申し込み


トップ

> アルミサッシに塗装は必要?タイミングや手順などを詳しく解説


アルミサッシに塗装は必要?タイミングや手順などを詳しく解説

更新日:

「アルミサッシには塗装が必要なの?」「アルミサッシの塗装手順や、塗装の際の注意点について知りたい」窓枠がアルミサッシの住宅はとても多いため、上記のように、塗装によるメンテナンスが必要なのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、アルミサッシの塗装についてわかりやすく解説していきます。アルミサッシの塗装について詳しく知りたいという方は、ぜひ記事を読んでメンテナンスの参考にしてみてください。

この記事の目次

  • 1アルミサッシを塗装する理由
  • 2アルミサッシに塗装をするタイミング
  • 3アルミサッシの塗装手順
  • 4アルミサッシ塗装の費用相場
  • 5アルミサッシを塗装する際の注意点
  • 6アルミサッシ塗装を安心して任せられる優良業者の選び方
  • 7アルミサッシの塗装の専門技術が重要!優良業者へ依頼を

アルミサッシを塗装する理由

戸建てのアルミサッシ
アルミサッシを塗装する理由は、耐久性の維持やイメージチェンジのためです。
アルミサッシとは、主にアルミニウムでつくられた窓枠を指します。

アルミニウムは鉄などに比べると錆びにくく、施工もお手入れもしやすいことがメリットとして挙げられます。
デメリットは、結露が発生しやすいことです。

アルミサッシの塗装は、小さな傷のカバーや腐食の防止につながります。
また、住宅の外観に合わせてアルミサッシのカラーを変えるリフォームを行う場合もあります。

アルミサッシに塗装をするタイミング

塗装されたアルミサッシ
アルミサッシに塗装をするタイミングは、主に以下の4つの症状が現れたときです。

● 劣化
● 色あせ
● チョーキング
● 酸化アルミニウム

それぞれの症状について、詳しく解説していきましょう。

劣化している

劣化したアルミサッシ
アルミサッシの塗膜の剥がれや割れ、傷や錆などが発生したら塗装を行ったほうがよいでしょう。
アルミサッシの塗膜が劣化していると、防水性が落ちて雨漏りの原因にもなります。


また、窓枠であるアルミサッシは傷がつきやすく、雨や結露によって錆やカビが発生する場合があります。
外観を美しく保つためにも、劣化症状が現れたら塗装するようにしましょう。

色あせしている

色あせたアルミサッシ
アルミサッシの塗膜が色あせしていると、雨漏りやカビの発生、腐食の原因になるため塗装することをおすすめします。
また、塗膜が色あせしていると、掃除をしてもカビや汚れが取りにくくなります。


雨漏りや腐食を防ぐだけでなく、見た目をきれいに保つためにも、塗膜が色あせていたら塗装するのがよいでしょう。

チョーキングが発生している

手についたチョーキングの粉
アルミサッシにチョーキングが発生していたら、塗膜が劣化しているため、基本的に塗装が必要です。
チョーキングとは、主に塗膜の表面が白く粉っぽくなる現象のことをいいます。

指でアルミサッシをなぞってみたとき、白いチョークのような粉がつけばチョーキングである可能性が高いです。

チョーキングは一般的に、紫外線や雨などによって塗料の顔料が浮き出ることが原因で発生します。

チョーキングが発生している場合は、塗膜の劣化が進んでおり、防水性が落ちていることが多いため、早めに塗り直しをするとよいでしょう。

酸化アルミニウムが発生している

アルミサッシの掃除の様子
アルミサッシに酸化アルミニウムが発生してしまった場合にも、塗装によるメンテナンスをおすすめします。

酸化アルミニウムとは、主にアルミニウムが酸化した状態のことをいいます。
見た目では、白い斑点のようになって現れます。

酸化アルミニウムを放置していると、カビや汚れが付着し腐食する原因になります。
アルミサッシに白い斑点が現れたら、早めに塗装するようにしましょう。

アルミサッシの塗装について
\地元の業者に相談したい!/

アルミサッシの塗装手順

サッシの塗装のイメージ
アルミサッシの塗装手順は、以下のような流れになります。

● 洗浄
● 下地処理
● 養生
● 下塗り
● 中塗りと上塗り

それぞれの手順の内容を、わかりやすく解説していきます。

洗浄

アルミサッシのゴミや汚れをきれいに除去して洗浄します。
カビやコケが生えていたら、アルミサッシに傷をつけないように主にブラシでこすって洗い落とします。

アルミサッシの汚れがついたままだと、塗装がうまくできないため丁寧に洗浄しなければなりません。

下地処理

アルミサッシと塗料がしっかりと密着するように、下地処理を行います。
傷や錆があれば、サンドペーパーなどで補修します。

アルミサッシの塗装がきれいに仕上がるかは、丁寧な下地処理にかかっているといっても過言ではありません。

養生

塗料がアルミサッシの周辺を汚さないように、養生します。
養生を丁寧に行っていないと、塗料が飛び散って周辺を汚して掃除の手間が増えます。

また、塗装する際も周辺を汚さないようにと気が散ってしまい、施工不良が起きてしまう可能性もあるのです。

塗装工事を成功させるためには、丁寧な養生も重要な作業です。

下塗り

アルミサッシに塗膜がきれいにくっつくよう、下塗りを行います。
下塗りを行うことで、塗膜の強度も高まります。

中塗りと上塗り

下塗りが乾燥したら、中塗りと上塗りを行います。
基本的に、中塗りと上塗りは同じ塗料を使用します。

アルミサッシだけでなく、外壁や屋根塗装の際も基本的には3回塗りを行います。
下塗り後に中塗りと上塗りを行うと、塗料の耐久性を維持や色ムラの防止につながります。

アルミサッシ塗装の費用相場

サッシの塗装のイメージ
アルミサッシ塗装の費用相場は、およそ1~7万円です。
ただし、塗装箇所や使用する塗料などによって費用は異なります。

また、アルミサッシの交換は30~50万円ほどかかります。

アルミサッシが劣化していても、メンテナンスの方法が塗装の場合は工事費用を抑えられることが多いです。
一度、業者に相談してみるとよいでしょう。

アルミサッシのメンテナンスにかかる費用相場を、わかりやすく表にまとめました。
メンテナンス方法費用相場
塗装1~7万円
交換30~50万円

アルミサッシの塗装について
\地元の業者に相談したい!/

アルミサッシを塗装する際の注意点

サッシの塗装のイメージ
アルミサッシを塗装する際の注意点は、主に以下の3つです。

● アルミサッシと塗膜の密着性を上げる
● 基本的にコーキングもメンテナンスする
● 劣化が激しい場合は交換が必要なこともある

それぞれの注意点について、詳しく解説していきましょう。

アルミサッシと塗膜の密着性を上げる

アルミサッシを塗装する際は、塗膜の密着性を上げるために、下地処理や下塗りを丁寧に行うようにしましょう。

アルミニウムは木材や鉄材と比べると塗装が剥がれやすいです。
丁寧な下地処理を行うことで、アルミサッシと塗膜の密着性が上がり、耐久性が高まります。

基本的にコーキングもメンテナンスする

アルミサッシを塗装する際は、コーキングも同時にメンテナンスして雨漏りを防ぐようにするとよいでしょう。

アルミサッシのコーキングとは、主に窓枠の周囲に施されている目地材です。
窓枠の防水性を高める役割をしています。

コーキングは、経年劣化や結露などによって裂けたりカビが生えたりすることがあります。
アルミサッシを塗装メンテナンスする際に、コーキングも同時に補修することで、見栄えがよくなり耐久性も上げられるでしょう。

劣化が激しい場合は交換が必要なこともある

アルミサッシの劣化が激しい場合、サッシ自体を交換してしまったほうがよいこともあります。

劣化の激しいアルミサッシをそのままにしておくと、窓が変形したり雨漏りしたりする可能性があります。

塗装か交換かの判断が難しい場合には、専門業者に相談するようにしましょう。

アルミサッシ塗装を安心して任せられる優良業者の選び方

サッシ塗装の業者のイメージ
アルミサッシ塗装を安心して任せられる優良業者を選ぶ際は、以下の2つのポイントを押さえておきましょう。

● 工事の相見積もりをしてみる
● 施工実績が豊富か確認する

それぞれのポイントについて、具体的な内容を説明していきます。

工事の相見積もりをしてみる

工事の相見積もりをして、施工内容や価格を複数社と比較するようにしましょう。
相見積もりとは、複数の業者に同じ依頼内容で見積もりを出してもらうことです。

相見積もりすることで、費用相場に近い価格で工事を依頼できるだけでなく、悪徳業者による詐欺を未然に防ぐこともできるでしょう。

施工実績が豊富か確認する

アルミサッシの塗装の相談をする際、業者の施工実績は豊富かどうか確認するようにしましょう。
特に、アルミサッシへの塗装実績はあるかをチェックしておきましょう。

施工実績が豊富な業者は、技術力が高いだけでなく、顧客からの信頼も厚いと考えられます。

アルミサッシの塗装の専門技術が重要!優良業者へ依頼を

戸建てのアルミサッシ
アルミサッシの塗装の際に、塗料が剥がれにくくするためには専門技術が重要となります。
アルミサッシの耐久性を維持するためにも、塗装は優良業者へ依頼するようにしましょう。

また、アルミサッシの劣化が激しい場合は、無理して塗装するのではなく、交換することを検討しましょう。

塗装か交換か迷った場合も、優良業者に相談して、適切なメンテナンスを行うことをおすすめします。

最後に、今回の内容を簡単にまとめてみましたので、ご確認ください。

アルミサッシの塗装のタイミングは、どんなときですか?
「アルミサッシの塗膜が剥がれている」「アルミサッシにチョーキングが発生している」といったときが塗装のタイミングです。
詳しくは、こちら
アルミサッシを塗装する場合の注意点を教えてください。
「丁寧に下地処理を行い、アルミサッシと塗膜の密着性を高められるようにする」「塗装と同時にコーキングもメンテナンスする」ことなどです。
詳しくは、こちら

無料

厳選された
地元の業者を手間なく徹底比較!

LINE公式アカウント

LINEお友達登録で

  • 最新の塗装情報をお届け!
  • LINE限定キャンペーンも開催!

関連記事

住宅の外装がアルミでも塗装できる?工事手順や費用、DIYできるかも解説!

「サッシやサイディングのアルミ素材は塗装できるの?」「アルミを塗装する方法や費用を知りたい」こういった疑問を持ってはいませんか?この記事では、住宅におけるアルミ...

ガルバリウム鋼板とは?価格や耐用年数、外壁に使用するメリット・デメリットをご紹介

外壁材として人気のガルバリウム鋼板についてご存じでしょうか?この記事では、ガルバリウム鋼板の特徴や価格・メンテナンス方法などを詳しく解説します。また、カバー工法...

金属系サイディングのメリットやデメリットとは?塗装手順やかかる費用なども紹介!

「外壁材を金属系サイディングにした場合のメリットやデメリットが知りたい」「金属系サイディングの塗装手順やかかる費用が知りたい」外壁材が金属系サイディングの場合、...

塗装業者が保有していると安心な資格一覧!業者選びのポイントもチェック

「塗装業者はどのような資格を保有していると信頼できるのか」「優良業者はどのように選べばいいか知りたい」住宅の塗装を業者に依頼する際、このようにお悩みの方も多いこ...

ガルバリウム鋼板の外壁は何色を選ぶべき?きれいに保つ方法も紹介!

外壁や屋根の素材にガルバリウム鋼板を選んだ際、どんな色にしようかと悩む方も多いことでしょう。ガルバリウム鋼板は、アルミと亜鉛合金メッキでつくられた金属板で、シッ...

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。