の修理費用が20万円の場合、10万円が火災保険から支払われます。

修理費用が自己負担額を下回る場合、基本的に保険金はおりません。

被害を受けてから3年以内

被害を受けてから3年以内
火災保険では、屋根の破損後3年以内に保険金を申請しなかった場合は、補償されないことが多くあります。
保険の補償対象となっている災害で屋根が破損した場合は、早めに保険会社へ連絡しましょう。

破損してからの放置期間が3年以内の屋根がある場合も、保険会社に相談してみることをおすすめします。

火災保険を使った屋根修理について
\地元の業者に相談したい!/

契約違反をしていない

契約違反をしていない
火災保険では契約違反をしていると基本的に補償を受けられません。
火災保険での契約違反には、契約時の告知義務違反や、保険申請時の虚偽報告などがあります。

契約時の告知義務違反とは、火災保険の場合、補償対象となる建物の築年数や構造を偽って告知することなどが挙げられます。

また、保険申請時の虚偽報告とは、時間の経過などが原因であるにもかかわらず災害を原因にするなど、嘘の報告をすることです。

契約違反は補償対象となるだけでなく、最悪の場合には契約が解除となるため絶対にしないようにしましょう。

屋根修理で火災保険を使いたい!申請を進めるには?

屋根修理で火災保険を使いたい!申請を進めるには?
火災保険を屋根修理に利用するためには申請をしなければなりません。
申請は、以下のような順序で行います。

1. 工事を行う予定の業者に現地調査してもらう
2. 保険会社に連絡し、書類を請求する
3. 必要な書類を保険会社に送る
4. 保険会社の現地調査を受ける
5. 審査が行われ、結果が通知される
6. 業者と契約し、屋根修理の工事を行う

保険金の申請の際に必要な書類は、主に以下の3つです。

・保険金請求書
・破損箇所の写真
・工事の見積書

保険金請求書は、保険金の申請について連絡すると保険会社から送られてくるため、必要事項を記載して返送します。
破損箇所の写真や工事の見積書は、業者に現地調査してもらった際に作成を依頼しましょう。

保険会社による現地調査では、破損箇所の確認や保険金額が妥当かなどをチェックされます。
保険会社による現地調査や保険金請求書などを踏まえて、火災保険の補償対象、保険金額などが審査によって決まります。

ただし、契約違反と見なされるといった問題がある場合などには、保険金はおりないことを覚えておきましょう。

火災保険の補償対象となるためには、上記で説明した条件をしっかりと確認してから申請するようにしましょう。

火災保険で屋根修理を行う際に覚えておくべき知識

火災保険で屋根修理を行う際に覚えておくべき知識
火災保険で屋根修理をする際には、以下の2点を覚えておきましょう。

基本的に何回でも、火災保険を利用した屋根修理ができる
・契約者が保険金の申請をする

それぞれのポイントの内容を、わかりやすく説明していきましょう。

基本的に何回でも、火災保険を利用した屋根修理ができる

火災保険は、保険期間内で補償条件をクリアしていれば、基本的に何度でも申請可能です。
また、一般的には、何度申請しても保険料は上がりません。

ただし、補償対象の建物が火災や災害などによって消失するといったことが起こった場合には、保険契約が終了となります。

契約者が保険金の申請をする

火災保険の保険金の申請は、基本的に契約者が行わなければ契約違反となります。
火災保険の申請代行を行っている会社もありますが、保険金の申請まで任せると、規約違反となり補償が受けられなくなることが一般的です。

もしも代行業者が保険金の申請も行うという場合には、詐欺の可能性もあるため利用は避けるようにしましょう。
業者からは書類の作成やアドバイスを受けるだけにして、申請は契約者が行うようにしましょう。

以下の表に、覚えておきたいポイントをまとめました。
ポイント内容
火災保険は基本的に何度でも申請可能・条件を満たせば基本的に何度でも申請可能
・一般的には何度申請しても保険料の変更はない
申請は契約者本人・火災保険の申請は契約者本人
・違反した場合は補償対象外

火災保険を使った屋根修理について
\地元の業者に相談したい!/

火災保険を利用した屋根修理工事は、どのような業者に依頼すべき?

火災保険を利用した屋根修理工事は、どのような業者に依頼すべき?
火災保険を使った屋根修理を依頼する際、以下の3つのポイントを押さえて業者選びをするようにしましょう。

・火災保険を使用する屋根修理の工事の実績があるか確認する
・工事の見積もりを複数社に依頼する
・見積書の内容が丁寧かチェックする

それぞれのポイントの内容を、詳しく解説していきます。

火災保険を使用する屋根修理の工事の実績があるか確認する

火災保険を使用する屋根修理が未経験の業者に依頼した場合、書類に関するミスや施工の間違いなどがあり、最悪の場合、保険金が受け取れないという事態になることもあるかもしれません。

保険金の申請方法などを熟知していて、実績がある業者に、修理を依頼しましょう。

屋根修理の工事の相見積もりを行う

一般的に、工事の見積もりを複数社に依頼することを「相見積もり」といいます。
相見積もりを行うことで見積書を比較でき、より適切な業者を選びやすくなります。

屋根修理の工事にかかる費用などを比較して、詐欺の防止につなげましょう。

見積書の内容が丁寧かチェックする

相見積もりしてみて、見積書の内容が丁寧な会社は優良業者である可能性が高いです。
工事価格では、使用する材料や建材、施工する内容別に費用を細かく分けて記載されているか確認しましょう。

また、施工内容に不要な工事が含まれていないかチェックすることをおすすめします。
不要な工事を勝手に追加されて、費用を水増しする詐欺を行う悪徳業者もいるためです。
施工内容や工事価格で疑問点があれば、そのままにせず必ず業者に問い合わせるようにしましょう。

基本的には条件に合えば、火災保険を使って屋根修理できる!

基本的には条件に合えば、火災保険を使って屋根修理できる!
補償の条件と合えば、火災保険を使って屋根修理の工事ができる可能性が高いです。
費用の負担を減らすことができるでしょう。

ただし、火災保険が適用となるためにはさまざまな条件があるため、きちんと確認してから申請をしてください。

また、屋根の修理工事を行う際には、失敗を防ぐためにも、優良業者へ依頼するようにしましょう。

最後に、今回の内容を簡単にまとめてみましたので、ご確認ください。

どのような災害による被害の屋根修理工事で、火災保険が使えることが多いですか?
「風災」などいくつかの災害で受けた被害による屋根修理に、火災保険が使えることが多いです。災害の例は、こちら
火災保険の保険金申請を業者に代行してもらうことはできますか?
契約者以外が申請を行うと、規約違反となり、基本的には補償が受けられなくなります。詳しくは、こちら
火災保険を使った屋根修理の依頼をする場合、そのような経験のない会社に依頼してもよいでしょうか?
経験のない会社に依頼をすると、書類のミスなどをする可能性もあり、最悪の場合、保険金を受け取れないことも考えられます。詳しくは、こちら
更新日:

無料

厳選された
地元の業者を手間なく徹底比較!

関連記事

外壁塗装には火災保険が適用される?実は台風や屋根の雨漏りにも対応!

住宅の火災保険の適用範囲は、皆さんが思っているよりももっと広いかもしれません!基本的に、住宅の火災保険は、火災だけでなく台風などの自然災害にも対応しています。ま...

屋根の葺き替え工事の費用相場は、いくら?リフォーム時のポイントや屋根材の価格、見積もり方法も説明!

「屋根の葺き替え工事の際の費用を知りたい」「リフォーム費用が分からないので、見積もりを取ってみたい」このようにお悩みの方も多いでしょう。屋根材には、トタン、スレ...

屋根を重ね葺き(カバー工法)はどんな家に最適?費用や注意点も紹介!

「屋根の重ね葺き(カバー工法)の特徴を知りたい」「重ね葺きする際の費用相場を知りたい」こういった考えを持っている方は多いでしょう。この記事では、屋根を重ね葺きす...

屋根塗装工事の費用相場を工程ごとにチェック!安くするコツもわかる!

「屋根塗装の相場を知りたい」「工事費用を安くする方法を知りたい」こういった悩みはありませんか?この記事では、屋根塗装にかかる費用の相場や安くするコツなどを紹介し...

【2021年最新版】外壁塗装で助成金や補助金は使える?条件・申請の流れや注意点!安く抑えるコツは?

家の外壁塗装リフォームは、費用が何十万円以上もかかる上、10~15年ごとに必要となるため、できるなら安く済ませたいもの。外壁/屋根塗装をお得に実施するため「助成...