申し込み


トップ

> ファイン4Fセラミックとはどんな塗料?メリットやデメリット、塗装の際の注意点などを紹介


ファイン4Fセラミックとはどんな塗料?メリットやデメリット、塗装の際の注意点などを紹介

耐久性が高く、外壁に汚れがつきにくい塗料をお探しの方の中には、「ファイン4Fセラミック」という製品名を耳にすることもあるでしょう。しかし、ファイン4Fセラミックと名前だけ聞いても、どのような塗料かわかりにくいです。この記事では、ファイン4Fセラミックについて、特徴や塗装の際の注意点などをわかりやすく解説していきます。ファイン4Fセラミックの情報をお探しの方は、この記事をぜひチェックしてみてください。

この記事の目次

  • 1ファイン4Fセラミックとは
  • 2ファイン4Fセラミックのメリットとデメリット
  • 3ファイン4Fセラミックの価格
  • 4ファイン4Fセラミックを塗装する際に注意すべきポイント
  • 5ファイン4Fセラミックの塗装を依頼すべき優良業者を選ぶ方法
  • 6ファイン4Fセラミックの塗装の失敗を防ぐため業者選びは慎重に

ファイン4Fセラミックとは

ファイン4Fセラミックとはどんな塗料?メリットやデメリット、塗装の際の注意点などを紹介
ファイン4Fセラミックとは、日本ペイント株式会社が開発、販売している弱溶剤4フッ化フッ素樹脂塗料です。

フッ素樹脂塗料は耐候性や耐久性、耐熱性などに優れており、高い性能を持っているため耐用年数も15~20年と長いです。

また、ファイン4Fセラミックにはセラミック樹脂も配合されており、汚れがつきにくい外壁に仕上がります。

セラミック樹脂を配合することで、塗膜がコーティングされて、汚れがつきにくく、雨で流れ落ちやすくなるのです。

ファイン4Fセラミックは、長期間にわたり劣化しにくく、美しい外観を維持しやすい塗料です。

ファイン4Fセラミックのメリットとデメリット

ファイン4Fセラミックのメリットとデメリット
ファイン4Fセラミックのメリットとデメリットを紹介します。
塗料を選ぶ際は、製品のメリットとデメリットを必ず確認してください。
ご自宅の外壁や環境、また予定しているコストに合うか判断しやすくなるからです。

メリット

メリット
ファイン4Fセラミックのメリットは、主に以下の3つです。

・多くの下地に塗装できる
・長期間きれいな状態の外観を維持しやすい
・メンテナンスの手間が省ける

それぞれのメリットについて、詳しく解説していきます。

多くの下地に塗装できる

ファイン4Fセラミックは、多くの素材の下地に塗装可能です。
ファイン4Fセラミックを塗装できる下地には、以下のような素材があります。

・モルタル
・コンクリート
・ALC
・サイディングボード
・スレート
・鉄
・アルミ
・溶融亜鉛めっき
・ステンレス
・硬質塩化ビニール
・FRP
・PC板

ファイン4Fセラミックは多くの下地に塗装できるため、塗料選びの際に塗装面が合うかの悩みを減らせます。

長期間きれいな状態の外観を維持しやすい

長期間きれいな状態の外観を維持しやすい
ファイン4Fセラミックには防かびと防藻作用もあり、長く外観をきれいに保つ効果が期待できます。
また、親水性も高いため、塗装面に汚れがつきにくく、雨が降ると汚れが流れ落ちやすくなります。

ファイン4Fセラミックは汚れがつきにくいため、短いスパンでの掃除や塗り替えが不要なのも嬉しいポイントです。

メンテナンスの手間が省ける

ファイン4Fセラミックは耐久性が高く、外観を長い期間美しく保つ効果が期待できるため、メンテナンスの手間が省けます。

メンテナンスがあまり必要ないということは、将来的にかかる維持費も削減できる可能性が高いということになります。

ファイン4Fセラミックは、外壁の掃除や塗り替え回数をできるだけ減らしたい、メンテナンス費用を節約したいという方におすすめの塗料です。

ファイン4Fセラミックの塗装について
\地元の業者に相談したい!/

デメリット

デメリット
ファイン4Fセラミックのデメリットは、主に以下の2つです。

・価格が高い
・艶消しタイプがない

それぞれのデメリットについて、詳しく解説していきます。

価格が高い

ファイン4Fセラミックはフッ素塗料なので、他のタイプの塗料に比べて価格が高い傾向にあります。
価格が高い分、高い性能を持つ塗料ではあります。
初期にかける費用に問題がなく、性能の高い塗料を選びたいという方におすすめです。

艶消しタイプがない

ファイン4Fセラミックには艶消しタイプがないため、外壁塗装をマットに仕上げたい方は避けたほうがよいでしょう。

ファイン4Fセラミックで塗装したいが、光沢があり強調された外壁に仕上げたくない方は、「3分つや有りタイプ」を選びましょう。

ファイン4Fセラミックの価格

ファイン4Fセラミックの価格
ファイン4Fセラミックの工事価格は、仕上げ方法によって異なりますが、1平方メートルあたりおよそ2,830~5,230円です。

一般的なフッ素塗料も、1平方メートルあたり3,800~4,800円ほどなので、ほぼ同額となります。

しかし、他の塗料タイプに比べると価格は高めです。

他の塗料タイプの価格と比較しやすくするために、工事価格を一覧表にまとめました。
塗料タイプ工事価格(1平方メートルあたり)
ファイン4Fセラミック2,830~5,230円
アクリル1,500円前後
ウレタン1,700~2,200円
シリコン2,300~3,000円
フッ素3,800~4,800円

ファイン4Fセラミックを塗装する際に注意すべきポイント

ファイン4Fセラミックを塗装する際に注意すべきポイント
ファイン4Fセラミックを塗装する際は、施工不良が起きないように注意しましょう。
塗装方法を間違ったり、施工不良となったりすると、ファイン4Fセラミックの効果が十分に発揮されません。

外壁塗装の施工不良を防ぐためには、優良業者に工事を依頼することをおすすめします。
外壁塗装で優良業者を選ぶための方法を、以下で詳しく解説していきます。

ファイン4Fセラミックの塗装を依頼すべき優良業者を選ぶ方法

ファイン4Fセラミックの塗装を依頼すべき優良業者を選ぶ方法
ファイン4Fセラミックの塗装で施工不良を防ぐためにも、工事を依頼する際は以下の4つのポイントを押さえて優良業者を選ぶようにしましょう。

・見積もりを比較する
・資格を保有している業者を選ぶ
・営業担当者の対応力や人柄をチェックする
・訪問営業をしている業者は避ける

優良業者を選ぶための方法を、それぞれわかりやすく説明していきます。

ファイン4Fセラミックの塗装について
\地元の業者に相談したい!/

見積もりを比較する

見積もりを比較する
複数社の見積もりを比較して、悪徳業者を避けやすくしたり、詐欺に合う確率を減らしたりするようにしましょう。

見積もりを依頼した業者が提示するそれぞれの工事価格や施工内容などを比較することで、依頼するのに最も適した会社はどこかを判断しやすくなります。

見積もりを確認する際は、工事価格は費用相場に近いか、見積書は詳しく記載されているかなどをチェックしてください。

また、見積書の不明な点を業者に問い合わせた際に、きちんと回答が得られない場合は、詐欺の可能性が高いため依頼はしないようにしましょう。

資格を保有している業者を選ぶ

資格を保有している業者を選ぶ
外壁塗装は、資格を保有している業者を選んで依頼するようにしましょう。
外壁塗装の業者は、資格がなくても工事を受注できます。
そのため、スキルアップを目指して、資格を保有している会社は優良業者の可能性が高いでしょう。

塗装業者が保有していると安心な資格は、「塗装技能士」「外壁診断士」「足場の組立て等作業主任者」などです。

塗装技能士は、塗装に関する学科と実技試験に合格すると保有できます。
国家資格の一つで、塗装について知識とスキルを持ち合わせていることの証明になります。

外壁診断士とは、外壁の問題を診断して的確なアドバイスが行える知識を持っていることを認められた資格です。

また、足場の組立て等作業主任者とは、塗装工事の際に安全に足場の設置と解体が行えるように指導する立場の主任になるための資格です。

塗装工事を成功させるためには、安全に、作業しやすい足場の設置が重要なポイントとなります。
足場の組立て等作業主任者は、外壁や屋根工事などを行う業者に保有しておいてもらいたい大事な資格の一つです。

営業担当者の対応力や人柄をチェックする

営業担当者の対応力や人柄をチェックする
営業担当者の対応力や人柄はよいか、チェックしてみましょう。
外壁塗装に関する希望や質問に対して、丁寧に回答してくれるか、こちらが話しやすい雰囲気で対応をしてくれるかで、業者の善し悪しがわかります。

営業担当者の対応が悪い会社は、社員教育がきちんとできていないため、職人の質にも問題がある可能性が高いです。
塗装工事を依頼する際は、営業担当者の対応がよい業者を選ぶようにしましょう。

訪問営業をしている業者は避ける

訪問営業をしている業者は避ける
訪問営業をしている業者は、トラブルが多い可能性が高いため、依頼は避けるようにしましょう。

訪問営業をしている業者は、何らかの理由で顧客が獲得できていない可能性があります。
安定して顧客が獲得できない理由には、依頼主とのトラブルが多かったり、口コミが悪かったりするなどのことが考えられます。

外壁塗装は、実店舗で営業している業者に相談するようにしましょう。

ファイン4Fセラミックの塗装の失敗を防ぐため業者選びは慎重に

ファイン4Fセラミックの塗装の失敗を防ぐため業者選びは慎重に
ファイン4Fセラミックは、高い耐久性を持っていたり、外壁の美観を長く維持しやすかったりするなど、多数の優れた性能が自慢の塗料です。

しかし、塗装を失敗すると優れた性能を発揮できません。

ファイン4Fセラミックの性能をしっかりと発揮させるためにも、今回の記事を参考にして、優良業者を選び工事の依頼をするようにしましょう。

最後に、今回の内容を簡単にまとめてみましたので、ご確認ください。

ファイン4Fセラミックの価格は、安いですか?
ファイン4Fセラミックの価格は、他の塗料のタイプと比較すると少し高い傾向があります。他の塗料との価格の比較は、こちら
外壁塗装業者は、外壁塗装に関する資格を持っていますか?
業者は、外壁塗装に関連した資格を持っていなくても受注が可能です。
外壁塗装関連の資格を持った業者に依頼するようにしましょう。外壁塗装に関する資格については、こちら
訪問営業を行う業者に、塗装を依頼してもよいですか?
訪問営業をする業者は、何らかの原因があって顧客を安定して獲得できていない可能性が高いですので、避けたほうがよいでしょう。詳しくは、こちら
更新日:

無料

厳選された
地元の業者を手間なく徹底比較!

関連記事

外壁塗装に使われる「フッ素塗料」とは?特徴や価格、有名メーカーの商品について解説

フッ素樹脂を配合した「フッ素塗料」をご存知ですか?「フッ素塗料」は、外壁塗装にも使われる塗料で、高性能なことが特徴です。本記事では、フッ素塗料の特徴や価格、他の...

遮熱塗料のサーモアイの特徴とは?メリットやデメリット、価格も紹介!

屋根表面の温度上昇を抑えるため、遮熱塗料を試してみたいと思う方は多いです。しかし、あまり知識がないとどの遮熱塗料を使うべきか悩んでしまいます。それぞれの塗料の特...

注目のラジカル制御型塗料「パーフェクトトップ」(日本ペイント)とは?

外壁塗装業界では「ラジカル制御型塗料」が施工実績のシェアを拡大中です。とりわけ、日本ペイントが販売している「パーフェクトトップ」は、国内初のラジカル制御型として...

ファインシリコンフレッシュとはどんな塗料?メリットやデメリットなどを詳しく解説

「ファインシリコンフレッシュとはどんな塗料か知りたい」「ファインシリコンフレッシュのメリットやデメリット、価格などを詳しく知りたい」外壁用の塗料をお探しの方の中...

ファインウレタンU100とは?種類やデメリット、費用相場を解説!

「ファインウレタンU100ってどんな塗料?」「ファインウレタンU100の種類や費用が知りたい」塗り替えを検討しているけれど、このように、ファインウレタンU100...

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。