申し込み


トップ

> 外壁塗装のタイミング&費用を解説!外壁の劣化は塗装で対処しよう


外壁塗装のタイミング&費用を解説!外壁の劣化は塗装で対処しよう

更新日:

「そろそろ外壁塗装の時期かな」と思いつつ、まだ大丈夫と工事を先延ばしにしていませんか?外壁の劣化は雨漏りや建物全体へのダメージにつながるため、適切なタイミングでの補修が必要です。本記事では外壁塗装をすべきサインや時期、費用について詳しく解説するので、外壁を塗り替える際の参考にしてください。

この記事の目次

  • 1外壁塗装は築10年で検討してみよう
  • 2外壁塗装をやるべき5つの劣化サイン
  • 3外壁塗装の目的
  • 4外壁塗装を行う時期
  • 5外壁塗装の費用相場
  • 6外壁に使う塗料の種類
  • 7外壁塗装の事例5選|費用や施工日数もご紹介
  • 8外壁塗装に関するよくある質問
  • 9外壁塗装を考えているなら気軽に相談してみよう

外壁塗装は築10年で検討してみよう

外壁のコーキングを調べる業者
塗料の多くは耐用年数が10年前後です。

そのため、塗料の種類にもよりますが、一般的に外壁は10年前後で塗膜の劣化が目立ち始め、塗装が必要になります。

中には耐用年数が10年以上の塗料もありますが、外壁材自体の耐用年数や職人の塗り方次第では、メーカーが想定しているよりも短いスパンで塗り替えが必要なこともあります。

外壁塗装をやるべき5つの劣化サイン

外壁を点検する業者
塗料の耐用年数に関係なく、次のような症状があるときは外壁塗装の検討が必要です。

● チョーキング
● ひび割れ
● 塗膜の浮き・剥がれ
● コケ・藻
● シーリングの破損

チョーキング

チョーキング現象が起きた外壁
外壁を触ったときに手に白い粉がつく状態のことをチョーキングといいます。

チョーキングは塗膜の劣化により起こる代表的な現象のひとつで、塗膜が劣化して粉状化し、外壁を保護する効果が落ちてきている状態です。

手のひら全体に、粉がべったりと付着する場合は劣化が進行しているので、早めに業者に相談しましょう。

ひび割れ

ひび割れが起きた外壁
ひび割れ(クラック)は、モルタル外壁で発生しやすい劣化現象です。

ひび割れの幅が0.3mm未満なら大きな問題はありません
しかし、ひび割れが進行して隙間が大きくなってくると雨水が外壁の内部に侵入し、外壁だけでなく建物全体の劣化を引き起こす恐れがあります。

ひび割れは経年劣化だけでなく施工不良によっても発生するため、築年数にかかわらず注意が必要です。

塗膜の浮き・剥がれ

塗膜が剥がれた外壁
外壁に不自然に浮き上がっている部分がある場合や塗膜がポロポロと剥がれる場合は、早急にリフォームが必要です。
塗膜による保護ができていないため、外壁内部が紫外線や雨水の影響を受けやすくなっています。

塗膜の浮きや剥がれが目立つ場合は、塗装では対処できず張り替えが必要になることもあります。

コケ・藻

コケが発生した外壁
経年劣化により防汚性や防水性が低下し、塗膜が劣化してくると、コケや藻が目立つようになります。

コケや藻は水分を含んでいるため、外壁に付着したままの状態だと外壁の内部に水分が浸透してしまう恐れがあります。
緑色の汚れ自体は気にならない場合でも、外壁が傷まないよう早めにリフォームを実施しましょう。

シーリングの破損

シーリングにヒビが入った外壁
外壁材の目地を埋めているシーリングの破損も塗装をすべきサインです。
シーリングが劣化して割れたり欠けたりすると、外壁内部に雨水が入り込んでしまいます。

シーリングの補修だけで済むこともありますが、シーリングの劣化が目立つ頃には塗膜も劣化している恐れがあるので、塗装を視野に入れておきましょう。

外壁塗装が
\得意な業者を探したい!/

外壁塗装の目的

ハケとローラーと塗料
外壁塗装の目的は、主に3つあります。

● 美しい外観の保持
● 耐久性の向上
● 機能性の向上

美しい外観の保持

外壁塗装を実施すると、住まいの美しい外観の保持が可能です。

外壁は家のイメージを大きく左右します。
ホコリで黒ずんでいたり、色あせて不自然な色になっていたりすると近所からの印象も悪くなってしまいます。

美しい外観を保持して快適に過ごすためには、外壁塗装によるメンテナンスが大切です。

耐久性の向上

塗料には耐用年数があるため、耐用年数を過ぎると部分的な傷みから雨水が侵入し、住まい全体にダメージが及びます。

塗装によって塗膜の剥がれやひび割れなどの傷みを修復し、外壁の耐久性を向上しましょう。

機能性の向上

遮熱性や断熱性に優れている塗料を使って外壁塗装をすると、住まいの機能性が大きく向上します。

とくに断熱性の高い塗料を使用すると、冷暖房の効率が高まるため電気代を節約できたり、室内と室外の温度差が小さくなって結露を予防できたりします。

外壁塗装を行う時期

ローラーを持つ塗装業者
外壁塗装は1年中実施できますが、おすすめは8月末から11月です。
晴れの日が多く比較的気候が安定しているので塗料が乾きやすく、雨や雪により工事が延びる心配もあまりありません。

一方、梅雨の時期である6月前後や降雪しやすい冬は塗料を乾燥させにくく、塗料本来の性能が発揮しにくくなる恐れがあります。

湿度が低く天候が安定している春も外壁塗装に適しているでしょう。

外壁塗装の費用相場

茶色で塗装
外壁塗装の費用相場は次の表の通りです。
坪数(※) 塗装面積 費用相場
10坪 40㎡ 約20~40万円
20坪 79㎡ 約40~70万円
30坪 119㎡ 約60~100万円
40坪 158㎡ 約80~130万円
50坪 198㎡ 約100~160万円
60坪 238㎡ 約120~200万円
70坪 277㎡ 約140~230万円
100坪 396㎡ 約200~320万円
※各階の床面積をすべて足した延坪


使用する塗料や外壁の状態によっては相場と金額が異なることもあるので、正確な金額を確かめるには業者に見積もりを依頼しましょう。

外壁塗装が
\得意な業者を探したい!/

外壁に使う塗料の種類

ハケとローラー
外壁に使う塗料には、主の次のような種類があります。
塗料 耐用年数 価格 特徴
アクリル塗料 5~7年 1,500円前後 安価だが耐久性が低い
ウレタン塗料 7~10年 1,600~2,100円 予算に余裕がない場合におすすめ
シリコン塗料 9~15年 2,300~3,000円 コストパフォーマンスが高く人気
フッ素塗料 15~20年 3,800~4,800円 耐薬品性や耐候性が高い
ラジカル塗料 12~15年 2,300~3,700円 紫外線に強い
セラミック塗料 17~20年 5,000~20,000円前後 耐久性が高く、製品ごとに特徴が異なる
光触媒塗料 15~20年 3,500円前後 日光に反応して汚れを分解する
無機塗料 20~25年 4,500~5,500円 耐久性が高く火事の際も燃焼しにくい


機能性が高い塗料ほど価格が高くなる傾向があります。
外壁塗装にかかる費用は、具体的にどのような塗料を選ぶかによって異なるので、取り扱っている塗料やおすすめの塗料を業者に質問してみるとよいでしょう。

外壁塗装が
\得意な業者を探したい!/

外壁塗装の事例5選|費用や施工日数もご紹介

塗装中の業者
ここからは、外壁塗装の参考になる事例を費用や施工日数と合わせてご紹介します。

色を変えて家の見た目を大きくチェンジ

外壁塗装の事例
築年数 -
施工日数 10日間
概算費用 50〜100万円
淡い色から濃い色に変更して塗装をした事例です。
色を変えたことで塗装前よりも家が大きく見えるようになりました。

コケや黒ずみを塗装で解決

外壁塗装の事例
築年数 -
施工日数 7日間
概算費用 約100万円
コケや雨水で汚れていた外壁を塗装によりきれいにした事例です。
ベランダの防水工事も同時に実施し、家全体の防水性が高くなりました。

フッ素塗料で耐久性をアップ

外壁塗装の事例
築年数 20年
施工日数 17日間
概算費用 約110万円
コーキングの劣化をきっかけに外壁塗装を実施した事例です。
コーキングの打ち替えとフッ素塗料での塗装を行いました。
フッ素は耐久性が高く、メンテナンスの頻度を少なくできます。

遮熱性のある塗料で夏の暑さ対策

外壁塗装の事例
築年数 -
施工日数 -
概算費用 約135万円
「超低汚染リファイン1000Si-IR」を使って外壁塗装をした事例です。
遮熱性も高い塗料のため、夏の日差しが強い時期でも室内温度の上昇を抑えてくれます。
屋根塗装も同時に実施し、同じく遮熱性の高い塗料で仕上げました。

汚れやひび割れを補修して将来も安心の住まいに

外壁塗装の事例
築年数 11年
施工日数 14日
概算費用 約135万円
汚れやひび割れの補修のために外壁塗装をした事例です。
屋根塗装と雨樋の修繕も実施しました。
劣化のサインに気づいて早めに対処すれば、修繕費用を抑えられます。


外壁塗装が
\得意な業者を探したい!/

外壁塗装に関するよくある質問

綺麗な外壁の戸建て
ここからは、外壁塗装に関するよくある質問に回答します。

● 外壁塗装の工期はどのくらい?
● 外壁塗装に補助金や助成金は使える?
● 近所にはどのような配慮が必要?

外壁塗装の工期はどのくらい?

外壁塗装の工期は一般的に7〜10日です。
工期には塗装だけでなく、足場の設置や外壁の高圧洗浄なども含まれます。

外壁は基本的に下塗り・中塗り・上塗りの計3回塗装するため、先述した期日を要します。

短い工期で終わらせようとすると塗料を乾燥させるための時間が足りず、品質が落ちてしまう恐れがあるので、余裕のある工期を立ててもらいましょう。

外壁塗装に補助金や助成金は使える?

外壁塗装は、各自治体によりさまざまな補助金や助成金制度があります。
補助金・助成金を受給する条件として塗料の種類や業者が指定されていることもあるので、詳細はお住まいの市町村で確認してください。

市区町村ごとの補助金・助成金制度は、「地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト」で調べられます。

近所にはどのような配慮が必要?

外壁塗装のスケジュールが決まったら、近所にあいさつをしておきましょう。

業者側でもあいさつに回ったり近所迷惑にならないような配慮をしてくれる場合もありますが、今後も良好な関係を築くには、ご自身でもあいさつに回るのがおすすめです。

塗装のスケジュールと騒音が発生してしまうかもしれないことを事前に伝えておけば、近隣トラブルを予防できます。

外壁塗装が
\得意な業者を探したい!/

外壁塗装を考えているなら気軽に相談してみよう

外壁塗装を考えているなら気軽に相談してみよう
外壁塗装はチョーキングやひび割れ、塗膜の剥がれなどの劣化サインが見られたらなるべく早く実施しましょう。

劣化のサインを放置すると、雨水や紫外線により外壁内部や建物全体もダメージを受けてしまう恐れがあります。

外壁塗装の費用は外壁の状態や塗料により異なるので、まずは見積もりを依頼して具体的にどの程度費用がかかるのかを確かめましょう。

業者に相談すれば予算や工事の時期に関するアドバイスももらえますよ。

無料

厳選された
地元の業者を手間なく徹底比較!

LINE公式アカウント

LINEお友達登録で

  • 最新の塗装情報をお届け!
  • LINE限定キャンペーンも開催!

関連記事

外壁塗装30坪の相場はいくら?安くリフォームするコツをご紹介

「30坪の外壁塗装相場はいくらくらい?」と、疑問に思われている方は多くいるでしょう。外壁塗装は塗料の種類や塗布する面積、建物の形に応じて費用が異なります。本記事...

4種類の外壁工事を特徴から費用相場・選び方まで徹底解説!

「外壁工事にはどんな種類があるの?」「自宅にはどの工事が必要なのか知りたい」このようなお悩みはないでしょうか。外壁工事にはいくつかの種類があり、費用も大きく異な...

わが家の外壁にもアスベストが!?石綿含有住宅の見分け方や除去方法

アスベストは吸い込むことで健康被害を及ぼす危険があります。リフォームや住宅の解体の際にアスベストが飛散することを防ぐため、厚生労働省では規制の強化を進めています...

ガルバリウム鋼板の塗装方法とは?施工するメリットやデメリット、費用相場も紹介

ガルバリウム鋼板の塗装時期が訪れた際に、施工方法や費用などが気になる方は多いでしょう。ご自宅の塗装工事となると、費用も日数もかかります。そのため、ガルバリウム鋼...

サイディング外壁に塗装は不要?費用や塗装時期・業者の選び方などについて解説

新築時に「サイディングは塗装不要」と耳にした方もいらっしゃるかもしれません。しかし、サイディング外壁にも定期的な塗装メンテナンスが必要です。築年数が経った後や様...

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。