トップ

> 失敗しない外壁デザインの選び方とは?塗装にかかる費用や注意点なども詳しく解説!


失敗しない外壁デザインの選び方とは?塗装にかかる費用や注意点なども詳しく解説!

「外壁デザインを失敗しないための方法が知りたい」「外壁デザインを変更する際にかかる塗装費用が知りたい」外壁のデザインを変更しようとお考えの方の中には、このようにお悩みの方も多いのではでしょうか。 外壁デザインは、住宅の顔でもあるため失敗は絶対に避けたいところですよね。この記事では、外壁デザインの選び方、人気のカラー、塗装する際の費用相場、注意点などを解説します。外壁デザインを変更する際の基礎知識を持っておくことで、工事の失敗を避けられるでしょう。

この記事の目次

  • 1外壁デザインの選び方
  • 2外壁デザインの人気カラー
  • 3外壁デザインを塗装する際の費用相場
  • 4外壁デザインを変更する際の注意点
  • 5外壁デザインは住宅の顔!塗装は優良業者に依頼するのが安心

外壁デザインの選び方

外壁デザインの選び方
外壁デザインには、以下のようにさまざまなスタイルがあります。

 1.明るい雰囲気のデザイン
 2.スタイリッシュなデザイン
 3.温かみのあるデザイン
 4.シンプルなデザイン
 5.重量感のあるデザイン
 6.モダンテイストなデザイン
 7.エレガントなデザイン
 8.ユーモアのあるデザイン

外壁デザインを選ぶ際、それぞれのタイプがどのように仕上がるか知っておくことで、塗装の失敗を防げます。

以下では、外壁デザインの上記8つのスタイルの仕上がりを解説していきましょう。
塗装依頼する際に、変更したい外壁デザインのイメージを伝えられるよう、ぜひ参考にしてみてください。

1.明るい雰囲気のデザイン

1.明るい雰囲気のデザイン
パッと目を引く明るい雰囲気のデザインは、活気があり、笑顔あふれる住宅をイメージできます。

外壁の色のベースには、白やベージュ、クリーム色などがおすすめです。
差し色に赤などの明るいカラーを入れると、さらにおしゃれなデザインとなります。

2.スタイリッシュなデザイン

2.スタイリッシュなデザイン
スタイリッシュなデザインの外壁は、シンプルながらも洗練された風合いで、おしゃれな雰囲気を醸し出します。

住宅の外壁はシンプルにしたいが、人とは少し違ったかっこいいデザインに仕上げたいという方におすすめです。

3.温かみのあるデザイン

3.温かみのあるデザイン
温かみのあるデザインは、見る人を優しい気持ちにしてくれます。
帰宅する家族がホッと心を落ち着かせるような、ベージュやクリーム色などのやわらかなカラーを使うようにします。

また、優しい色合いのタイル調にすることで、温もりのある雰囲気を演出できるでしょう。

4.シンプルなデザイン

4.シンプルなデザイン
落ち着いたカラー単色で全体を塗装したシンプルなデザインは、どのような住宅にも合いやすいです。
余分なものを排除した、住みやすい家を目指している方におすすめです。

5.重量感のあるデザイン

5.重量感のあるデザイン
黒やダークブルーなど、重さのあるカラーをベースに使ったデザインです。
スタイリッシュさがありつつ、インパクトを与えたいという方におすすめの外壁デザインです。

6.モダンテイストなデザイン

6.モダンテイストなデザイン
現代風でシンプルなモダンテイストのデザインは、主張し過ぎず、しかし生活しやすい住宅を演出できます。

落ち着いたカラーを単色で使うだけではなく、白と黒のツートンデザインもモダンテイストで人気となっています。

7.エレガントなデザイン

7.エレガントなデザイン
白とブラウンのタイル調がよく合い、おしゃれでエレガントなデザインの外壁です。
派手過ぎず、落ち着いた上品さが目を引きます。

ただのツートンではなく、下層をおしゃれなタイル調にすることで、エレガントな雰囲気を演出できるでしょう。

8.ユーモアのあるデザイン

8.ユーモアのあるデザイン
対照的なカラーでツートンに仕上げた外壁は、ユーモアがあって飽きにくいデザインです。

赤と白、またはグリーンと白のように、単色では使いにくい派手な色もツートンにするとおしゃれで上品に仕上がります。

外壁デザインについて詳しい
\地元の塗装業者を探したい!/

外壁デザインの人気カラー

今人気のある外壁デザインのカラーは、以下の6色です。

 ・グレー
 ・ベージュ
 ・ホワイト
 ・ネイビー
 ・ブラウン
 ・ブラック

それぞれのカラーの特徴や、メリットとデメリットを紹介していきます。

グレー

グレー
グレーは、重量感があり高級感が演出できるカラーです。
汚れが目立ちにくく、メンテナンスしやすいというメリットがあります。

単色でもおしゃれに仕上がりますが、地味なデザインに見えることもあります。
そのため、白とツートンにすることで、より垢抜けたデザインとなります。

ベージュ

ベージュ
ベージュはやわらかな雰囲気のあるカラーで、どの世代の方にも人気があります。
しかし、人気なカラーなため多くの住宅に使われており、個性は失われやすいです。

人とは違った外壁デザインにしたい場合には、タイル調にしたり、模様を付けたりするのが良いでしょう。

ホワイト

ホワイト
ホワイトは、明るくパッと目を引くカラーです。
和風、洋風住宅ともに合うカラーなので、使いやすい人気色となります。

しかし、ホワイトは汚れやすいため、掃除や塗り直しなどのメンテナンスがほかのカラーよりも必要となります。

ネイビー

ネイビー
ネイビーは落ち着いた雰囲気のカラーで、現代風の住宅によく合います。
ホワイトと合わせることで、おしゃれで爽やかな雰囲気も演出できます。

暗めなカラーなので汚れにくいですが、砂埃が目立ちやすいというデメリットもあります。
定期的に掃除し、きれいな外観を保ちましょう。

ブラウン

ブラウン
ブラウンも、落ち着いたカラーでどんな住宅にも合わせやすいため人気色となっています。
温かみのある、ナチュラルテイストの外壁に仕上がります。

ブラウンは周囲と調和が取りやすく、汚れが目立ちにくいことがメリットです。
しかし、ツヤが出過ぎるとチープな印象を与えてしまうでしょう。

ブラック

ブラック
ブラックは、シンプルでシックな雰囲気の住宅となります。
重量感のある、落ち着いた印象を与えられるでしょう。

しかし、ブラックは紫外線の影響を受けやすいため、色褪せや塗膜の劣化に注意が必要です。

また、ブラックカラーの外壁は、室内温度が上がりやすくなるデメリットがあります。
そのため、外壁には断熱材を使うことをおすすめします。

人気の外壁カラーのメリットとデメリットを、わかりやすく一覧表にしてまとめました。
人気の外壁カラーメリットデメリット
グレー・落ち着いた雰囲気
・汚れにくい
・地味になりやすい
・暗いイメージになりやすい
ベージュ・優しい風合い
・どの住宅にも合いやすい
・汚れやすい
・ほかの家と被りやすい
ホワイト・明るい雰囲気
・和風、洋風ともに合う
・汚れやすい
・メンテナンスのタイミングが多くなる
ネイビー・おしゃれで爽やか
・汚れにくい
・砂埃が目立ちやすい
・色合いによっては暗くなる
ブラウン・周囲に馴染みやすい
・汚れにくい
・色合いによってはチープさが出る
ブラック・汚れにくい
・重厚感がある
・色褪せや塗膜の劣化が起こりやすい
・室内温度が上がりやすい

外壁デザインについて詳しい
\地元の塗装業者を探したい!/

外壁デザインを塗装する際の費用相場

外壁デザインを塗装する際の費用相場
外壁塗装にかかる費用相場は、1平方メートルあたりおおよそ1,000〜4,500円です。
塗装費用は、使用する塗料や工事の手順によって異なります。


使用する塗料が耐久年数の短いアクリルの場合は安くなり、シリコンやフッ素などは高くなります。

また、塗装方法が手間のかかる「吹き付け」や「スタッコ仕上げ」の場合は費用が高くなります。

吹き付けとは、塗料を特殊な道具で噴射して塗装する方法です。
スタッコ仕上げとは、モルタル外壁にコテやローラーなどを使って特殊な模様を付ける方法です。

外壁デザインを塗装する際の費用の目安を、分かりやすく一覧表にしてまとめました。
工程費用(/㎡)
足場の設置1,120円
高圧洗浄210円
下地調整160~750円
塗装(3回塗り)1,000~4,500円

外壁デザインについて詳しい
\地元の塗装業者を探したい!/

外壁デザインを変更する際の注意点

外壁デザインを変更する際の注意点
外壁デザインを変更する際の注意点は、主に以下の3つです。

 ・イメージをしっかり掴んでおく
 ・汚れやすいカラーとメンテナンス方法を知っておく
 ・優良業者に依頼する

それぞれの注意点について、詳しく解説していきます。

イメージをしっかり掴んでおく

イメージをしっかり掴んでおく
外壁塗装の失敗で一番多いことは、イメージしていたカラーやデザインと違ったということです。

外壁の再塗装は簡単にはできないため、変更する前にしっかりと自分の持つイメージを掴み、業者に相談することが大切です。

汚れやすいカラーとメンテナンス方法を知っておく

汚れやすいカラーとメンテナンス方法を知っておく
外壁は、紫外線や雨風によって汚れやすいため、定期的なメンテナンスが必要です。
特に、ホワイトやベージュなどといった汚れやすいカラーを選んだ場合、定期的に掃除したり塗装したりしなければなりません。

外壁掃除は、基本的にホースで水を流しながらブラシを使って汚れをこすって落とします。

しかし、外壁の素材によってはブラシでこすり過ぎると傷める可能性があるため、掃除は専門の業者に依頼しましょう。
外壁を傷めないためにも、素材やメンテナンス方法を調べておくことをおすすめします。

また、汚れや破損箇所が目立たなくても、目安として外壁は10年ごとに塗装し直すようにしましょう。

優良業者に依頼する

優良業者に依頼する
優良業者に依頼することで、塗装の失敗が防げます。
優良業者を選ぶためのポイントは、以下の2つです。

 ・相見積もりする
 ・訪問営業をしていない業者を選ぶ

それぞれのポイントについて、詳しく解説していきます。

相見積もりする

同じ依頼内容で複数の業者に見積もりを出してもらうことが相見積もりです。
外壁塗装の相見積もりすることで、適正価格での依頼ができ、詐欺を未然に防ぐことができます。

相見積もりすると、業者ごとの費用の内訳もチェックできるため、相場と近い価格での依頼が可能となります。

訪問営業をしていない業者を選ぶ

訪問営業をしていない会社は、安定して顧客が獲得できる、優良業者と言えます。
顧客とのトラブルが少ない、工事に定評がある会社は訪問営業をする必要がないためです。

反対に、トラブルが多く顧客が安定していない業者は訪問営業を行うことが多いため、依頼は避けた方が良いと言えるでしょう。

外壁デザインは住宅の顔!塗装は優良業者に依頼するのが安心

外壁デザインは住宅の顔!塗装は優良業者に依頼するのが安心
外壁デザインを決めることは、住宅の顔を作る大事な作業となります。
外壁のカラーは、実際塗ってみると色合いが異なる場合があります。

そのため、自分が希望しているカラーやデザインを、しっかりと業者に伝えることも失敗しないためのコツです。

「こんなはずではなかった」といった失敗を防ぐためにも、外壁塗装の際は優良業者を選ぶようにしましょう。

更新日:

無料

厳選された
地元の業者を手間なく徹底比較!