申し込み


トップ

> 瓦屋根の修理はどんなときに必要?施工方法や工事価格の相場などを詳しく解説!


瓦屋根の修理はどんなときに必要?施工方法や工事価格の相場などを詳しく解説!

ご自宅の屋根が瓦の場合、どんなときに修理が必要になるか気になっている方も多いことでしょう。瓦屋根の修理と聞くと、大掛かりな工事で費用もかかってしまうのではないかと不安になることがあるかもしれません。そこで、この記事では瓦屋根の修理について以下のような情報を詳しく解説していきます。瓦屋根の修理について基礎情報を持っておくことで、実際に施工が必要となった際、工事の失敗や詐欺にあうことを避けられるでしょう。

この記事の目次

  • 1瓦屋根の修理を行うタイミング
  • 2瓦屋根の修理の方法
  • 3瓦屋根の修理にかかる費用相場
  • 4瓦屋根の修理の費用をできるだけ抑える方法
  • 5瓦屋根の修理はDIYできるか?
  • 6瓦屋根の修理を依頼する業者の選び方
  • 7瓦屋根の修理は優良業者に依頼して耐久性を高く保とう!

瓦屋根の修理を行うタイミング

瓦屋根の修理はどんなときに必要?施工方法や工事価格の相場などを詳しく解説!
瓦屋根の修理を行うタイミングは、主に以下の2つのようなときです。

・耐用年数が近づいたとき
・劣化症状が出てきたとき

瓦屋根の耐久性を維持したり、雨漏りを防いだりするためには、適したタイミングで修理を行わなければなりません。
瓦屋根の修理が必要なタイミングについて、それぞれ詳しく解説していきます。

耐用年数が近づいたとき

耐用年数が近づいたとき
瓦屋根の耐用年数が近づいてきたら、破損や雨漏りが起こる前に修理するようにしましょう。
瓦屋根の耐用年数は、セメント瓦の場合は30年ほど、粘土瓦ではおよそ50年です。


ご自宅の瓦屋根がいつ施工されたか確認して、耐用年数が近づいている場合には早めに修理するようにしましょう。

劣化症状が出てきたとき

劣化症状が出てきたとき
瓦屋根に劣化症状が出てきたら、雨漏りしたり、瓦の落下事故が起きたりする可能性が高いため早めに修理するようにしましょう。
瓦屋根の劣化症状には、主に以下のような状態が見られます。

・瓦の塗装の剥がれや色あせ
・瓦のヒビ割れや破損
・瓦のズレ
・漆喰の割れや崩れ

漆喰とは主に、屋根の頂上部分にあり、棟瓦と接する「屋根瓦」を接着するための材料をいいます。
棟瓦と屋根の隙間から雨が内部に入り込むことを防ぐ役割があります。

上記のような劣化症状が見られたら、瓦屋根の修理タイミングです。

瓦屋根の修理の方法

瓦屋根の修理の方法
瓦屋根の修理の方法は、施工方法によって以下の3つに分けられます。

・部分補修
・葺き直し
・葺き替え

それぞれの修理の方法を、詳しく解説していきます。
部分補修では、破損の状況に合わせた修理方法を説明しましょう。

部分補修

部分補修
瓦屋根の部分補修では、主に以下の3つの症状別に工事を行います。

・瓦のヒビや割れ
・漆喰の破損や劣化
・瓦の釘浮き

それぞれの劣化症状に合わせた修理方法を解説していきましょう。

瓦のヒビや割れ

瓦にヒビや割れが発生した場合、コーキングでの修理か交換となります。
コーキング修理とは、主に樹脂系の目地材で隙間を塞ぐ方法をいいます。

瓦の軽微なヒビや割れは基本的にコーキングで補修できますが、雨水の流れを防いだり、施工不良となったりする場合があるため、交換がおすすめです。

漆喰の破損や劣化

漆喰の破損や劣化が見られた場合、新しく施工し直すことが多いです。
既存の漆喰を取り除き、新たに塗り直してもらうとよいでしょう。

また、漆喰が破損したり劣化したりしている場合には、「葺き土」の状態も確認しておきましょう。
葺き土とは、主に、屋根の頂上にある棟瓦を固定するための土台の土を指します。

漆喰が破損していると、葺き土が雨にさらされて外に流れ出る可能性があります。
漆喰の修理をする際は、葺き土の状態もチェックして必要であればメンテナンスしましょう。

瓦の釘浮き

雨風や地震、経年劣化などによって瓦の釘浮きが起きた場合は、新しく打ち直すようにするとよいでしょう。
瓦の釘浮きを放置していると、瓦が破損したり落下したりする可能性があります。
大きな事故が起きる前に、早めに修理するようにしましょう。

瓦屋根の修理について
\地元の業者に相談したい!/

葺き直し

葺き直し
瓦屋根の葺き直しとは、主に、既存の瓦を丁寧に取り除き、下地のメンテナンス後に元に戻す修理方法のことを指します。

瓦の耐用年数は数十年と長いことが多いですが、下地や防水シートが先に劣化してしまう可能性が高いため、定期的に葺き直しを行うのが一般的です。

葺き直しのメリットは、基本的に既存の瓦を元に戻すため、材料費が抑えられやすいことです。
デメリットとしては、既存の瓦を再利用した際に、見た目では修理したことがわかりにくいことが挙げられます。

葺き替え

葺き替え
瓦屋根の葺き替えとは、主に、既存の瓦を取り除き、新しい屋根材を設置する修理方法のことをいいます。
瓦屋根から別の瓦だけでなく、違う屋根材に変更する場合もあります。


葺き替えのメリットは、新しい屋根材を設置するため外観が美しくなることと、下地も補修するため全体的に耐久性が向上することです。

デメリットは、基本的に新しい屋根材に交換するため、葺き直しよりも工事費用が高くなりやすいことです。

瓦屋根の修理にかかる費用相場

瓦屋根の修理にかかる費用相場
瓦屋根の修理にかかる費用相場は、葺き直しの場合は1平方メートルあたり3,000円ほどで、葺き替えは1平方メートルあたり約11,000円です。

以下にて、瓦屋根の修理にかかる費用相場をわかりやすく一覧表にしてまとめました。
瓦屋根の修理を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。
瓦屋根の修理内容費用相場
破損瓦の撤去と差し替え(部分補修)50,000円ほど(16枚まで)
漆喰直し(片面)27,000円ほど(5メートルまで)
葺き直し3,000円ほど(1平方メートルあたり)
葺き替え11,000円ほど(1平方メートルあたり)

瓦屋根の修理の費用をできるだけ抑える方法

瓦屋根の修理の費用をできるだけ抑える方法
瓦屋根の修理費用は、以下の2つのポイントを確認しておくと安く抑えられる場合があります。

・自社施工の業者に依頼する
・火災保険で修理する

それぞれのポイントについて、詳しく内容を解説していきましょう。

自社施工の業者に依頼する

自社施工の業者に依頼すれば、中間マージンがかからずに費用を安く抑えられることが多いです。
自社施工の業者は契約から現地調査、施工まですべて社内で行うため、基本的に仲介手数料が不要です。

自社施工ではなく下請けに依頼する可能性が高い会社として、工務店やハウスメーカーなどが挙げられます。
自社施工してくれる会社は、地域密着型の瓦業者が多いです。

瓦屋根の修理を依頼する際は、地域で活躍している専門業者を選ぶようにしましょう。

火災保険で修理する

火災保険の補償対象となれば、瓦屋根の修理費用が保険金でカバーできる場合があります。
火災保険で瓦屋根を修理するための条件は、主に以下の3つです。

・風災や雪災などによる被害
・修理費用が20万円以上
・破損の被害に遭ってから3年以内

保険会社によって条件が異なるため、加入している火災保険の補償内容を確認するようにしましょう。


瓦屋根の修理について
\地元の業者に相談したい!/

瓦屋根の修理はDIYできるか?

瓦屋根の修理はDIYできるか?
瓦屋根の修理はDIYでできる場合もありますが、高所作業となるため危険です。
また、施工不良となれば雨漏りしたり、破損箇所が悪化したりするため、専門業者へ依頼した方が安心です。

瓦屋根の修理を依頼する業者の選び方

瓦屋根の修理を依頼する業者の選び方
瓦屋根の修理を依頼する際の、優良業者の選び方を紹介します。
瓦屋根の修理は優良業者に依頼することで、施工不良を避けられるでしょう。
優良業者の選び方は、主に以下の3つです。

・相見積もりする
・現場調査が丁寧かチェックする
・アフターサービスがあるか確認する

それぞれの選び方について、具体的な内容を解説していきます。

相見積もりする

相見積もりして、相場に近い見積もりを出した業者を選びましょう。
相見積もりとは、主に複数の会社に同じ工事内容と条件で見積もりを出してもらうことを指します。

複数の会社の見積もりを比較できるため、費用や工事内容を比べながら依頼するのに最も適した業者を選べるでしょう。
相見積もりは、少なくとも2~3社に依頼するようにしましょう。

現場調査が丁寧かチェックする

修理の依頼後、現地調査が丁寧に行われていれば安心して任せられる業者です。
優良業者であれば、屋根の破損状況や屋根材の種類の確認、施工面積の測定などを丁寧に行います。
周辺の環境や、駐車スペースの有無などもチェックします。

悪徳業者の場合、屋根の表面だけ簡単に調査して工事を行い、施工不良となる可能性もあるのです。
現地調査は工事をスムーズに、かつ屋根を正確に修理するためにも重要な工程です。
業者がどのように現地調査を行っているか、確認するようにしましょう。

アフターサービスがあるか確認する

瓦屋根の修理後に、定期点検や保証などのアフターサービスがある業者は優良業者の可能性が高いです。
屋根修理を行う施工業者の中には、独自の保証を用意している会社もあります。

ただし、保証があるからと安心せずに、内容をきちんと確認するようにしましょう。
業者によっては、保証内容が不十分で、もしもの際に対応してもらえないという場合もあるのです。
また、免責事項も確認しておくようにしましょう。

瓦屋根の修理は優良業者に依頼して耐久性を高く保とう!

瓦屋根の修理は優良業者に依頼して耐久性を高く保とう!
瓦屋根は耐用年数が長いというメリットがありますが、雨風や地震などの衝撃で破損することがあります。
さらに、経年劣化によって瓦が落下してしまうと、大きな事故につながる可能性もあります。

瓦屋根は、耐用年数よりも前に劣化症状が見られたら早めに修理するようにしましょう。

また、瓦屋根の修理は優良業者に依頼して施工すると、耐久性を高く保てるため安心です。
今回の記事を参考に、瓦屋根の修理を安心して任せられる優良業者を選ぶようにしましょう。

最後に、今回の内容を簡単にまとめてみましたので、ご確認ください。

漆喰が破損や劣化をしている場合、どのような修理が必要ですか?
既存の漆喰を除去して塗り直すのが一般的です。
また、葺き土にも問題が出ている可能性があるため、葺き土の状態も併せて確認しましょう。葺き土については、こちら
瓦の葺き替えを行う際に、気を付けたほうがよいことは何ですか?
一般的には新しい屋根材へと交換するため、瓦の葺き直しと比較すると、費用が高くなる可能性があることです。費用については、こちら
瓦屋根修理の費用を抑えたいのですが、ハウスメーカーに依頼すると安く済みますか?
ハウスメーカーなどは下請けに施工を依頼する可能性が高く、中間マージンがかかり費用も高くなることが多いです。安く済む傾向のある業者については、こちら
更新日:

無料

厳選された
地元の業者を手間なく徹底比較!

関連記事

屋根を重ね葺き(カバー工法)はどんな家に最適?費用や注意点も紹介!

「屋根の重ね葺き(カバー工法)の特徴を知りたい」「重ね葺きする際の費用相場を知りたい」こういった考えを持っている方は多いでしょう。この記事では、屋根を重ね葺きす...

屋根塗装工事の費用相場を工程ごとにチェック!安くするコツもわかる!

「屋根塗装の相場を知りたい」「工事費用を安くする方法を知りたい」こういった悩みはありませんか?この記事では、屋根塗装にかかる費用の相場や安くするコツなどを紹介し...

屋根工事の種類やタイミングとは?かかる費用相場も詳しく紹介!

「屋根をメンテナンスするための工事には、どのようなものがあるのか知りたい」「屋根工事はどのようなタイミングで行うべきだろう」屋根の劣化が気になってくると、このよ...

屋根の葺き替え工事の費用相場は、いくら?リフォーム時のポイントや屋根材の価格、見積もり方法も説明!

「屋根の葺き替え工事の際の費用を知りたい」「リフォーム費用が分からないので、見積もりを取ってみたい」このようにお悩みの方も多いでしょう。屋根材には、トタン、スレ...

8種類ある屋根材を徹底比較!選ぶポイントや価格・耐用年数も解説!

「どの種類の屋根材が自分に合っているか知りたい」「屋根材の種類ごとの耐用年数や価格を知りたい」こういった考えをもつ方は多いでしょう。この記事では、屋根材の選び方...

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。