トップ

> トタン屋根の塗装を塗り替える最適な時期とは?リフォーム方法や費用も紹介!


トタン屋根の塗装を塗り替える最適な時期とは?リフォーム方法や費用も紹介!

トタン屋根は傷やサビができやすく、こまめなメンテナンスが必要な屋根材です。「リフォームする最適な時期が知りたい」「トタン屋根のリフォーム方法が知りたい」このように、トタン屋根をリフォームしたいけど、どのタイミングでリフォームすればいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。トタン屋根は、劣化状況により最適なリフォーム時期が分かります。トタン屋根の再塗装や別の屋根材を検討している方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事の目次

  • 1トタン屋根とは?
  • 2トタン屋根のメリットとデメリット
  • 3トタン屋根をメンテナンスする最適なタイミング
  • 4トタン屋根のリフォーム方法の種類と費用
  • 5まとめ:トタン屋根を最適な時期にリフォームをしよう!

トタン屋根とは?

トタン屋根とは?
トタン屋根とは、住宅や倉庫などに使われている金属屋根のひとつです。
薄い鉄板に亜鉛をメッキしたトタン板で作られており、本来の名称は「亜鉛めっき鋼板葺き」と呼びます。

日本では戦後から普及し、それまで多く使われていた日本瓦に比べて安価で施工期間も短かったため、1950年代には全国各地の住宅で使用されました。
現在では、ほとんどトタン屋根を見かけなくなりましたが、雪に強い屋根として雪国の北海道や東北の住宅に採用されています。

トタン屋根のメリットとデメリット

トタン屋根のメリットとデメリット
トタン屋根には以下のようなメリットとデメリットがあります。
メリットデメリット
・軽量のため建物への負担が少ない
・耐震性が高い
・材料費や施工費が安い
・断熱性が低い
・耐用年数が短い
・傷やへこみ、サビができやすい
・遮音性が低い
以下でひとつずつ解説します。

トタン屋根のメリット

まず、トタン屋根のメリットをご紹介します。

材料費や施工費が安い

トタン屋根の最大のメリットは、材料費や施工費が安いため低コストで工事が可能なことです。
1平方メートルあたり4,500円ほどが相場で、安価な傾向がある金属製の屋根材のなかでも特に安くなっています。

施工も簡単なため、工期が短く、コストを抑えたい方や短期間で工事を完了したい場合に魅力的な屋根材です。

軽量のため建物への負担が少ない

トタン屋根は他の屋根材よりも軽く、建物への負担が少なくなります。
トタン屋根が普及し始める前に主流だった日本瓦の重量と比べると、10分の1程度しかありません。

屋根が軽量なため耐震性が高く、大きな地震が起きても建物に負担がかかりにくいです。

雨漏りしにくい

トタン屋根は、継ぎ目が少ない素材のため、他の屋根材と比べて雨漏りしにくいです。

また、トタン屋根は軽量のため雪が積もっても建物への負担が少なく、雪解け水で雨漏りする心配も少ないので、雪国では重宝する屋根材でもあります。

トタン屋根のデメリット

続いて、トタン屋根のデメリットをご紹介します。

断熱性が低い

トタン屋根は断熱性が低く、夏場は非常に暑く感じてしまいます。
トタンは薄い鋼板でできているため、外部からの熱を通しやすく室内の温度が上昇し、エアコンを使用する頻度が高くなります。

室内の温度上昇を抑えるためには、屋根の断熱リフォームをする必要がありますので、費用がかさんでしまうでしょう。

耐用年数が短い

トタン屋根の耐用年数は、10〜20年程度と他の屋根材に比べて短いです。
トタン屋根は、施工費が安く導入しやすいですが、耐久性が低くサビやすいため、こまめなメンテナンスをしなければなりません。

耐用年数が短いと、塗装やさびとりを何度も行う必要があるため、トータルコストだとかなりの費用となってしまいます。

傷やへこみ、サビができやすい

トタン屋根は、加工性が高いため傷やへこみができやすいです。

また、原材料が鉄なので、表面のめっきや塗膜に傷がついてしまうと、そこからサビが発生してしまいます。
一度サビができてしまうと、一気に屋根全体に広がってしまうため、早期の対応が必要です。

遮音性が低い

トタン屋根は遮音性が低く、雨が降ると雨音がうるさく感じてしまいます。
トタン屋根のような金属屋根材は、薄い素材でできているため、屋根にあたる雨音が室内に反響しやすくなります。

解決策として、遮音性能を持つシートを屋根の下に引くと外部の音が反響しにくくなり雨音が響きません。

トタン屋根をメンテナンスする最適なタイミング

トタン屋根をメンテナンスする最適なタイミング
劣化しやすいトタン屋根ですが、以下の症状が出たらメンテナンスを行う時期の目安となります。

 ・色あせ
 ・チョーキング
 ・コケやカビの発生
 ・ひび割れ
 ・さび
 ・塗膜の剥がれと膨れ

劣化症状がでてきたら、早めにメンテナンスを行いましょう。

色あせ

トタン屋根は、塗膜によって守られていますが、紫外線をうけると劣化し、色褪せてしまいます。

色が変わったりツヤが無くなってきたりした場合は、塗装に含まれる樹脂が劣化しているサインです。
放置しておくとサビが発生して見た目が悪くなるため早めの塗装が大切です。

チョーキング

チョーキングとは、塗膜表面がチョークのような白い粉となって現れる現象です。
雨風や紫外線、気温などの環境によって塗料が劣化すると、チョーキングが発生します。

金属屋根ではチョーキングが起こりやすく、放置しておくと塗膜が一気に劣化してしまうため、屋根をこまめに業者に調査してもらいましょう。

コケやカビの発生

金属であるトタン屋根自体にはコケやカビは発生しませんが、砂やホコリが付着している場合があります。

砂やホコリは水分を含んでいるため、そこにコケやカビが生えてきます。
コケやカビは塗膜の劣化を早めてしまうので、定期的な拭き取りを心がけましょう。

ひび割れ

トタン屋根自体にひびが入っている場合は、早急に塗り替えや補修が必要です。
また、塗膜自体のひび割れであれば、急ぐ必要はありませんが、ひびが広がる前に必ず塗装を行いましょう。

サビ

経年劣化や傷が原因で、めっきが剥がれるとその部分はサビてしまいます。
トタン屋根は、サビが一気に広がる特徴がありますので、早急に塗り替えを行いましょう。

また、サビが進行して穴があいてしまうと、塗装で対応できず大規模な補修が必要になります。

塗膜の剥がれと膨れ

屋根の表面が熱くなりすぎたり冷えすぎたりすると、トタンが膨張や収縮してしまい、塗料が剥がれたり膨らんだりします。

塗膜の剥がれや膨れが発生している場合は、早急に塗り替えが必要です。
塗膜が持つ保護機能が失われており、ほとんど機能していない状態なので、屋根の腐食や雨漏りにつながります。

劣化が進行すると、屋根材の大掛かりな張り替えや修繕が必要となり、塗装よりも多額の費用がかかってしまいますので、早めに対処しましょう。

トタン屋根のリフォーム方法の種類と費用

トタン屋根のリフォーム方法の種類と費用
トタン屋根のリフォーム方法は、主に3つあります。

 ・塗装
 ・カバー工法(重ね葺き)
 ・葺き替え

それぞれの特徴と費用相場をご紹介します。

塗装

屋根塗装とは、既存のトタン屋根の全体を再塗装する方法で、費用相場は25坪で約40〜80万円です。

施工期間は10〜15日ほどで、主にサビの除去などを目的としたリフォーム方法となります。

カバー工法(重ね葺き)

屋根カバー工法とは、既存のトタン屋根を残し新しい下地と屋根を被せる工法で、費用相場は25坪で約80〜120万円となります。

トタン屋根の劣化度が低く、低予算で穴あき修理をしたい方へおすすめです。

葺き替え

屋根葺き替えとは、既存のトタン屋根を取り除いて新しい屋根材に取り替える工法で、費用相場は25坪で140〜250万円ほどです。
葺き替えは、トタン屋根の劣化がひどく塗装では対応できない場合に有効です。

現在は、30年の耐久年数があるガルバリウム鋼板への葺き替えが主流で、トタン屋根ほど頻繁にメンテナンスする必要がありません。

リフォーム方法費用相場
(/25坪)
施工期間
塗装40〜80万円10〜15日
カバー工法80〜120万円5〜10日
葺き替え140〜200万円7〜15日

まとめ:トタン屋根を最適な時期にリフォームをしよう!

まとめ:トタン屋根を最適な時期にリフォームをしよう!
今回は、トタン屋根のメリットやメンテナンスするタイミング、リフォーム方法をご紹介しました。

トタン屋根は、コストパフォーマンスが良くて建物への負担が少ないメリットがあります。
しかし、メンテナンス頻度が高かったり機能性が低かったりとデメリットも多い屋根材です。

トタン屋根はデメリットが目立つため、近年では利用する住宅が少なくなっています。
次回のリフォームを機に、他の屋根材を検討してみてはいかがでしょうか。

更新日:

無料

厳選された
地元の業者を手間なく徹底比較!

関連記事

屋根を重ね葺き(カバー工法)はどんな家に最適?費用や注意点も紹介!

「屋根の重ね葺き(カバー工法)の特徴を知りたい」「重ね葺きする際の費用相場を知りたい」こういった考えを持っている方は多いでしょう。この記事では、屋根を重ね葺きす...

8種類ある屋根材を徹底比較!選ぶポイントや価格・耐用年数も解説!

「どの種類の屋根材が自分に合っているか知りたい」「屋根材の種類ごとの耐用年数や価格を知りたい」こういった考えをもつ方は多いでしょう。この記事では、屋根材の選び方...

ガルバリウム鋼板の屋根の縦葺きとは?メリット・デメリットを解説します

屋根の葺き替えリフォームを検討中の皆様。軽量で耐久力のあるガルバリウム鋼板の屋根へのリフォームをお考えではありませんか?ガルバリウム屋根と一口に言っても、その施...

スレート屋根のカバー工法の費用相場やメリット・注意点を解説!他の屋根工事とも徹底比較!!

スレート屋根の工事でよく行われるカバー工法。名前を聞いた事はあっても、カバー工法の費用相場やメリット、デメリットについてまでは知っている人は少ないのではないでし...

屋根塗装工事の費用相場を工程ごとにチェック!安くするコツもわかる!

「屋根塗装の相場を知りたい」「工事費用を安くする方法を知りたい」こういった悩みはありませんか?この記事では、屋根塗装にかかる費用の相場や安くするコツなどを紹介し...