申し込み


トップ

> サイディングのひび割れを補修する方法とは?かかる費用相場や予防法なども解説


サイディングのひび割れを補修する方法とは?かかる費用相場や予防法なども解説

サイディングの外壁にひび割れが起きて修理したいとお考えの方の多くは、費用や補修方法が気になることでしょう。外壁の破損を放置しておくと雨が浸入する可能性があるため、できるだけ早く対処したいですよね。そこで、今回の記事ではサイディング外壁に発生したひび割れの補修について以下の内容を詳しく紹介します。記事を読むことで、サイディングに発生したひび割れを補修する方法や費用、再発を防ぐ手段を確認していただけます。サイディングのひび割れにお悩みの方は、ぜひ最後までご覧になってください。

この記事の目次

  • 1サイディング外壁のひび割れを補修する方法
  • 2サイディング外壁がひび割れを起こす原因
  • 3サイディングのひび割れ補修にかかる費用相場
  • 4サイディング外壁のひび割れを防ぐ方法
  • 5サイディングのひび割れは定期的なメンテナンスで再発を防ごう

サイディング外壁のひび割れを補修する方法

サイディングのひび割れを補修する方法とは?かかる費用相場や予防法なども解説
サイディング外壁に発生したひび割れを補修する際は、以下のような2つのシチュエーションに合わせて行います。

・外壁材のひび割れ
・シーリングのひび割れ

それぞれのシチュエーションに合った補修方法を、詳しく解説していきます。

外壁材に発生したひび割れ

外壁材に発生したひび割れ
外壁材に発生したひび割れは、シーリング材を使用して補修するのが一般的です。
シーリング材とは、隙間を埋めて防水性や気密性を高めるための充填剤のことをいいます。


外壁材のひび割れの補修は、一般的に以下の流れで行われます。

・ひび割れ箇所をV字に削る
・ひび割れ箇所を掃除する
・プライマーを塗る
・シーリング材を注入する
・モルタルで表面を整える
・塗装する


ひび割れ箇所をV字に削ることで、シーリング材を注入しやすくなります。
プライマーとは、下地とシーリング材の密着性を上げるために使用される下塗り材です。


シーリング材の上から、外壁の仕上げ材であるモルタルを塗布して表面を整えます。
最後に、防水性を高めるために塗装を施したら、基本的に補修は完了です。

シーリングに発生したひび割れ

シーリングに発生したひび割れ
シーリングに発生したひび割れの補修方法には、以下の2つがあります。

・打ち替え
・打ち増し

シーリング(コーキング)部分とは、サイディング外壁同士の隙間を埋めるために充填剤を注入した箇所です。
経年劣化や建物の揺れなどによって、破損したり欠けたりすることがあります。

そのため、症状に合った方法で補修を行わなければいけません。
2つの補修方法を詳しく解説していきますので、ぜひ確認してみてください。

打ち替え

打ち替えは、すでに施工されている外壁のシーリング部分をすべて取り除き新しい充填剤を注入していく方法になります。
一般的な施工の流れは、以下の通りです。

・外壁のシーリングを撤去する
・掃除して表面をきれいにする
・養生する
・プライマーを塗る
・新しい充填剤を注入する
・表面を押さえながらならす

基本的に、プライマーを塗る前に、補修箇所の周囲が汚れないよう、養生を行います。

また一般的に、注入したシーリングの中の空気を抜くためにも、最後にヘラを使って表面を押さえながらならす作業が必要です。
打ち替えをすると施工部分が新しくなるため、外壁の防水性や耐久性が上がるでしょう。

打ち増し

打ち増しは、すでに施工されているシーリングの上から新しい充填剤を被せながら注入していく方法です。
打ち増しでの補修は、一般的に以下のような流れで行われます。

・養生する
・プライマーを塗る
・新しい充填剤を注入する
・ヘラで表面を押さえてならす

既存のシーリング部分がひどく劣化していない場合は、基本的に打ち増しでの補修が可能です。
しかし、ひび割れを起こしている場合は、耐久性の観点からも打ち替えで補修するのが一般的となります。

打ち増しは、既存のシーリングが撤去しにくい箇所の補修で行われることが多い方法です。
例えば、窓のサッシ周辺や、外壁が直角に交わる部分の入隅(いりずみ)などのシーリングの補修に採用されることがあります。

サイディングのひび割れの補修について
\地元の業者に相談したい!/

サイディング外壁がひび割れを起こす原因

サイディング外壁がひび割れを起こす原因
サイディングの外壁がひび割れを起こす原因は、主に以下の4つが考えられます。

・外的要因
・天候
・地震
・衝撃

それぞれの原因の具体的な内容を解説していきましょう。
外壁がサイディング素材という方は、ぜひチェックしてみてください。

外的要因

外的要因
紫外線や風雨などの刺激によって、サイディングはひび割れを起こす場合があります。
長い間、紫外線や風雨にさらされた外壁は小さなキズが増えて、最終的にひび割れを起こすケースがあるのです。

そのため、定期的に点検を行い、色あせや小さなキズが発生していないか確認しておきましょう。

また、10年前後のペースで外壁塗装をして紫外線や風雨からの刺激を保護するようにしておくとよいです。

天候

天候
サイディングは、暑さや寒さによってひび割れが起きる場合があります。
気温が高いときは外壁やシーリング部分は膨張して、寒くなると収縮する傾向があり、膨張と収縮を繰り返すと、ひび割れを起こしやすくなってしまうのです。

外壁やシーリングが膨張と収縮を繰り返した場合は、基本的に新しい部材への交換や塗装が必要となります。
雨漏りが発生する前に、早めに症状に気づき、補修を行うようにしましょう。

地震

地震
地震による建物の揺れが原因で、サイディング外壁がひび割れを起こすケースもあります。
日本は地震が多く発生する国です。
そのため、耐久性の高いサイディング外壁だとしても、ひび割れしてしまう可能性があります。

地震が発生した際は、外壁にひび割れている箇所がないか確認しておきましょう。

衝撃

衝撃
窓の開け閉めによってサッシが衝撃を受けて、サイディング外壁がひび割れを起こす場合もあります。

窓のサッシを設置することで外壁に負荷がかかっているため、普段の窓の開け閉めによって衝撃を受け続けると、外壁がひび割れを起こすケースもあるのです。

窓の開け閉めはできるだけ静かに行い、サッシに強い衝撃を与えないようにしましょう。

また、定期的に外壁がひび割れていないかの点検を行うことで、悪化を防げる可能性が高いです。
ただし、2階以上の窓のサッシ周辺の点検は高所で危険なので、専門業者に依頼して確認してもらいましょう。

サイディングのひび割れ補修にかかる費用相場

サイディングのひび割れ補修にかかる費用相場
サイディングに発生したひび割れの補修に必要となる費用相場を解説します。

外壁のひび割れ補修にかかる費用は、クラックの幅が0.2㎜以下で、破損の状況が深刻ではない場合によく採用されるシール工法の場合、1mあたりおよそ320円です。

また、クラックの幅が0.3㎜以上の場合に使われることが多い、Uカットシール工法の場合は、1mあたり1,700円ほどが相場となるでしょう。

ただし、ひび割れの範囲や深さ、施工箇所などによって費用は変わります。

また、シーリングでの打ち替えでは、1mあたり1,260円ほどが費用相場です。
打ち増しの場合は、1mあたりおよそ900円となります。

それぞれの補修方法の費用相場を表にして以下にまとめました。
サイディング外壁の補修を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。
補修方法補修費用
外壁のひび割れ補修シール工法:およそ320円/m
Uカットシール工法:およそ1,700円/m
打ち替え(シーリング部分)およそ1,260円/m
打ち増し(シーリング部分)およそ900円/m

サイディングのひび割れの補修について
\地元の業者に相談したい!/

サイディング外壁のひび割れを防ぐ方法

サイディング外壁のひび割れを防ぐ方法
サイディングの外壁にひび割れが発生するのを防ぐためには、外壁塗装とシーリングの打ち替えを定期的に行っておくことをおすすめします。

外壁が劣化する前に塗装しておくで、サイディングの耐久性や防水性を高められるでしょう。
また、シーリングが劣化する前に打ち替えを行えば、ひび割れを防いで雨水の浸入を防ぐことにつながります。

サイディング外壁のひび割れを防ぐためには、定期的に外壁を点検して劣化が起きていないか確認することが大切です。

外壁に色あせや髪の毛サイズのひび割れであるクラックなどが発生していたら、早めに塗装して補修します。

シーリングは寿命が9~12年程度なので、耐用年数が訪れる前に打ち替えを行うとよいでしょう。

劣化症状が悪化する前にきちんとメンテナンスを行い、サイディングの外壁にひび割れが発生するのをできる限り防ぎましょう。

サイディングのひび割れは定期的なメンテナンスで再発を防ごう

サイディングのひび割れは定期的なメンテナンスで再発を防ごう
サイディングの外壁は、紫外線や何らかの衝撃によって、ひび割れが起きてしまうことも考えられます。

ひび割れは、放置すると雨漏りの発生につながる可能性が高いです。

建物の寿命を短くしてしまうこともあるので、ひび割れが発生したら、早めに対処するようにしましょう。
外壁のひび割れが軽微であれば、充填剤の注入で補修できる可能性が高いです。

しかし、破損がひどければ外壁材の交換となるかもしれません。
補修方法の判断に困ったら、専門業者に相談してみましょう。

また、ひび割れ箇所が悪化しないためにも、点検を定期的に行い、破損があれば補修を行っておくことをおすすめします。
最後に、今回の内容を簡単にまとめてみましたので、ご確認ください。
サイディング外壁のひび割れを補修するには、どのような方法がありますか?
例えばシーリングのひび割れの場合、既存の外壁のシーリングをすべて取り除いて、新しい充填剤を注入する「打ち替え」などの方法があります。
その他の方法については、こちら
サイディングの外壁がひび割れする原因には、どんなものがありますか?
紫外線・風雨などの「外的要因」、窓の開け閉めによる「衝撃」などが挙げられます。
その他の原因については、こちら
サイディング外壁のひび割れ補修は、補修方法によって費用が異なりますか?
例えばシーリングの打ち替えを行う場合の費用は1,260円程度/m、打ち増しを行う場合の費用は900円程度/mです。
このように費用は、補修方法によって異なるので、よく確認しておきましょう。
詳しくは、こちら
更新日:

無料

厳選された
地元の業者を手間なく徹底比較!

プロヌリ LINE公式アカウント

LINEお友達登録で

  • 最新の塗装情報をお届け!
  • LINE限定キャンペーンも開催!

関連記事

サイディング外壁に塗装は不要?費用や塗装時期・業者の選び方などについて解説

新築時に「サイディングは塗装不要」と耳にした方もいらっしゃるかもしれませんが、サイディング外壁には定期的な塗装メンテナンスが必要です。築年数が経った後や様々な劣...

サイディング外壁のメンテナンスフリーは本当か?施工方法や時期について詳しく解説!

サイディングの外壁は「メンテナンスフリー」と言われることが多いですが、実際は定期的にメンテナンスをする必要があります。この記事ではサイディングのメンテナンスを検...

外壁サイディングの劣化を補修するには?費用や工事内容について解説!

外壁に用いられているサイディングに穴が空いたり割れたりする劣化があった場合、補修をしないと雨漏りやシロアリの発生などが起きる可能性があるでしょう。今回はサイディ...

サイディングの張り替えの費用相場は?重ね張り・塗装とも比較しながら解説

築30〜40年ほどが経過した住宅はサイディングを張り替えたり、重ね張りをしたりするケースが多いです。外壁やその内部が劣化している可能性が高く、耐震性に影響を及ぼ...

外壁のクラック補修が必要な理由や手順とは?かかる費用や基礎知識も解説!

「クラック補修の手順やかかる費用相場が知りたい」「クラック補修の際の注意点が知りたい」外壁にクラックが発生した場合、このような悩みを持つ方も多いことでしょう。ク...

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。